Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ウェストポーチの活用方法はショルダーバッグのバッグインバッグ

 

皆さん、こんにちは!
今回の記事は『ウェストポーチの活用方法』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

ウェストポーチは普段の生活や旅行で使う?

以前の旅行では好んでショルダーバッグにもなるウェストポーチを使っていましたが、ここ最近はウェストポーチを使う機会が減ってしまった感じです。

 

旅行では使う機会が減った理由

旅行ではショルダーバッグにもなるウェストポーチよりも軽量でかつサイズも一回り大きいショルダーバッグの方が利便性が高いのでは?と感じたからです。

それに国内旅行では特に問題ないのですが、海外旅行にウェストポーチは不向きのような感じがします。ウェストベルトのバックルが狙われてしまうのでは?という不安があります。

バックルを外されてしまうと、あっという間にバッグごと盗られてしまうので危ないのでは?と思います。

 

日常生活でもあまり使わない

歯医者や理容店とかに行く場合にスマートフォンを収納するバッグとして使う程度で、それ以外にはあまり使わなくなりました。

筆者が持っているのはカリマーのVTヒップバッグBという2wayで使うことができるウェストポーチです。

2wayなので利便性は高いのですが、購入してから年月も経過しているため、機能性も良くありません。メイン収納ポケットの中にメッシュのファスナーポケットがないので小銭も入れられません。

 

ウェストポーチのメリット・デメリット

ウェストポーチはお腹掛け、腰掛け、斜め掛けといった3通りの方法で利用することが出来る便利なバッグですが、メリットやデメリットも多いです。このような良い部分や良くない部分を活かして使うことが出来れば良いと思います。

 

ウェストポーチのメリット

① 腰やお腹に巻いて持ち運ぶことが出来る。
② リュック(バッグパック)との併用も行える。
③ ボディバッグとしても利用できる。

 

ウェストポーチのデメリット

① バッグルが危ない
ウェストベルトのバックルが外れても大丈夫なように安全用のフックベルトが付いているタイプのウェストポーチも有りますが、そのような安全装備が施されていない場合だと海外旅行では厳しい感じである。

 

② 収納性
ショルダーバッグと比べると、一回り以上、小さい感じになるため、収納力が劣る。

 

③ 気の利いたポケット
ショルダーバッグの場合であればメイン収納ポケットの中にファスナーポケットを装備している場合が多いですけど、ウェストポーチの場合は必ずしもメイン収納内にファスナーポケットが有るとは限らない。

 

④ 2wayタイプは重たい
ショルダーベルトを装着することが出来るタイプの場合は、利便性も広がって使い勝手が良くなる反面、その分、重量も増してしまうため、必ずしも旅先で便利とは限らない。

 

ウェストポーチのリユース&活用

3通りに使うことが出来る便利なウェストポーチですが、使う機会が少なくなった場合はどのようにしているのでしょうか? 自宅に使わないで眠らせておくのは勿体ないですから活用も考えた方が良いです。

 

自宅の貴重品収納ケースとして利用

既に、この貴重品収納の用途で使っています。使い勝手はあまり良く無いですが、慣れてしまえば別にそんなに気にする事もないため、今では何も気にしていません。

もし、災害時が発生した場合は、ウェストポーチであるため、サッと腰に巻いて移動する事も出来ますから丁度良いのではないかな?と考えました。

 

ショルダーバッグのバッグインバッグとして活用

この方法は何度も実際の旅行で試しています。メインで使っているショルダーバッグのバッグインバッグとして利用しています。

ショルダーバッグはマチ幅も広く、ウェストポーチを収納してもまだお釣りが有る室内広さであるため、バッチリでした。

ただ、デメリットを言えば、ショルダーバッグの重量が500gになってしまうという点です。だいたい私のガジェット関係の合計重量が750gであるため、これに貴重品を加えたら、軽く1500gを超えてしまいますから旅行で使うのは厳しいのではないのか?と感じます。

それでも過去4回ほど台湾旅行でショルダーバッグのバッグインバッグとして使いました。

 

《安全性が高まる》
重量が増えてしまいますが、貴重品等を収納する上では非常に良いです。特にメイン収納ポケット内にある大きなファスナーポケットって感じになるため、安心して貴重品等を収納することが出来ます。

ショルダーバッグのバッグインバッグとして利用する時はカラビナで接続するようにしています。ファスナーを開けたら直ぐに取り出せてしまうというのも何の意味もありませんから、安全を高める上でカラビナ接続は欠かせません。

 

リュックのバッグインバッグとして活用

ウェストポーチの重量が230gあるため、ショルダーバッグだと肩への負担が大きいですから、バッグインバッグとして利用するならリュック(バックパック)しかないと思います。

これも実際に何度か試してみたのですが、意外と使い勝手が悪かったので、現在ではトラベル・サコッシュがバッグパックのバッグインバッグとして定着しております。

リュックならば背中に背負う形になるため、肩への負担も軽減されるから、丁度良いと思ったんですけどね。実際には薄マチのバッグの方がバッグインバッグに適しています。

 

 

ウェストポーチの活用方法の結論

① もしもの災害の貴重品入れ
いつ発生するのか?誰にも予測することが出来ない自然災害は残念ながら直ぐに対応することが出来ないのが実情です。日頃から準備しておくしか対応策がありません。

もしもの自然災害の貴重品収納も兼ねて、日頃から自宅の貴重品収納として活用するのが賢明の方法だと考えます。

 

② ショルダーバッグのバッグインバッグ
この方法で利用する場合は、ショルダーバッグのサイズがウェストポーチよりも大きいことが前提条件になります。

この前提条件をクリアすることが出来れば、十分にバッグインバッグとして利用する事が可能になります。

但し、全体重量もその分、重たくなってしまうので要注意です。

 

旅行のトラベル・サコッシュはリュックのバッグインバッグに活用を
皆さん、こんにちは! 今回の記事は『旅行のトラベル・サコッシュの活用』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行に持って行くトラベル・サコッシュ 海外旅行等に貴...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。