海外旅行のお金はサブの財布プラスお金を守る発想の転換を考えた管理

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行に持参のお金はサブの財布も必要だが、発想の転換も考慮した管理で盗難対策に工夫を加える』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参する財布は何が良いのか?

海外旅行ではお金などの貴重品を持参する事になりますが、この場合のお金はどのような財布で管理しているのでしょうか? 流石にいつもの日常生活で使っている財布は持参しないと思います。

 

サブの財布が必要

海外旅行ではメインとサブの財布を持参して管理している場合が多いと思います。1つの財布でお金を管理していると、もしもの盗難の被害に遭ってしまった場合に困ってしまう事になります。

そういう事もあり、いくつかにお金を分散して管理する事が必要になって来るのでサブの財布も必需品となります。

とはいえ、これでOKなのか?というと、そうでもないのが実情になります。サブの財布は沢山あれば良いという物でもないからです。

自分で管理できる数量の財布でないとそれは管理しているといった事にはなりません。それならば自分が管理できる数量ってどのぐらいなのでしょうか?

こればっかりは残念ながら自分のみぞ知る領域になります。

 

サブの財布でお金を管理

サブの財布でお金を管理する上で重要な事は、数量の問題もありますが、それ以外にもあります。

その代表例としては、旅行に持参するお金は、もしもの盗難に備えて分散する必要があります。どこに分散するのか?というのを明確に決めておかないといけません。

簡単に見つかってしまうような場所に分散しても意味がないですし、だからといって自分の目が届きにくい場所で管理するのもどうかな?といった感じになります。

また、財布のローテーションは必要ないのでしょうか?1つの複数の財布にお金を分散したのであれば、途中でよく使っている財布のお金は枯渇すると思います。

 

海外旅行ではサブの財布だけでは心もとない

海外旅行では財布も重要なポジションになりますが、海外旅行用に特化したセキュリティ対策がバッチリの財布を持って行けば安心なのか?というと、それでも安心できないのが実情になります。

 

先ずは自分の意識改革が必要

セキュリティ対策がバッチリ強化されている筈の財布を海外旅行に持参した場合でも安心ではないというのは何故なのでしょうか?

確かに財布は完璧かも知れませんが、その財布を管理するのは人になります。いつもの何気ない行動をいつも通りに行っているといった感じだと安全対策を施しても何処かに穴が空いてしまいます。

どんなに完璧に近いグッズを持参しても自分のお金に対する意識がそれに伴っていなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

 

そもそもお金は財布で管理しなくても良い

海外旅行に持参するお金というと財布で管理するというイメージになってしまいますが、自分が安全に管理できれば財布でなくても問題ありません。

旅行に行くという名目で財布をいくつも購入したとしても毎日の日常生活では役立たずになるので、それこそお金の無駄遣いになってしまいます。

旅行に持参するお金は、財布に準じる物で管理しても良いと思います。そのようなグッズは多種多様にあるため、日常生活でも利用できる場合が多いです。

但し、この場合に注意しないといけないのが、そのままで利用するのではなく、自分なりに工夫して盗難対策を施す必要があるという点になります。

 

スポンサーリンク

 

旅行のお金の管理で工夫するなら発想の転換を

財布でお金を管理すれば問題ないと思っていると、自分のお金は守る事は出来ません。海外旅行では財布だけでお金を管理しようという発想はリスクを伴います。リスクはなるべく軽減させるようにした方が賢明になります。

 

自分のお金はどうやって守るのか?

旅行中のお金はどのように守るのか?は自分の考え1つで決まってしまいます。この場合にどのように考えるのか?が重要になって来ます。

複数個の財布を準備して分散管理すればOKという場合も良いのですが、残念ながらそれだけではダメだと思います。

訪れる国や地域の治安状況も加味しないと、どんなに対策を施しても大した対策ではないといった感じになってしまいます。

常に上には上が居るという認識に立った上で、どうやったら盗難の専門家に対抗できるのか?を優先的に考慮する必要が求められます。

 

結局のところ馬鹿し合い

自分では完璧だと考えている旅行の盗難対策でも第三者がみれば、ぜんぜん大した事はないといった感じに見えてしまうのが実情になります。

でもこの状況が稀に良い効果をもたらす場合があります。結局のところ、海外旅行中の盗難対策というのは、専門家との馬鹿し合いになるので、どうやったらスリの専門家に立ち向かう事ができるのか?という部分になります。

スリの専門家はプロ中のプロなので、通常では立ち向かうなんて難しいですが、それでも立ち向かわないといけないのが海外旅行になります。

無事に何事もなく日本に帰国できれば、今回は自分のセキュリティ対策がバッチリだったという事になります。

但し、毎回同じ方法で大丈夫なのか?というと、それは無理だと考えます。スリの専門家色々な手口でアクションを掛けて来るので自分も臨機応変に対応しないといけません。

 

コメント