非常食は長期保存できる便利な食品。忘れて期限切れも多いのでは?

 

皆さん、こんにちは!

もしもの災害のために準備しておく非常食はどのように管理していますか? 非常食は3〜5年といった長期保存が可能な上に開封して直ぐに食べることが出来る便利な食品ですけれども価格もそれなりに高めです。

それでいて気が付いた時には既に時遅しって感じで期限切れになっていることも多いという何とも悩ましい食品でもあります。

今回は、防災の非常食は、賞味期限が短いサイクルのでも良いのでは?という内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

防災の非常食は必需品

もしもの災害時の必需品といえば非常持ち出し袋と非常食ではないでしょうか?と言われていますけど、実際にはそうでもない感じです。確かに非常持ち出し袋は必要だとは思いますが、防火対応のリュックでなくても良いと思います。入れ物は何でも良いのでは?

それに対して非常食はどうなのでしょうか?

 

非常食は直ぐに食べられる

一般的に非常食は開封して調理しないで直ぐに食べられる食品であるとされています。別に長期保存でなくても直ぐに食べることが出来る食品であればどんな物でも問題ないのです。

登山等で重宝するチョコレートや一口羊羹といった高カロリー食品の場合は非常食としても優秀ですから非常持ち出し袋の中に含めておくのが良いとされています。

また、フリーズドライ食品の場合はお湯やお水があれば美味しく食べることが出来る食品ですが実はそのまま食べることも出来る食品なのです。但し、そのまま食べるとスナック菓子のような感覚で食べることになりますから、物足りなさもあるのでは?

そういう意味ではフリーズドライ食品も非常食だと言えるでしょう!

 

買って満足してしまう

非常食の場合、3〜5年もの長い間、美味しさそのままに長期保存が行えるような加工処理を施しているため価格もそれなりに高いです。それでいて購入したら、したで自然と関心も徐々に薄れてしまうという食品でもあります。

何せ、非常食の場合は、もしもの災害の為に準備しておく食品ですから、ライフラインが寸断されてしまうような大災害が発生しない限り出番がない食品です。

長い間まったく出番が無いと自然に関心も無くなって来ますから、気が付いた時にチェックしようとしても何処に保管していたのか?さえも忘れている場合もあるでしょう。

本当にもったいない食品だと思います。

 

長期保存の非常食は期限切れになりやすい

非常食を購入して2年目ぐらいまではそれなりに関心もあるので定期的にチェックを行うとは思いますが、有効期限が5年という長期保存タイプの非常食の場合は毎年チェックしなくても良いので忘れてしまうでしょう!

 

平和な日々が続くと関心が薄れる

非常食を使う機会が無い方が良いのですが、使わなければ関心も無くなりますからどうでも良いって感じで後回しになりやすいです。

やっぱり、たとえ全ての備蓄している非常食が長期保存タイプだったとしても定期的に期限をチェックするように心掛けないと、ずっとやらなくなってしまうと思います。

これを予防するには、全て長期保存タイプの非常食にするのではなく、保存期間が少ないタイプの保存食も備蓄しておくといった対策も必要になるのでは?と考えます。

 

すっかり忘れて期限切れを防ぐには?

完全に忘れている時にテレビ等で防災に関するニュースを見て、そろそろチェックしないとな〜と思う状況の方が多いと思います。

おそらく、そのような状態の場合は、非常食は眼中にない状態ですから、とりあえずはチェックするといった感じになってしまうでしょう。関心がない時にチェックしても、ある意味適当な感じになってしまうのが気掛かりです。

そのようにならない為には、常に関心を持ち続けるしかないと思います。

 

 

有効期限が1年の食品でも良いのでは?

常に関心を持ち続けるというのは意外と難しいものです。何故なら、ずっと何もない平和な日々が続くと忘れてしまいますから、何か別のアクションが必要になります。それも強制的に発生するアクションでないとダメでしょう。

 

非常食で無くても良いと思う

防災の非常食というと、カンパン等の5年程度保存できる食品が非常に多いです。カンパン等も必要ですが、自宅に備蓄しておく食料の半分は長期保存できるタイプにして、それ以外のもう半分は日常生活で食べている食品を備蓄するようにした方が良いと思います。

普段食べていて保存食になるような食品といえば、カップラーメンや3ヶ月程度常温で保存できるご飯といった食品もあるでしょう。

また缶詰ならば半年や1年程度保つ物もあるでしょう。そのような短期サイクルの保存食を非常食と一緒に備蓄しておいた方が定期的に期限等をチェックする回数も増えると思います。

 

短い期限の方が効率が良い

期限が短い食品の方が価格的にもリーズナブルですから、価格も高い長期保存できる非常食よりも効率的に備蓄も行えます。

せっかく5年保存の非常食を買って保存していたのに完全に忘れてしまって期限を切らしてしまったりしたら、お金の無駄遣いになってしまうでしょう。

そういうのを避けるには毎日食べている食材を備蓄しておくといった方法も有効な手段だと思います。

この方法ならば、期限が来ても一通り購入してから食べてしまえば良いですから、価格的にもそんなに負担は掛からないでしょう。

 

防災3日分の非常食は有れば良しではなく栄養バランスも考えて備蓄を
皆さん、こんにちは! もしもの自然災害等でライフラインが寸断されてしまった場合に備えて非常食を備蓄していると思います。家族何日分の非常食を準備していますか? 最低3日分は必要とされていますけど、1人分ならばそんなに大した...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。