Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日頃から老後の年金暮らしで家計が赤字にならない生活への取り組みを

 

皆さん、こんにちは!

毎月の家計は大丈夫ですか?これは各家庭によっても異なりますので何とも言えないと思います。少なくとも家計は赤字にならないように日頃から対策を行なっておいた方が良いでしょう。

老後になってから家計が赤字になってしまうという場合もあるため、何かしらの対策は必要になると思います。

今回は、家計の赤字からの脱却と老後への対策を中心とした内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

毎月の家計は大丈夫かな?

毎月の家計が赤字の場合は貯金を取り崩している生活になりますから、10年後や老後への蓄えといった資金の確保が行えないません。早急に赤字からの脱却を行い、先ずは10年後や子供の教育資金等の確保を行う必要があります。

 

赤字になっている場合

現在の家計が赤字になっている場合は色々な対策を施してはいるものの、これといった特効薬が見つけ出せない状況に追い込まれていると思います。

家計が赤字になった場合は家計簿をしっかり付けてお金の流れを把握するのが良いと言われていますが、これは正解でもあり不正解でもあるでしょう。

何故なら、各家庭によっても状況が同じとは限らないからです。各家庭に合った対策を施さないと簡単には赤字生活から脱却することは出来ません。

それに家計簿でデータを取っている間にも赤字はどんどん広がってしまっていますから、のん気な事はしていられません。

 

特効薬はあるのか?

特効薬かどうか?は分かりませんが、全てにおいて家族の協力が必要不可欠になるでしょう。1人だけ節約に励んでも意味がありませんから、家族全員が徹底する事が求められます。

先ずは、どの程度の生活水準ませなら大丈夫なのか?というのを家族全員が認識し、実行に移して様子を見るといった感じで徐々に生活水準を下げて行くことが求められます。

一気に生活水準を下げてしまうと継続は困難になるため、段階的に下げていくパターンが良いと思います。

 

生活水準は下げたくない場合

毎月、必ず口座振替等で支払われる費用を見直すのが良いです。これは固定費と呼ばれる費用になります。固定費の総額を少しでも少なくすることが出来れば、生活水準を下げることなく毎月貯金まで行えようになるでしょう。

見直すのは電気・ガス・携帯電話等になるでしょう。
格安SIMを取り扱っている会社に乗り換えたのに家計が赤字の場合は、電気・ガスの使用量を見直す必要があります。

とはいえ、自宅が集合住宅でプロパンガスの場合は、使用量を見直してもガス料金は大して下がらないのでは?と考えます。

その場合は電気料金交際費の見直しを行う必要があると思います。

 

老後の対策は行なっているのかな?

毎月の家計が赤字ではない場合でも老後資金の確保は行えていない場合の方が多いのでは?と考えます。老後資金のシュミレーションを行う人も多いですが、これは根本的に順番を間違えていると思います。

そもそも老後資金のシュミレーションというのは必要な情報を全て揃えた上で行わないと全く意味がないです。それこそシュミレーションして満足してしまうだけです。

 

老後資金の確保

基本的には年金+老後の預貯金になるでしょう。年金だけで生活することが出来る人も居れば、生活が困難な場合もあります。そのような場合に個人年金保険や預貯金といった資金を取り崩して生活することになります。

家計が赤字の場合は、将来に必要な資金の確保が行えない状態になるため、早急に家計を立て直す必要があります。

 

老後に家計が赤字になる場合もある

毎月の家計は黒字でも老後の年金暮らしになった途端に家計が赤字になってしまう場合もあります。普通では考えられないことですが、定年後の趣味や投資が影響している場合があります。

今まで働きずめだった生活から趣味が主体の生活になることで、趣味にお金を投資するような生活になってしまうこともあります。

また、儲け話に飛び付いてしまったり、今まで行なったことのない投資に手を出してしまうといった場合もあるので注意が必要です。

少なくとも投資は一般人が儲かるというレベルではないため、老後になってから始めるのではなく、働いている時に投資の勉強や経験を積んでおくようにしないと痛い目を見ることになります。

そのため、投資の経験や勉強を行なっていない場合は手は出さないのが賢明です。

 

 

老後の年金暮らしで赤字にならないような対策

老後生活で赤字にならないような暮らしを行うにはどのようにすれば良いのでしょうか?少なくとも定年退職したら、クレジットカードの整理は行うようにした方が良いです。

今までは働いていたからクレジットカードを使っていても問題なかったと思います。でも、定年後は定期的にお金が入って来ませんから、クレジットカードも整理した方が良いです。

 

クレジットカードは1〜2枚に整理を

老後の生活でも旅行に行く場合が有りますから、クレジットカードは有った方が良いです。でも、保有している枚数は大幅に減らす必要があります。それこそ最低限必要な1〜2枚に整理が必要です。

これは、今までと同じ水準で買い物をしないようにするための方策の1つになります。クレジットカードの場合、一時的に借金して買い物を行う感じになるため、このような買い方に慣れてしまうと一気に支払いが集中してしまって公共料金等が引落不能になる場合があります。

老後はクレジットカードの利用はなるべく控えるような生活も必要になるでしょう。

 

ポイントカードも整理を

ポイントカードの場合は、特に気を付けていないと、どんどん増えてしまうと思います。ポイントカードはポイントを使わないと意味がないので効率的にポイントを貯める工夫も必要になります。

そうなって来ると、ポイントカードも厳選する必要があります。毎日の生活に不要なカードは整理して、効率的にポイントが貯められるようにしましょう。

 

家庭菜園

ベランダ菜園も含めて家庭菜園は行なった方が良いのでは?と考えます。生活する上で野菜は必要不可欠ですし、野菜の価格も高騰したりするため、少しでも家計の助けになると考えます。老後の趣味として家庭菜園も良いのでは?

 

老後の年金暮らしで家計破綻を防ぐ対策は生活費節約とグッズ活用で
皆さん、こんにちは! 老後の生活を行なっている人もいれば、老後なんてまだずっと先という人も居るでしょう。でも、老後は誰しも必ずやって来ることですから、老後の生活についての知識や勉強も必要になると思います。 今回は、年金暮...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。