空港の待ち時間は長い!良質な暇つぶしで旅行の疲れやストレス軽減を

旅行術

 

皆さん、こんにちは!

海外や国内旅行で空港を利用することも多いと思います。空港では意外と待ち時間が多いのでは?と思いませんか?

今回は、空港での待ち時間はどのように過ごしているのか?についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

空港や機内での待ち時間

空港での待ち時間は短い場合でも意外と長く感じてしまいます。これはいったいどういうことなのでしょうか? 大きな国際空港であれば、それなりにベンチも多く過ごせる場所も多いのですが、それでも24時間営業しているという空港は少ないでしょう。

 

チェックイン

空港での待ち時間で一番長く感じるのはチェックインカウンターでチェックイン手続するまでの時間だと思います。LCCの場合だと深夜や早朝といった時間にチェックインが行われるため、大変だと思います。

特に前日の最終電車に乗って空港に到着してチェックイン手続が開始されるまでベンチ等で仮眠したりして待つ時間は意外と長く感じるでしょう。

自家用車や家族に送迎してもらえるのであれば、チェックイン手続が開始される時間に合わせて空港に到着すれば良いですけど、そのような人は全体的に少ないと思います。

 

チェックイン手続する為に並ぶ

チェックイン手続が開始されるまでの時間も長く感じます。直ぐにチェックインする事が出来るように予め並んでいるのであれば良いですけど、必ずしも先頭の方に並んでいるとは限りませんから、後ろの方という場合もあると思います。

まだかな〜』や『早く進まないかな〜』とか思っている場合が多いのでは?

 

搭乗までの時間

保安検査を過ぎて出国手続が完了した先の出国エリアでも待つことになります。飛行機に搭乗するまでの時間も長く感じる場合の方は多いですから、疲れやストレスも溜まってしまうのでは?と考えます。

幸い、出発ロビーよりも椅子は多いので、座ってのんびり過ごすことも可能ですが退屈な時間になってしまうでしょう。

食事や飲み物を飲んでリラックスすることが出来れば良いのですが、トイレのこともありますし、あまり飲み物は飲まないのでは?

 

機内でも暇な時間

ANAやJALといったフルサービスキャリアの場合であれば自分の座席の前には映画等を楽しむことが出来るディスプレイがありますし、機内食も楽しめるため、エコノミークラスでも比較的に有意義な時間になるでしょう。

それに引き換え、LCCの場合は自分の座席の前に映画等が見れるディスプレイは有りませんし、座席スペースも狭いため、窮屈でエンタメもない環境で過ごすことになります。

機内で目的地の空港まで寝て過ごすことが出来れば良いのですが、退屈で目がバッチリ開いてしまっている場合もあるため、必ずしも寝て過ごすといった事にはならないと思います。

 

空港での過ごし方

空港ではどのように過ごしていますか?昼間であれば展望台で飛行機を眺めるのも良いですけど、流石に夜中となると夏ならな良いですけど冬は寒いと思います。そうなって来ると、ターミナル内のベンチに座って過ごす場合の方が多いのでは?

 

LCCなら野宿?

LCCで海外旅行に行く場合は、ほぼ確実に前日の最終電車までに空港に到着しておいてチェックイン時間が開始される深夜や早朝まで空港で過ごすことになります。

この時間は仮眠して過ごす人が多いと思います。でも、ぐっすり眠る訳にはいかないので浅い眠りのような感じの睡眠になるでしょう。

ぐっすり眠ってしまうと寝坊してチェックイン時間に間に合わなかったといった場合も十分に予測できますから疲労も多くなってしまうと思います。それこそ目覚まし時計でもあれば良いのですが、鳴らす事は周囲の人に迷惑になるので難しいです。

 

夜中の空港

夜中の空港では営業しているお店も少ないため、食事しながらのんびり過ごすというのも、なかなか難しいでしょう。夜中でも営業しているお店といえばコンビニや24時間営業しているお店ぐらいです。

実際にはコンビニで買い物して開いている椅子に座って食べる感じになるのでは?

 

ベンチや椅子

空港のターミナルにある椅子やベンチは必ず座れるとは限りません。仮眠をするために1人で4席分を占拠してしまっている人も多いですから、座りたくても座れないといった場合もあると思います。

そのような場合では何処か座れる場所を求めて探し歩く事になりますから、疲労も溜まってしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

 

暇つぶしできる物を準備して疲れやストレス軽減

空港や機内で仮眠して過ごす場合でも必要に応じてアイマスクなどの快眠グッズも必要になると思います。そういう意味ではやはり何か暇つぶしが出来るアイテムが有った方が良いのでは?

 

空港や機内では暇つぶしグッズが必要

LCCではエンタメが無いですから、スマートフォンで音楽を聴くにしろ、イヤホン等のグッズが必要になります。

機内で読書するのであれば、旅のガイドブックや文庫本といった書籍を機内に持ち込む必要があるため、それらのグッズが何もない場合は寝るか?何も考えないでボケーっとして過ごすしかないでしょう。

でも、狭いスペースで何もしないで過ごすというのは相当なストレスが発生してしまう場合があります。暇つぶしだったとしても良質な暇つぶしになるように心がけて、少しでも疲れストレスが溜まらないように過ごすことも大切です。

 

LCCの機内は暇つぶしできるグッズが必要!退屈な空の旅を快適に
皆さん、こんにちは! LCCで海外旅行に行く場合の機内ではどのように過ごしていますか?この機内で過ごしている時間は2〜3時間程度でも凄く長く感じてしまうでしょう。 でも、リラックスしている状態ならば、そんなに時間なんて気...

コメント