Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

固形の植物性シャンプー石鹸はリンス不要で海外旅行に便利なグッズ!

 

皆さん、こんにちは!
今回の記事は『リンス不要の固形の植物性シャンプー石鹸を海外旅行に持参』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

海外旅行にシャンプー&リンスを持って行く

海外旅行にマイシャンプやリンス等を持参している人も居ると思います。海外旅行の場合、ホテルにサービスで提供されているシャンプー&リンスが自分の髪質に合わない場合もあるため、普段から日常的に使っている物を持って行く感じになります。

 

海外旅行にシャンプー&リンスを持って行くの?

① 基本的に持って行く必要はない
たいていの人は持って行かない人の方が多いと思います。シャンプーやリンス、ボディソープなどの洗髪や洗顔、歯磨きセットなどは一通り、ホテルに用意されている場合が多いため、わざわざ持って行く必要はありません。

 

② 持って行く必要がある人
普段から自分のお気に入りのマイシャンプー&リンスを海外旅行でも使いたいと考えている場合は持って行った方が良いです。

自分のお気に入りのマイシャンプー&リンスは海外旅行中に手に入るとは限らないため、持参しないとホテルのサービスで提供されている物を使う必要があります。

 

マイシャンプーやリンスを持参

基本的にはマイシャンプーやリンスを持って行かなくても何ら問題ありませんが、ホテルで提供されている物は自分の髪質に合わない場合があります。

このような場合は海外旅行でもマイシャンプーやリンスを持って行った方が良いです。男性の場合は比較的に髪も短いため、そこまで拘る必要はありませんが、女性の場合は髪が長い場合の方が多いため、髪質との相性は重要な要素になると思います。

自分の髪に合わないのに使い続けると髪も痛みますから、適合するのか?は意外と重要です。

 

髪質も重要だが水質も関係がある

日本の水は軟水ですが海外の水道水は硬水が多いです。軟水と硬水では水質が違うため、日本のシャンプーを持参した場合でも泡立たないことがあります。

これは日本で販売されているシャンプーの場合は日本の水道水に合わせて製造されているので海外の水道水に適合していません。

日本では泡立つけれども海外では泡立たないのは水質が違うことによる影響が多いです。硬水対応のシャンプーも販売されています。

 

海外旅行にシャンプー&リンスを持参する場合

海外旅行に液体のシャンプーやリンスを持って行く場合は色々と制約があります。特に飛行機の機内に持ち込む場合は各航空会社の手荷物規定を遵守しないといけません。

 

液体のマイシャンプーを持って行く場合

① 飛行機の預け荷物
基本的に預け荷物であれば、シャンプーも持って行くことが出来ます。

但し、スーツケースは雑に扱う場合も有りますから、スーツケースの中でキャップが外れて漏れ出してしまう場合も想定されます。そのため、そのような場合にならないように十分に確認を行った上で預けるようにしましょう。

 

② 飛行機の機内に持ち込む場合
機内に持ち込む場合は注意が必要です。全ての液体は100mmlの容器に入れて、ジッパーが付いている透明の袋に1つずつ入れなければなりません。

 

固形のマイシャンプーの場合

シャンプー石鹸と呼ばれる固形タイプのシャンプーがあります。固形の石鹸タイプの中にはリンスを使わなくても同様の効果が期待できるタイプもあります。

そのような固形のシャンプー石鹸を海外旅行に持って行くという方法もあります。リンス効果のある固形タイプのシャンプーであれば液体と違って透明のジッパーが付いている袋に入れなくても良いので便利です。

但し、石鹸なので泡立てるのであれば泡だてネットも海外旅行の持ち物に含める必要があります。

 

 

海外旅行に持参する植物性の固形シャンプー石鹸

わざわざ固形のシャンプー石鹸を海外旅行に持って行かなくても良いのでは?と思う方も居ると思いますが、現地のホテルに用意されているシャンプーとの相性が悪い場合も実際にあるので、必要に応じて、マイシャンプーを持って行くのも有りだと思います。

 

どんなシャンプー石鹸?

① 海外旅行に持って行く物
潤炭シャンプー石鹸という植物性の固形タイプの石鹸です。

 

 

② シャンプーの仕方
髪に直接、石鹸を擦り合わせないで、一度手のひらで泡立ててから、ぬるま湯で湿られた髪につけてもう一度泡立てる必要があります。泡だてネットが有った方が良いです。

 

③ 注意事項
髪をすすいだ後に髪のバサつきが気になる方はコンディショナーの併用をオススメ致しますとの記載がありますが、筆者の場合は特に問題ありませんでした。

 

どうして固形のシャンプー石鹸なのか?

単純に液体のシャンプーやリンスを100mml以下の容器に入れて、ジッパー付の透明な袋に入れるのが面倒という理由で固形のシャンプー石鹸を探しました。

どんな物なのか?自分の髪に合うのか?を確認するため、購入して使ってみたら、たまたま自分の髪に合っただけなので参考にならないと思います。

※ この石鹸でシャンプーを行う場合は、筆者の場合は特にリンスは必要ない感じです。

 

旅行の持ち物 海外旅行では硬水対応シャンプー持参で髪や肌のケアを
皆さん、こんにちは! 海外旅行で帰国後に髪や肌のトラブルに見舞われたことは有りませんか? 特に髪がバサバサしたりギシギシするような感じで肌荒れにもなったりなど。 今回は、海外旅行に持って行くシャンプーについての紹介になり...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。