海外旅行のお金はJCBやVISAプリペイドカードの持参が魅力的

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行のお金はJCBやVISAプリペイドカードの持参が魅力的』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に沢山のお金を持参したくないという悩み

海外旅行にお金を持参する場合に悩むのが、もしもの盗難の被害になります。この被害を最小限に抑える対策も必要になるため、持参するお金は可能な限り少なくしたい気持ちになります。

 

沢山のお金を持参するリスク

お金をいっぱい持って行くと、もしもの盗難の被害に遭った場合に困ってしまう事になるため、お金を分散管理を行うだけでなく、色々な対策を施して旅行することになります。

このリスクを軽減するには持参するお金を必要最小限にするという方法もありますが、これではせっかくの楽しい旅行が満喫できないのではないか?という不安も残ります。

それなりにお金は必要になるため、自分はどこまで妥協できるのか?という部分も考慮しないといけません。

結局のところ、一番有効な対策は分散管理という事になってしまいます。

 

クレジットカード利用の悩み

海外旅行にお金を最小限に持参する場合では、それでは旅行を満喫することが出来ないため、お金を調達する必要があります。

この場合に役立つのがクレジットカードのキャッシング機能になります。クレジットカードがあれば海外のATMからお金を引き出す事ができるため、必要に応じて、必要な金額を調達することが出来ます。

但し、良い事ばかりではありません。基本的にクレジットカードでお金をキャッシングする場合、一時的に借金する事になるため、1日単位で利息も増えていく事になります。

旅行から帰国したら直ぐに返済する必要があります。でも実際には旅行から帰宅して直ぐに返済というのは厳しいと思います。

旅行の疲れも相まって翌日以降になってしまうのではないか?と思います。

 

クレジットカードに準じるカードを海外旅行に持参

海外旅行でクレジットカードのキャッシング機能を利用して現地のお金を引き出すと、そのまま借金になってしまうので、帰国後すぐにお金を返済しないといけないというデメリットが発生します。

それならば、クレジットカードと同様に利用できる国際ブランドのデビットカードという方法もあります。

 

国際ブランドのデビットカードを持参

クレジットカードの代わりに国際ブランド付のデビットカードを海外旅行に持参する方法もありますが、必ず利用できるとは限らないので注意が必要になります。

国際ブランド付デビットカードの場合は、紐付けられている銀行口座の残高の範囲内でクレジットカードのように利用する事が出来るのが特徴になります。

海外旅行に持参するメリットは、お金を使い過ぎる心配がないので安心して使う事が出来るということです。

使える金額は銀行口座の残高の範囲内になるので、お財布として利用する事も出来ます。

 

デビットカードも不安が残る

JCBやVISAといったデビットカードを持参すればクレジットカードのように買物や支払に利用できて便利ですが、不安も残ります。

何が不安なのか?というと、デビットカードをホテルの宿泊費用の支払に利用すると、2重引落になってしまい、残高不足になってしまうのではないか?という不安になります。

ホテルの宿泊費用の2倍の金額が確実に銀行口座に入金されているといった場合でない限り、ホテルの宿泊費用の支払に利用すべきではありません。

また、デビットカードはクレジットカードではないため、利用することが出来ない店舗もあります。この場合に代替の支払方法が有るのか?という事も考慮しないといけません。

 

スポンサーリンク

 

JCBやVISAのプリペイドカード持参が魅力的

国際ブランド付デビットカードと同じように利用できるカードが他にもあります。JCBやVISAのプリペイドカードが該当します。

 

JCBやVISAプリペイドカードが魅力的

国際ブランド付デビットカードと同様に利用できるJCBVISAのプリペイドカードを海外旅行に持参している人も居ると思います。

クレジットカードで買物すると、買物をし過ぎてしまうという場合もあるため、海外旅行ではあまり使いたくないといった場合もります。

このような場合に便利なのがプリペイドカードになります。基本的にはデビットカードと同じなので、持参しなくても良いのではないか?と思ってしまいます。

プリペイドカードの方が良い場合もあるのです。デビットカードは個人情報が含まれているので紛失や不正利用の場合にリスクが高くなります。

それに引き換え、プリペイドカードの場合は匿名性が高いのでリスクに強いです。海外での支払ではプリペイドカードも魅力的になります。

 

JCBやVISAプリペイドカードはサブとして利用を

確かにJCBやVISAプリペイドカードを海外旅行に持参すると魅力的に感じますが、基本的にはデビットカードと同様に予め入金されている残高の範囲内でしか利用することが出来ないため、ホテルの宿泊費用の支払で利用するのは不向きになります。

このプリペイドカードを海外旅行で利用するのであれば、あくまでもサブの用途に徹するのが賢明です。

メインの支払はクレジットカードに任せて、食事やちょっとした買物といった用途に限定した使い方が好ましいのではないか?と考えます。

旅行に持参するのであれば、クレジットカードに加えてプリペイドカードも持参するといった感じになります。

 

コメント