海外旅行ではスマホのデータローミング設定OFFで高額請求を防ぐ

スマホ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持って行くスマートフォンは旅行に出発する前にデータローミング設定OFF』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行でもスマートフォンを利用する

日常生活の必需品でもあるスマートフォンは旅行でも必需品になると思います。そのようなスマートフォンは実際の旅行ではどのように使っていますか?

スマホ決済を利用して、お財布代わりに利用したり、Google map を使って美味しいお店への案内に利用するといった感じで使う場合もあるでしょう。

 

海外旅行ではスマートフォンを使う機会がある

海外旅行でもスマートフォンを持参する場合が多いです。実際に海外旅行中には使わない場合でも飛行機の搭乗するまでは使う場合が多いため、旅行でも必需品なのでは?と思います。

こんな便利なスマートフォンを海外旅行で使わないと勿体ないですが、使うことによって海外旅行から帰国した後に高額請求になってしまったという場合もあります。そのため、海外旅行ではどんなに便利でもスマートフォンを利用しないという人も居ると思います。

でも、旅行で訪れる国や地域によってはスマートフォンを利用しないと市内バスに乗車する場合に困ってしまうこともあるため、海外旅行でも状況に応じて臨機応変に使うようにした方が良いのでは?

 

海外旅行でも便利なスマートフォン

スマートフォンは海外旅行でも便利に使うことが出来ます。スマホを持参すれば便利に使えるということではなく、現地でインターネットを利用することで便利に使うことが出来るようになります。

普段、日常的にスマートフォンでネットを利用している場合では旅行でも日常生活と同様にネットを利用する場合が多いため、逆にネットが使えないと不便に感じます。

特に一番困るのは帰国する時に利用する移動手段についての情報だと思います。海外旅行では、いつも良い天気という訳ではないため、台風や積雪といった場合もあります。

そのような悪天候の場合に出発や帰国といった場合では飛行機が飛ぶのか?飛ばないのか?という情報はとても気になります。

そんな時に持参しているスマートフォンで最新情報をチェックすることが出来れば便利です。

 

海外旅行ではスマホのローミング設定OFFを忘れずに

海外旅行でもスマートフォンは必需品の1つでも有りますが、これをそのまま海外でも使う場合は注意が必要です。ご利用になっている携帯電話会社や料金プランによっては国際データローミングに対応している場合があります。この場合はデータローミング設定をOFFにする必要があります。

 

海外旅行でスマホ利用時に注意したい事

海外旅行にスマートフォンを持参すると、もしかすると、海外旅行中に国際データローミングを利用する設定になってしまっている可能性があります。

データローミングがONになっていると、提携している現地の携帯電話会社が提供する電波を自動的に受信して利用できるため、何も気にすることなく海外旅行でもインターネットを楽しんでしまうことに繋がります。

この場合は、帰国後の携帯電話代の請求書を見て、あまりの高額請求にビックリ仰天するパターンになってしまいます。

このような結果にならないようにするには、海外旅行に出発する前にデータローミング設定をOFFにした上で旅行に出発するようにしてください。

 

海外旅行でデータローミングを使うと困ること

海外旅行中に訪れている国や地域の携帯電話会社の電波を利用することが出来るため便利なのですが、逆に困ってしまうことでもあります。

データローミングがONになっていると、提携している現地の携帯電話会社の電波を利用することが出来るので便利には違いないのですが、この部分が大きな落とし穴になっています。

データローミングの場合は現在契約している料金プランの対象外になっているため、1パケットごと 又は 30秒ごとの価格設定になっている場合が多いです。つまり、データローミングでは従量課金になります。

この結果、帰国後にビックリするような利用金額が請求される場合が多いです。

 

データローミングのOFF設定

① Androidスマートフォンの場合
設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク→データローミング

但し、デュアルSIMに対応しているスマートフォンの場合はSIMごとにデータローミング設定を行う必要あり。

 

② iPhoneの場合
設定→モバイルデータ通信→データローミング

 

スポンサーリンク

 

海外旅行に持参のスマホでネット利用する場合

海外旅行に行く前に、うっかりデータローミング設定をOFFにするのを忘れてしまった場合は高額請求の可能性が一気に高くなってしまいますが、これを防ぐ手段として、現地の国際空港で購入できるプリペイドSIMを利用する方法もあります。

 

海外旅行でネット利用するには

海外旅行でスマートフォンを利用してインターネットを使う場合は4つの方法があります。

 

① データローミング
現在ご利用されている携帯電話会社と提携している現地の電話会社の電波を利用する方法。この場合は、現在利用している料金プランが適用されないため、重量課金になります。その結果、自分ではあまり使っていないと思っていても実際に請求される利用金額は高額になってしまう場合が多いです。

 

② フリーWI-FI
国際空港や宿泊先のホテルで提供されているのがフリーWI-FI。無料で利用できるので非常に助かる反面、セキュリティ面に不安が残ります。また、フリーWI-FIを利用できる場所も限られた場所になっている場合が多いです。

 

③ モバイルWI-FIルータ
海外旅行に出発する前にWI-FIルータをレンタルして受け取り、海外旅行に持参して、スマートフォン等でネット利用するための旅行便利グッズです。返却は、帰国後の空港やポスト投函の場合が多いです。

 

④ プリペイドSIM
プリペイドSIMと呼ばれる旅行期間中にネット利用することが出来るSIMを購入するパターン。モバイルWI-FIルータのレンタル金額よりも安く購入できる場合が多いです。

 

スマホでプリペイドSIMを利用する場合

海外旅行で現地のプリペイドSIMを利用するにはSIMフリーに対応したスマートフォンが必要になります。SIMがロックされているスマホでは利用することが出来ないので要注意です。

但し、プリペイドSIMを購入するまでにスマホを利用してしまう可能性も十分にあるため、スマートフォンは機内モードに設定しておく必要があります。機内モードであれば、全ての通信が使えない状態になるので安心です。

また、機内モードに設定した状態でもWI-FIを利用することも可能です。この場合は、一度、機内モードに設定した後にWI-FIボタンをタップすることでWI-FIが利用できるようになります。

 

プリペイドSIMの購入場所

現地の空港に到着したら何処に行けばプリペイドSIMを購入することが出来るのか?というと、空港の迎賓ロビーのあるフロア内に携帯電話会社のカウンターがあります。ここで現地で利用することが出来るプリペイドSIMを購入することができます。

ここで、パスポートと持参のSIMフリーに対応したスマートフォンを手渡しすることになります。

そうすると、直ぐにネット利用できるように設定してくれます。

 

コメント