スマホの機内モードアプリのMekoramaゲームで旅の暇つぶし

スマホ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『スマホの機内モードで利用できるパズルゲームアプリのMekoramaで旅の暇つぶし』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCで海外旅行する場合は暇つぶしが必要

海外旅行では目的地に行くまでの長い時間が必要になります。空港まで移動や空港で過ごす時間、飛行機の中で過ごす時間、宿泊先のホテルに移動する時間といった感じに多くの時間が必要になります。

 

空港では暇で退屈な時間が多い

特にLCCを利用して海外旅行に行く場合は空港まで送迎してくれる場合や自家用車で空港に到着するといった場合を除いて、鉄道やバスといった交通機関を利用して到着すると思います。

この場合、LCCでは空港のチェックイン手続や飛行機の搭乗といった時刻は深夜 又は 早朝になる場合が多いため、この時間に合わせて空港に到着することが出来ない場合が多いです。

そのため、終電等を利用して前日のうちに空港に到着しておき、チェックイン手続が開始されるまで、ひたすら空港内で過ごすことになります。

この時間で仮眠する場合もあれば、読書等をして過ごすといったこともありますが、チェックイン手続までの時間が3〜4時間ぐらい平気で待つことも多いため、待ち時間が長いと感じます。

 

LCCの機内にはエンタメがない

LCCを利用して海外旅行する場合は自分の座席スペースにエンタメ設備が1つもないため、暇つぶし対策も必要になります。

暇つぶし対策といっても具体的に良い方法はそんなにないため、結局は目的地の空港に到着するまで寝て過ごすパターンになってしまいます。

ずっと機内では寝て過ごすことが出来るのであれば申し分ないのですが、イビキが気になったり、隣席の人がトイレに行く場合に起こされてしまったりする場合も多いため、ずっと寝て過ごすのは難しいのが実情です。

このような場合では少なくとも何か暇つぶしできるグッズが必要になります。

 

機内での暇つぶしはスマホの機内モードを活用

LCCの機内で快適に過ごすには機内快適グッズも必要になります。だからと言ってタブレット端末を機内に持ち込むのでは余計に荷物になってしまうため、旅行に持参しているスマートフォンを利用するのが最適です。

 

機内モードならばスマホが使える

LCCの機内にはエンタメ設備が1つもありませんから、寝て過ごす以外の方法は見つからないのが実情です。

そのような場合では旅行に持参しているスマホを活用するのが最適です。機内モードに設定すれば飛行機の機内でもスマートフォンを利用することが出来るため、機内の暇つぶし対策にはもってこいです。

機内モードで利用できるアプリを予めインストールしておくのが良いですが、スマホに標準搭載されているメディアプレイヤーを利用して音楽を聴くのも良いです。

但し、音楽を聴く場合は周囲に迷惑を掛けないようにしないといけません。有線接続のイヤホンも必要になりますし、音量も小さく設定する必要があります。

 

機内モードで楽しめるアプリ

エンタメ設備のないLCCを利用する場合に重宝するのが旅行にも持参しているスマートフォンになります。機内モードに設定すれば機内でも利用することが出来るため、LCCでもスマホは役立てることが出来ます。

旅行に出発する前に機内モードで楽しめるアプリをインストールしておくのが賢明です。この作業は自宅でやらなくても暇で退屈な空港で行っても良いです。

1〜2時間程度、時間を気にすることなく遊んでいられるようなゲームアプリがあれば最適かも知れません。このぐらいならば半分は寝て過ごし、目が覚めてしまったらゲームを楽しむといった感じであればストレスが溜まらないと思います。

 

機内でゲームアプリを楽しむ場合の注意事項

基本的なことになりますが、消音で遊ぶことになります。音楽が出なくても楽しめるゲームが求められます。

あと、機内は暗くなっている場合が多いため、ゲームに熱中してしまうと目を悪くしてしまうかも知れません。目が疲れてしまったら程々に休むといったことも必要になります。

 

スポンサーリンク

 

機内モードで暇つぶしは3DパズルのMekoramaが最適

LCCの機内で楽しむ機内モードアプリならば、3DパズルゲームのMekoramaが最適です。愛嬌のあるロボットを操作してゴールを目指すアクション要素のあるパズルゲームです。

 

Mekoramaとは

Mekoramaは、ジオラマ風の3Dパズルとアクションゲームが備わったような感じの立体パズルゲームになります。可愛くて愛嬌のあるロボットを操作してゴール地点を目指すパズルゲームなので頭を使うことになります。

最初の内は難易度が優しいので簡単にクリアすることが出来ますが、ゲームをクリアすることで徐々に難易度が少しずつ上がって行くので全部クリアするのが難しくなります。

ただ単純にロボットを操作するだけではクリアすることが出来ませんから、あらゆる角度から眺めたり、視点を変えてみたりしてゴール地点を目指す必要があります。

そのため、頭をフル回転させないとクリア出来ない場合もあるパズルゲームになっていることもあり、脳トレに活用しても満足できると思います。

 

Mekoramaは機内でも夢中になれるゲーム

このゲームは最初の内は簡単なのでゲームをクリアすることが出来ます。ゲームをクリアすればするほど夢中になってしまうので目が疲れてしまう場合が多いです。

幸いなことに機内の照明は暗くなっていますから、ちょっと目を休めるのに最適です。目が疲れたら目を瞑って仮眠するようにすることで退屈で暇な空の旅が少しでも快適に過ごすことが出来るようになります。

 

Mekoramaはパズルを作ることが出来る

このゲームはパズルゲームを遊ぶだけではありません。パズルを作って遊ぶことも出来るのです。機内でゲームに飽きてしまったらパズルを作って楽しむことも出来ます。

1つのゲームで2つの楽しみを併せ持っているため、旅行の暇つぶしゲームに最適なアプリだと思います。

 

コメント