ミニマリストの旅は最小限の荷物と充実度!厳選した持ち物と軽量化を

 

皆さん、こんにちは!

必要最小限の持ち物で旅行をしてみたいと考えたことは有りますか? 旅行の持ち物は全て必要最小限です!と言われる人も居るでしょう。それって本当に必要最小限なのでしょうか?

今回は、必要最小限の持ち物での旅行についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

旅行に持って行く持ち物

国内や海外問わず宿泊を伴う旅行の場合は着替えなどの衣類が必要になります。同じ衣類でも人にとっては様々な着替えを持って行くでしょう。

さらには、着替えは旅行バッグに収納する場合に一番面積を占有する荷物になるため、可能な限りコンパクトにまとめないと旅の荷物が重たくなってしまいます。

 

旅行の必需品

海外旅行に持って行く持ち物は基本的にパスポートが無いと始まらないため、これは必需品になります。パスポート以外の持ち物で必需品は何なのでしょうか? おそらく下記6項目は必需品になるのでは?と考えます。でも雨具は微妙でしょう。

 

《必需品の候補》
① パスポート
② お金やクレジットカード
③ スマートフォン
④ 着替え
⑤ 化粧品等
⑥ 雨具(限りなく微妙)

 

旅行の着替え

旅行の着替えといっても簡単ではありません。宿泊日数季節によっても異なりますからどんな衣類を持って行くのか?で悩むことになります。特に海外旅行では日本と同じ服装で良いとは限らないため、着替えの衣類も多くなってしまいがちになります。

だからと言って、少なくし過ぎると現地で寒かったりする場合もありますから、保険の意味合いも兼ねてプラスα的な衣類をつい持って行ってしまうことも有るでしょう。

また、着替えの持って行き方も個人差も有り、宿泊日数分の着替えを持って行く場合もあれば、必要最小限の着替え+洗濯セットというパターンもあります。

 

便利グッズ

旅行では、持って行くと便利なグッズというのを何かしら1つは持って行くと思います。別に無くても問題ないのですが、使うかも知れないから、とりあえず持って行くといった感じ。実際に使う場合もあれば使わない場合も有るので、有れば便利なグッズになるでしょう。

 

ミニマリストの旅では厳選した持ち物と軽量化を

旅行に最小限の持ち物を持って行けばOKということではありません。人によっては最小限の荷物だったとしても重たかったりします。

旅行の持ち物が重たいと身体への負担も大きくなるため、可能な限り軽量化を行い、身軽な旅を心掛ける必要があります。

 

必要最小限の基準

旅行ではコンパクトなパッキングが良いと言われています。確かに旅の荷物がコンパクトならば身軽に旅行することも可能である。とはいえ、コンパクトは何処から何処までを含めれば良いのだろうか?

これは自分なりの基準を設けて、その基準に沿ってコンパクトさを追求する感じになるでしょう。現にコンパクト過ぎて旅で困ってしまうといったことも有りますから、極端に少ない持ち物で旅行というのはアウトでは?と考えます。

 

旅の荷物は軽量化を

LCCで海外旅行する場合は全ての荷物を機内に持ち込む場合であれば7.0Kg以内が多いです。一見すると大したことは無い感じに見えますが、ところがどっこいといった感じで7.0Kgをオーバーしてしまう場合が意外と多いです。

自分では最低限必要な持ち物をパッキングしたつもりでも、計量してみたらオーバーしていたといった感じで出発するまで軽量化に励むことになるでしょう。

また、本当に必要最小限だった場合でも7.0Kgをオーバーしてしまうことも有るため、旅行から帰って来た場合は持ち物の反省会を行なった方が良いです。

LCCで旅行するなら4.0Kg未満を目標に設定して軽量化を目指してみては如何でしょうか?

 

旅の持ち物の反省会とは?

たいていの場合、旅行から戻って来ると、旅行に持って行った持ち物の反省会は行わずに荷物の片付けを行なってしまう場合が多いです。

これだと次回の旅行でも前回の反省点を活かすことが出来ず、同じことを繰り返してしまうことになります。持って行って良かった物、そうでない物、今回の総重量等を記録しておき、次回の旅行に活用するようにしないと、旅行の持ち物を軽量化させるというのは難しくんるのでは?

持ち物の厳選化を行うのであれば反省会も必要になるでしょう

 

 

ミニマリストの旅でも充実度は大切

コンパクト過ぎる持ち物で旅行に行った場合に全てにおいて満足できる旅行であれば大成功だと思います。多少なりとも満足できなかった場合は、旅行に満足できなかったのか?それとも持ち物が足らなくて満足できなかったのか?を見極める必要があります。

前者の場合であれば次回は旅行内容を充実できるように努力すれば良いでしょう。しかし、後者の場合は何が足らなかったのか?を見つけ出す必要があります。

 

何が足らなかったのか?は早急に解決を

次回の旅行まで時間はたっぷりあるので今すぐに行わなくても良いと考えている場合は問題の先送りをするのが好きな人だと思います。問題を先送りしてしまうと、次回のパッキング時は前回のことはすっかり忘れている場合が多いため、同じ過ちを行なってしまう場合が多いです。

少なくとも次に繋がるように『何が足らなかったのか?』だけは答えを出しておいた方が賢明です。次回の旅行に繋がる対応も必要でしょう!

 

ミニマリストの旅で困ること

最小限の持ち物で旅行に出かけた場合、一番困るのは必要な物を持っていなかった場合です。これは必要ないからリストラして持って来なかったといった場合が該当するでしょう。

現実にこのような場合が発生したら、我慢や代用 又は 購入といった選択になってしまいます。我慢するとストレスが発生するため健康に良くありません。代用するにしても難しい場合もあるため、最悪の場合は購入といった選択になってしまいます。

少な過ぎる持ち物というのもどうなのでしょうか?

 

旅行の荷物 旅行では身軽でコンパクトなパッキングでスマートな旅を
皆さん、こんにちは! 宿泊を伴う旅行の場合に荷物はどのようにパッキングしていますか? たいていの場合は旅行のメインバッグはスーツケースの場合が多いと思います。 今回は、宿泊旅行ではコンパクトなパッキングで旅行を楽しむ紹介...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。