海外旅行に持参するお金の悩み!いくつに分散管理すれば良いのか?

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行に持参するお金の悩み!いくつに分散管理すれば良いのか?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参するお金

海外旅行に持参するお金はどのぐらいの金額を持って行きますか?これが一番悩む場合もあります。特にお友達といったグループで旅行する場合は自分だけ少ない金額になってしまうとケチケチしているとか?思われたくないですから余計に悩みます。

 

いくら持参すれば良いのか?

お金はどのぐらいの金額を持って行けば良いのか?というのは大きな悩みになります。個人旅行であれば自分さえ我慢すれば良いのでは貧乏旅行も十分に可能になりますが、グループといった場合は難しい判断を迫られることもあります。

訪れる国や地域の物価も関係ありますし、どのような旅行を楽しむのか?という部分も考慮しないといけないため、皆さん一律的には判断できません。

1日あたり自分はどのぐらいの金額を使うのか?お土産を購入するのか?という部分を考慮して決めるのが最適になります。

旅行を楽しむ目的についても個人差があるので○万円あればOKと断言は出来ないのでは?と考えます。

 

お金は何で管理するのか?

海外旅行に持参するお金は何で管理すれば良いのか?というのも大きな悩みになります。日常的に使っている財布は利便性に優れていますが、防犯対策には向いていません。

海外旅行に特化した専用の財布を利用するのか?それとも財布のように使える貴重品ポーチをメインの財布にするのか?といった感じでアレコレ悩みます。

特に悩むのは名称が違うだけで同じ用途で利用できるグッズが非常に多いということになります。

同じ用途で利用できるグッズが多ければ多いほど、どのグッズが良いのか?余計に悩んでしまいます。

こればっかりは、好みも関係して来るので個々の判断で決めるのが正解になります。

 

いくつに分散すれば良いのか?悩む

海外旅行する時に悩むのが持参するお金はいくらにするのか?といくつに分散するのか?の2つになるのではないか?と考えます。

前者については人それぞれ個人差があるため、一概には何とも言えないと思います。問題は後者のいくつに分散すれば良いのか?という部分になります。

 

いくつに分散するのか?

いくつに分散するのが正解というのは無いのではないか?と考えます。こればっかりは誰も正解は無いのでは?と思います。それこそ何も無ければ正解になるのでは?

だからといって1箇所で全てのお金を管理するのはダメです。もし、お金を盗られてしまったら、その時点で楽しい旅行が終了してしまいます。分散は必要になります。

では、いくつに分散するのか?というと『うーん』といった感じになってしまうのが実情になります。

この解決方法としては、自分の管理能力を知らないと、判断できないと思います。

 

分散するほど管理が難しくなる

お金を管理する時に一番悩むのが分散した場合の管理になります。1箇所で管理するのが一番簡単なので非常に助かるのですが、海外旅行では治安等の関係も含めて複数に分散管理するのが鉄則となっています。

だからといって貴重品をアチコチに分散してしまうと今度はちゃんと管理ができるのか?という部分が問題になります。

管理できないのにアチコチに分散してしまうと、もし盗難の被害に遭ってしまった場合に何が盗られたのか?自分自身でもよく分からないという状態になってしまいます。

これでは分散管理しても意味がありません。自分の管理能力に合わせた分散管理が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

分散方法や管理について正解がないのが悩み

海外旅行に持参するお金は分散管理が鉄則になりますが、お金を分散すれば盗難の被害に遭わないという訳ではありません。このことに気がつかないと被害に遭ってしまう場合があります。

 

いくつに分散すれば正解というのがない

複数に分散したからといって盗難の被害に遭ってしまうこともあります。たくさん分散すればリスクを軽減できるというのが本来の趣旨になるため、分散すれば盗難に遭わないという訳ではありません。

何故このようになるのか?というと、お金を複数に分散するまでは問題ないのですが、お金を分散すればするほど管理が大変になってしまうので注意が疎かになってしまう場合があります。

お金を分散するのであれば、自分が管理できる範囲内で分散するのが賢明です。管理できないのに分散しても意味がありません。

分散しつつ、自分の管理能力に合わせるという判断も求められます。

 

無事に旅行を終えて帰宅できたら正解である

旅行に持参するお金をいくつに分散するのか?は別として、旅行から無事に自宅に帰って来ることが出来たら、今回の旅行では持参方法が正解だったという事になります。

あくまでも旅行から帰宅した後にならないとお金の持参方法が正解だったのか?というのが分からないのが実情になります。

また、今回の旅行では正解だったとしても次回の旅行では不都合が生じることも有るので過信するのはリスクを伴います。

盗難の被害に遭わなかったから、自分の持参方法は正解なんだ!と勘違いしてしまう場合もあるため、このような場合だと隙が生まれやすいです。

 

コメント