海外旅行でクレジットカードを利用する場合ではキャッシングに注意を

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行でクレジットカードを利用する場合ではキャッシングに注意を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行ではクレジットカードも必需品

クレジットカードを海外旅行に持参する場合が圧倒的に多いですが、これには理由があります。宿泊先のホテルでクレジットカードを要求される場合が多いからです。そのため、海外旅行では必需品の1つになります。

 

海外旅行ではクレジットカードも必要

海外旅行の必需品といえば、パスポートやお金といった貴重品に加えてクレジットカードもその内の1つに該当します。

クレジットカードの場合は、利用の用途が広いので海外旅行では無くてはならない必須なアイテムになります。

実際の旅行では全く利用しない場合でも、保険の意味で持っているだけで安心感があるので使っても使わなくても役立つという優れものになります。

可能ならば複数枚のカードを持参した方が賢明になります。

 

ホテルの宿泊には必需品

海外のホテルに宿泊する場合ではクレジットカードを要求される場合が多いです。

クレジットカードじゃなくても国際ブランド付きのデビットカードやプリペイドカードでも大丈夫な場合もありますが、全てのホテルで利用できるとは限りません。

それにデポジットの支払いが2重に引き落しされる場合が多いため、まさかの残高不足に陥ってしまう場合も発生します。

そのため、ホテルの宿泊費に支払いにはクレジットカードを利用するのが最適になります。

 

海外旅行で急なお金が必要になった場合

楽しい海外旅行の場合では、予期せぬ事も発生します。持参したお金が足らなくなってしまって困ってしまう事も珍しくありません。このような場合ではどのようにしてお金を工面しているのでしょうか?

 

デビットカードを持参している場合

海外旅行にはクレジットカードを持参するのは勿論の事ですが、これに加えて国際ブランド付のデビットカードやプリペイドカードも持参した方が良いです。

というのも、急なお金が必要になった場合でも海外のATMを利用してお金を引き出す事が出来るからです。

クレジットカードと異なり、お金を引き出したら直ぐに引き落としになるため、残高が分かりやすいです。

確実に現在の残高が分かった方が買物や支払に利用する場合も助かります。

 

クレジットカードでキャッシング

海外旅行では、悪天候などの影響により帰りの飛行機が欠航になってしまう場合もあります。このような場合では帰りの飛行機に搭乗できるまで現地で滞在する事になります。

旅行に必要なお金は底を着いている可能性も高くなるので、国際ブランド付のデビットカードやプリペイドカードを持参していない場合では、お金を引き出す事が出来ません。

このような場合にクレジットカードがあると重宝します。海外のATMを利用してお金を引き出す事が出来るため、急なお金を用意したいといった場合に最適な手段になります。

それに、この方法であれば、大金を旅行に持参しなくて済むので盗難のリスクの軽減に役立つ事になります。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードでキャッシングはやめよう

海外旅行中に急なお金が必要になってしまった場合にクレジットカードでキャッシングする方法も確かに有効な対策の1つになりますが、これは逆の意味で注意が必要になります。

 

キャッシングすると・・・

仮にキャッシングすると、確かに必要としている金額を現地のお金で引き出す事ができますが、確実に借金になってしまいます。

クレジットカードの場合はある意味、一時的な借金を行なって買物をしているような感じなので、この状態でお金を引き出してしまったら、もうそれは立派な借金になります。

何が問題なのか?というと、短期の旅行であれば問題ないのですが、1週間以上の旅行の場合では帰国までの日数が多くなってしまいます。

お金を引き出したら、1日単位で利息が増えて行く事になるため、帰国時には増えてしまっている場合もあります。

 

帰国後直ぐに返済できるとは限らない

旅行中にお金をキャッシングした場合に注意しないといけないのは、帰国後直ぐにお金を返済するとは限らないという事になります。

何せ、旅行から帰国すると、疲れが溜まっている場合が多いため、翌日はのんびり過ごしたいといった感じになってしまうため、返済が遅れてしまう可能性が高くなります。

 

翌日から仕事の場合

又は、ギリギリまで旅行を満喫している場合では翌日から仕事に行くという場合もあります。このような場合では旅行気分のまま仕事に突入する事になるため、時間的な余裕がないといった状況になってしまいます。

そのような状況では、その日の内に返済するのは厳しいと思います。そうすると、確実に1日以上、返済が遅れてしまう事になるため、余計な費用も多く発生する事になります。これもどうなのでしょうか?

 

コメント