老後の脳トレは漢字の読み書きドリルやパズルゲーム等で頭の体操を

 

皆さん、こんにちは!

頭の体操である脳トレは普段からやっていますか? 脳トレ?というと老後の頭の体操というようなイメージになってしまうと思いますが、年代関係なく頭の体操は日頃から行なった方が良いでしょう。

今回は老後の脳トレについての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

老後の年金暮らしの脳トレは何が良い?

定年退職後や年金暮らしに毎日頭のトレーニングには何が良いのでしょうか? 漢字ドリルや計算、パズル等が良いと言われていますが、一番良いのは自分が楽しい気分で続けられる物であれば何れでも良いのではないでしょうか?

人によっては数学が嫌いとかアレルギー反応を示す人も居ますから、そのような嫌な気分になることを脳トレになるからと言って毎日続けてもストレスが溜まっていく一方になるでしょう。

 

楽しい気分で毎日できるもの

頭の体操を行うには嫌だな〜とかストレスに感じるような事に繋がってしまうものは不向きです。自分が行なっていて楽しいと感じる頭の体操でなければならないでしょう。

やっていて面倒に感じてしまうと、ストレスに繋がってしまいますから逆効果になったりします。楽しい気分で毎日続けられる頭のトレーニングを見つけることも重要です。

これは人それぞれ個人差や性格等も異なりますから、自分で探すしかありません。自分に合っている物というのは毎日接している家族だったとしても分からない部分もありますから、多少面倒でもやりたいことは自分で探す必要があります。

 

暇な時間でも簡単にできるもの

ちょっとした合間に出来る事や暇な時間にでも行えるような物が良いでしょう。出来れば直ぐにできる物だったり、簡単に行えるのが賢明です。とはいえ、パズル等の場合は難しい場合も多いですが、多少難しくても自分がそれを行なっていて楽しいと感じていれば問題ありません。

でも、それを行なっていて難しい。これ以上できない!と感じてしまうと、その時点でストレスが発生してしまいますから注意が必要になります。

そういう意味では、1つの脳トレに頼るのではなく複数種類を用意しておいた方が良いかも知れません。

 

脳トレとして漢字の読み書き

パソコンやスマートフォンが普及してしまうと漢字を読むことは出来ますが書くことは出来ないといった状態になってしまいがちになるでしょう。読むことは出来ても書けないのではいざっ!書こうと思った時に書けないので困ると思います。

これは上手く脳から情報を引き出していない又は引き出すことが出来ないということに繋がります。この状態が継続してしまうと認知症の予備軍になってしまいますから、普段から必要な時に必要な情報を脳から引き出すことが出来るようにトレーニングする必要があるでしょう。

 

脳トレというと

よく脳トレというとシニアの頭の体操というようなイメージになってしまいますが、シニアでなくても40歳を過ぎると認知症になってしまう可能性も高くなります。

脳トレはシニアの為のトレーニングではなく、どの世代でも日頃から頭の体操を行なっておく必要があるということです。

 

漢字の読み書きは脳トレに最適

若い人の中には漢字は読めるけど書くことが出来ないといった人も多いと思います。これは普段からスマートフォンやパソコンでメッセージしたりしているため、漢字を書くという作業を行わないことが大きく影響しています。

読む事ができるというのは確かに脳の中にその漢字は入っていることになります。書くことが出来ないというのは書き出す為にはどのような情報を引き出せば書く事が出来るのか?というのが分からないから書けないのです。

どんなに有益な情報を頭の中に詰め込んだとしても活用しなければ意味がありませんから、いつでも活用できる状態にしておく必要があります。

漢字の読み書きもそれと同じで、読むことが出来るのであれば書くことも出来る状態にしておく必要があるでしょう。

 

 

脳トレはスマホやPCで楽しむのも良い

漢字の読み書きをすれば必要な情報を必要な時に引き出すことが出来るトレーニングに繋がりますが、これでは楽しいという要素だったり気分にはならないでしょう。楽しい要素もないとストレスが溜まってしまいます。

 

脳トレで楽しもう

脳トレで楽しむにはどうすれば良いのか? 漢字を読み書きしているだけで楽しいと思う人は少ないのでは?遊び心も必要でしょう。

遊んで楽しめて頭の体操にも繋がるといった物があれば、やってみる価値は十分にあるでしょう。そんな都合の良い物はあるのか?と思ってしまいますけど、日常的によく使っているパソコンやスマートフォンのソフトやアプリには色々な脳トレが有るでしょう。

 

PCやスマートフォンの活用

自宅にあるパソコンやスマートフォンには魅力的な脳トレのソフトやアプリが豊富にありますから、それを利用して楽しむのも良いでしょう。

無料で使える物も豊富にあるため、自分に合った脳トレのゲームを探すことも出来ます。また、ゲームアプリならばテンポの良い効果音も有ったりしますから楽しい気分でゲームをすることも出来ると思います。

 

パズルゲームも脳トレに良い

パズルゲームの場合は、形状や色どうすれば良いのか?という部分をトレーニングすることが出来るので遊んでも楽しいでしょう。

但し、同じ種類の物ばかり続けていると飽きてしまいますから、パソコンやスマートフォンのアプリを活用して飽きないように工夫することも必要になります。

 

老後の認知症予防や対策は脳トレ3DパズルアプリのMekorama
皆さん、こんにちは! 老後の年代になると認知症になってしまう場合もあると思います。自分では認知症になりたくないと考えていても認知症になってしまう場合もありますから、日頃から認知症予防や対策を行なっておくのが良いでしょう。 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。