海外旅行に持参のお金は分散管理!貴重品やパスポート収納の悩み対策

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行に持参のお金は分散管理!貴重品やパスポート収納の悩み対策』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参のお金や貴重品は分散管理

海外旅行で大いに悩むのがお金の管理になります。旅行に出発する前はどのように持って行くのか?悩みますし、旅行中も何処に収納すれば良いのか?悩む場合もあります。その場面においても悩むのがお金なのです。

 

分散した方が良い理由

お金を分散した方が良い理由はズバリ、もしもの盗難の被害に遭ってしまった場合の対策になります。1箇所で全てを管理していたと仮定して、盗難の被害に遭ったら、帰国するのも困難になってしまうので大変です。

そのため、もしもの盗難の被害に遭ってしまった場合でも帰国できるようなお金の管理が求められます。それはつまり、持参しているお金を分散する事になります。

お金を分散したからと言って安心という事ではありません。分散しても管理できなければ意味がありません。

 

いくつに分散するのか?悩む

大いに悩むのが海外旅行に持参するお金はどのように分散すれば良いのか?いくつに分散するのか?という部分になります。

もうこれは或る意味、究極的な選択になるので悩みも増えてしまいます。それもその筈で、これはどの方法が正解というのが無いため、どれも正解だったり不正解だったりします。

何事もなく無事に旅行を楽しんで帰って来る事が出来れば正解だったという事になります。これもどうなのかな〜といった感じです。

先ずは自分がいくつまで財布を管理する事が出来るのか?を知る必要があると思います。理論上ではなく実際の管理能力を知らないと分散管理は難しいです。

 

海外旅行でのリスクの悩みと貴重品管理

海外旅行に持参するお金は基本的に分散管理することになりますが、この時にパスポートはどうしていますか? パスポートは分散できないのでお金と一緒になっている場合が多いです。

 

1箇所で管理するのはリスクを伴う

貴重品とパスポートを同じ場所で管理していると盗難のリスクが高くなってしまいます。最悪の場合は両方とも盗難されてしまいます。

これを防ぐには自己防衛も必要になります。海外旅行の場合は自己防衛といった感じではなく旅行を楽しむ方に重点が置かれがちになってしまうので余計にリスクを伴う事になります。

日本国内と同じ感覚というのが一番よくないので、少なくとも多少面倒でもお金をいくつかに分散するのが最低限必要になります。

でも、これは最低限の対策になるため、これに加えて何か自分なりの対策や工夫を施す必要もあると思います。

 

海外旅行で真っ先に大切な物はパスポート

海外旅行で一番大切な物はお金ではありません。パスポートになります。自分を証明する唯一の身分証明証なのでこれが紛失してしまうと自分を証明することが出来ません。

確かにお金も必要になりますが、お金よりも大切なのがパスポートなので管理は厳重に行わないといけません。

簡単に盗難の被害に遭ってしまうような場所では管理しないように注意も必要になります。自分にとって最適な場所は誰でも最適な場所になっている場合も多いですから、ちょっと工夫を加えた方が良い感じです。

とはいえ、こればっかりは時の運も左右するため、一番はどうやったら盗難の被害に遭わなくて済むのか?になって来ると思います。

 

スポンサーリンク

 

貴重品と別々でもパスポート側にも最低限のお金を

海外旅行に持参する貴重品やパスポートは1箇所で管理するのではなく、別々に分けた方が賢明です。基本的には分散しますけど、それでもパスポート側にもいくらか残しておいた方が良い感じです。

 

パスポート側にも最低限のお金は必要

貴重品とパスポートを別々に管理する場合でもパスポート側にも最低限のお金が有った方が良いです。パスポートだけ残ってもお金がないのでは困ってしまうので、いくらか?は手元に残しておいた方が良いです。

必要最低金額は個人差があるため、金額は個々の判断で決める事になります。何せ、人によって最低限必要な金額というのは異なる部分なので自分しか分かりません。お金の使い方も異なりますからね〜。

この事からも分かるように海外旅行に持参するお金は最低でも2箇所に分散する事になるのです。

お金を分散すればするほど管理も大変になるため、管理と分散のバランスが重要になります。

 

パスポートのコピーも必要

海外旅行にはパスポートのコピーも持参した方が賢明です。何故かというと、パスポートが紛失してしまった場合に必要になるからです。

パスポートが紛失になるのは滅多にありませんが、それでもまさかの盗難の被害に遭ってしまう場合も十分に想定されるのが海外旅行になります。

パスポートを再発行する場合にパスポートのコピーがあると手続がスムーズになるので忘れずに持参した方が良いです。

因みに実際に紛失してしまったら、真っ先に行くのは現地の警察になります。その次が日本大使館になります。

日本大使館でパスポートを再発行してもらうにはパスポートを紛失した証明証が必要になります。これは現地の警察で作成してもらいます。

 

コメント