旅行の費用を節約!カード払いよりも現金払いでお金の使いすぎを防ぐ

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行の費用を節約!カード払いよりも現金払いでお金の使いすぎを防ぐ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行ではお金を使い過ぎになる傾向が強い

旅行ではお金を色々と使ってしまう感じになりますが、その中でも食べ歩きや観光といった場面では美味しいグルメを満喫したい気分になってしまう場合があるため、いつもよりも食欲が発生してしまいます。

 

旅行ではお金を使ってしまう

旅行ではお金を使い切ってしまう気持ちで出かける場合もあると思います。特に海外旅行ではその傾向が強い感じになります。

というのも、海外旅行では日本円を現地のお金に両替することになるため、余ってしまうと再両替する事になってしまう場合があるからです。

再両替する場合でも手数料が発生する事になるため、これも勿体ないお金になってしまいます。それだったら、いっそのこと、全部使い切ってしまえ!といった感じになってしまう場合があります。

 

お金の使い過ぎに気をつけて買物を

沢山のお金を持参する場合が多い旅行では、お金をいっぱい使うことが出来るので、いつもよりもお金を使い過ぎてしまう傾向が高くなります。

残念ながら旅行ではお金を使わないと逆に楽しめない場合もあるため、メリハリをつけてお金を使うといった事も必要になります。

ここぞ!という時はしっかり使って、そうでもない場合はお金の使い方をセーブするといった感じにして強弱をつける使い方も良いと思います。

お金を使い過ぎないで楽しい買物が行えるように努力するのも大切です。

 

旅行では電子マネーやクレジットカード払いを控える

国内や海外といった旅行では交通系ICカードやクレジットカードを利用する機会も多いですが、旅行中は鉄道やバスといった交通機関を利用する場合にのみカード払いを行い、それ以外は現金払いにした方がお金の使い過ぎの抑制に繋がる可能性が高いです。

 

旅行では現金払いで使い過ぎを抑制

旅行中の買物や支払で電子マネーやクレジットカードを利用する場合も多いですが、カード払いしてしまうと何故だか分かりませんが、色々とアレコレ購入してしまう傾向があります。

たぶん、これは実際に財布の中のお金が減っていないため、まだ買っても大丈夫といった感じになる事も原因の1つに挙げられるのではないか?と考えます。

実際に財布の中のお金が減ったのを確認すれば、ちょっと抑制気味にお金を使うような気分に繋がると思います。

特にクレジットカードでの買物や支払ではデビットカードと異なり、2〜3ヶ月後に請求が来るのでその場でお金が引落になりません。

このような場合だと、ついお金を使ってしまう感じになりやすいです。そのため、旅行中ではなるべく現金払いを行うようにする事でお金の使い過ぎを防ぐ事もできると思います。

 

鉄道やバスのみカード払い

現地での移動には鉄道やバスといった交通機関を利用する場合も多いです。このような場合では逆に交通系ICカードを利用した方が良いです。

現金で切符を購入するよりも交通系ICカードを利用した方がお得な割引にも繋がる場合が多いですし、利便性が良いです。

但し、駅の構内で交通系ICカードを利用して買物をするという用途では利用しない方が良いと思います。何故かというと、実際にお財布の金額が減らないので旅行中のお金の使い過ぎにも繋がってしまうからです。

どうしてもSuicaPasmoといった交通系ICカードを利用してしまうと旅行のお金を使ったという感覚ではなく、別勘定といった感じになりやすいので、実際にどのぐらいのお金を使ったのか?という部分から欠如されてしまうことがあります。

 

スポンサーリンク

 

カード払いはお金の使い過ぎに繋がる

どうして旅行中のクレジットカードや電子マネーカードでの支払が、お金の使い過ぎに繋がってしまうのか?というと、旅行に持参している財布の中の現金が減らないからです。財布の中の現金がそっくり残っていれば、まだ使えるといった感じになりやすい。

 

旅行中にカード払いするとお金の使い過ぎに

クレジットカードや電子マネーカードを旅行に持参すると便利に利用することができます。現金で買物や支払をすると煩わしい小銭が発生してしまいますから、小銭から解放されるだけでもありがたいです。

特に小銭が増えてしまうとお財布の中がパンパンに膨らんでしまいますし、重たくなってしまうのでどちらの場合でも良くないです。

それに小銭が発生するという事は1円玉も発生する事になります。1円玉は使う機会が少ないですし、使うのも面倒な感じなので、貯まっていく一方になりやすいです。

そのため、このような煩わしい小銭から解放される目的でカード払いを行なってしまう感じになります。

 

旅行では必要最低限のカード払いに限定を

特に海外旅行ではホテルの宿泊費用の支払でクレジットカードが必要になるため、旅行では最低限カード払いも必要になります。

このような場合を除いて、なるべくカード払いを行わないという意識付けで旅行を行わないと知らず知らずの内にアレコレとカード払いしている感じになってしまいます。

確かにカード払いは便利ですけど、実際に財布や銀行口座の残高が減らないと、お金を使ったという感覚になりにくいため、これもどうなのかな?といった感じになります。

どうしても旅行中にカード払いをしたいのであれば、ホテル等の宿泊費の支払はクレジットカードを利用し、それ以外の買物はVISAやJCBといったデビットカードやプリペイドカードを利用して買物をするといった対策を行った方が良いと思います。

 

コメント