機種変更後のスマホ再利用!古いスマホはメディアプレイヤーに活用

スマホ

 

皆さん、こんにちは!
今回の記事は『機種変更後のスマホ再利用は古いスマホはメディアプレイヤーに活用』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

機種変更後の古いスマホ

機種変更後のスマホはどのように利用していますか? 機種変更したら使わないから売却や廃棄処分してしまう場合もあるのでは?と考えます。

使わないのに大事に手元に置いていても意味がないですから処分してしまうのも1つの方法です。しかし、購入サイクルによっては2〜3年程度で買い換えといった場合も有ると思います。

そのような短サイクルでは処分よりも他の用途で使うのが良いのでは?と考えます。

 

機種変更後もまだ現役で使える

買い換え等で機種変更後のスマートフォンはバッテリーの劣化は有りますが、まだまだ現役で利用できる場合が多いです。バッテリー交換が出来れば、あと2〜3年は十分に利用できます。

でもスマホの基本OSは最新バージョンにアップデート出来るとは限らないため、セキュリティ面に不安が残ってしまうのも確かです。

だからと言って、最新OSにアップデートできなくなった時点で買い換えをしていると購入サイクルが短くなり、購入の際にはお財布との相談が必須になってしまいます。

セキュリティ面を考慮するならば、最新バージョンのOSが最適ですけど、サブで利用するならば1つバージョンが古くても問題ないのでは?

 

古いスマホをサブ端末として活用

メインのスマホでは全て1つで行なっているため、バッテリーの消費も増えてしまいます。その中には自宅で使うアプリや通勤も含めて外出中には使わないアプリも含まれていると思います。

そういったアプリの利用は機種変更後の古いスマートフォンで利用するのも良いと思います。そのようにする事でバッテリー消費も抑えることが出来ますし、内臓バッテリーを長持ちさせることにも繋がります。

 

古いスマホはメディアプレイヤーに活用を

買い換え等で機種変更後の古いスマートフォンの有効活用として最適な用途はゲーム専用機とメディアプレイヤーにするのが最適なのでは?と考えます。

両方ともWI-FIを経由して必要なアプリをインストールすることが出来れば通話やデータ通信のSIMが無くても利用することが出来るからです。

たとえ自宅にWI-FIを利用する環境が無い場合でも、機種変更する前に必要なアプリをインストールしておけば、ネットが利用できなくても使うことが出来ます。

 

インターネットラジオの端末に

インターネットラジオのアプリをインストールすることで、古いスマートフォンでもインターネットラジオを聴くことが出来ます。

オススメはNHKラジオのらじる★らじるが良い感じです。その他にも色々なラジオアプリが有るので、インストールして自分の用途に合うアプリを見極めた方が良いです。

人それぞれ考え方にも個人差が有りますから、オススメのアプリだったとしても、全然オススメでは無かったといったこともあります。

自分でアレコレ試してみて判断するのが賢明です。

 

ミュージックプレイヤー

スマートフォンに標準搭載されている機能の1つに音楽プレイヤーがあります。インターネット、メモリーカード、USBメモリ、WI-FI経由でスマートフォンにmp3ファイル等を入れてお気に入りの曲を聴くことが出来ます。

インターネットが利用できなくてもオフラインでお気に入りの曲を聴くことが出来るため、ポータブルミュージックプレイヤーには丁度良いと思います。

但し、スマートフォンの内臓スピーカーで聴くのは良くないと思います。スマホの内臓スピーカーは音質が悪いため、音割れ等の不具合が生じます。

可能ならばワイヤレス接続のスピーカーを利用してミュージックを聴くのが良いでしょう。

 

動画閲覧

自宅でWI-FIが利用できる環境であればインターネットに接続して動画を閲覧することが出来ます。動画をスマートフォンの画面で見るよりもパソコンで見た方が良いと思いますが、トイレや台所といった場所にパソコンを持ち歩くことは出来ません。

そのような場所に持ち歩くのであればスマートフォンが良いです。機種変更後の古いスマホをトイレ台所で使う動画閲覧端末にするのも1つの方法になります。

 

スポンサーリンク

 

古いスマホをメディアプレイヤーにする場合

使わなくなった古いスマートフォンをメディアプレーヤーの専用端末にする場合はパソコンとの連携が欠かせません。PCが無くても十分にメディアプレーヤーの用途で利用することは可能ですが、PC連携を行うことで柔軟性も広がります。

 

PC連携

機種変更後の古いスマートフォンをメディアプレイヤーにする場合は自宅にあるパソコンとの連携が必須になります。厳密に言えば必須ではありませんが、PCと連携した方が運用面において柔軟性拡張性が広がります。

PCと連携すれば自宅にWI-FI環境が無い場合でも自宅のパソコンはインターネットに接続されている場合が多いですから、お気に入りの音楽データや動画ファイルをパソコンにダウンロードした上で古いスマホに取り込むことも容易に行えます。

 

Androidスマホの場合

古いスマホがAndroidの場合であればマイクロSDカードを利用することが出来るため、多くの音楽や動画データを古いスマホに取り込むことも可能になります。

内部ストレージが足らなくなった場合でもマイクロSDカードを大容量の物に取り替えたり、PCにデータを移動したりすることも行えるため、古いスマホをメディアプレイヤーとして活用した方が最適です。

 

機種変更後のスマホ再利用!自宅のミュージック・プレイヤーに活用
皆さん、こんにちは! 今回の記事は『機種変更後のスマホは自宅のミュージック・プレーヤーに活用』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 機種変更後のスマートフォンは使...

コメント