海外旅行ではスマホの機内モード設定でWI-FIネット利用が安全

スマホ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行中にスマートフォンでインターネットを使う場合の安全なネット利用』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行でもスマートフォンでネット利用する機会が多い

海外旅行に持参するスマホを利用して旅行中でもインターネットを利用する機会が意外と多いです。ブラウザでネット閲覧する場合やLINEやSNSといったアプリやサービスでの利用もネットを使うことになるため、旅行でもスマホは必需品になる場合が多いです。

 

海外旅行中のインターネット利用

主に海外旅行でネット利用する場合は4つの方法があります。

① フリーWI-FI
現地の国際空港や宿泊先のホテル、公共のWI-FIスポットといった場所で利用することが出来るWI-FIで、無料で利用できる場合が多いです。

 

② モバイルWI-FIルータ
海外旅行に出発する前にWI-FIルータをレンタルして受け取り、海外旅行に持参してWI-FI経由でネットに接続するための旅行便利グッズです。返却は帰国後の空港 又は ポスト投函による場合が多いです。

 

③ プリペイドSIM
現地の国際空港で購入することが出来る旅行者向けのスマートフォン用SIMカードです。SIMフリーに対応したスマホが必要になりますが、モバイルWI-FIルータをレンタルするよりも購入金額が安い場合が多いです。

その代わり、購入時は英語 又は 現地の外国語での購入になるため、外国語会話が出来ない人にとってはちょっと難しいかも知れません。

但し、音声翻訳機のポケトーク 又は 筆談でも購入することが出来るため、チャレンジしてみる価値は十分にあると思います。

 

④ データローミング
この方法での利用は避ける必要があります。使っているスマートフォンの料金プランの適用外になるため、時間あたりの従量課金制になります。

自分ではあまり使っていなくても高額請求になってしまう場合があるため要注意です。必ず海外旅行に出発する前にデータローミング設定をOFFにしてください。

 

アプリでもネットを利用する場合が多い

海外旅行ではLINEやSNSといったアプリやサービスだけではなく、Google map や現地の交通機関を利用する場合に役立つアプリも利用すると思います。

このような現地での鉄道やバスといった交通機関を利用する場合に役立つアプリの場合はネットを利用して情報を取得する場合が多いため、海外旅行でもスマートフォンとインターネットは必需品になる感じです。

 

海外旅行でスマホでネット利用では機内モード設定を

海外旅行で持参のスマートフォンを利用してインターネットを使う場合はSIMフリーに対応したスマホであれば現地の国際空港でプリペイドSIMを購入することが出来ますが、SIMフリーではない場合はWI-FI接続でネットを利用することになります。

 

モバイルWI-FIルータの持参

海外旅行でWI-FI利用でインターネットに接続するには、国際空港や宿泊先のホテル等で利用することが出来るフリーWI-FI 又は モバイルWI-FIルータをレンタル持参する方法があります。

フリーWI-FIの場合は移動中にWI-FI経由でネット利用することが出来ないのに対して、WI-FIルータの場合はプリペイドSIMと同様に移動中でもネット利用することが出来ます。

そのため、SIMフリーに対応していないスマートフォンの場合では、モバイルWI-FIルータをレンタルして海外旅行に持参するのが良いです。

 

WI-FI経由でネット接続は機内モードに設定を

海外旅行にモバイルWI-FIルータをレンタル持参した場合は、スマートフォンの設定に注意が必要です。

 

① データローミング設定
海外旅行に出発する前に行うべきことになりますが、スマートフォンの設定で、データローミングをOFFにしておく必要があります。これを行わないと、提携している現地の携帯電話会社の電波を利用してインターネットを使ってしまう可能性があります。

この場合は料金プランの適用外になり、従量課金による請求となります。その結果、海外旅行から帰国した後で請求される利用金額にビックリ仰天するぐらい高額請求になっている場合があります。

 

② 機内モード設定
データローミング設定をOFFにした上で、スマートフォンは機内モードに設定し、WI-FI経由でインターネットを使うのが安全な利用方法になります。

スマホを機内モードに設定すると、全ての通信が遮断されるため、予期せぬ通信料金をカットすることが出来ます。

海外旅行では安全にネット利用することも考慮する必要があるため、必要に応じて設定変更を行うようにした方が賢明です。

 

スマホの機内モードでネット接続する場合

スマートフォンを機内モードに設定すると全ての通信が遮断されるため、このままではWI-FI機能を利用することが出来ません。

WI-FI機能を利用するには、機内モードに設定した状態でWI-FIをONに設定します。このようにすることでスマホを機内モードに設定したままの状態でWI-FI経由でインターネットを利用することが出来るようになります。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行でもスマホのWI-FIでネット利用

海外旅行で現地の空港で購入することが出来るプリペイドSIMの購入を行わなかった場合のネット接続はフリーWI-FI 又は モバイルWI-FIルータの2択になると思います。

短期(1〜2日ぐらい)の旅行やフリーWI-FIが広範囲に利用できるエリアでの移動が多い場合ではフリーWI-FIでも問題ないのですが、3日以上の旅行ではモバイルWI-FIルータをレンタル持参した方が賢明です。

 

宿泊先のホテル

海外旅行ではホテルで過ごす場合でもWI-FIを利用してネット閲覧する場合が多いです。翌日の天気予報の確認や何処に観光に行くのか?といった情報を事前にチェックすることも有りますし、台風等の悪天候の場合であればホテルで過ごすといった場合もあると思います。

ホテルには備え付けのテレビを見ることも出来ますが、日本の番組を観れるとは限らないですし、日本語の字幕に対応しているといった場合も少ないのでは?

もっともこれは、旅行に訪れる国や地域によっても大きく異なるため、一概には何とも言えないのですが、必ずしもテレビを楽しむ環境ではない場合もあります。

そうなって来ると、スマートフォンよりも大きなサイズのタブレット端末が有った方が良さそうです。

タブレット端末があれば、ネットを利用して動画を大画面で閲覧することが出来るため、ホテルでも快適に動画を楽しむことが出来ると思います。

 

フリーWI-FIの場合

宿泊先のホテルで利用する場合であれば特に制限等は無いと思いますが、コンビニや空港といった場所ではフリーWI-FIを利用時に制限がある場合が多いです。

これは誰もがずっと何時間もインターネット接続が行えるようになるという訳ではなく、あくまでも時間制限での利用といった感じです。

また、提供するサービスや業者によっても異なりますが、全てのアプリに対応しているとは限らないようです。

メッセージアプリのLINEをフリーWI-FIで利用しようと思ったけど、出来なかった場合も実際にありました。

そのため、スマホのWI-FIでネット接続するのであれば、モバイルWI-FIルータのレンタル持参が最善の方法のような気がします。

 

コメント