旅行で鉄道バスや買物でスマホ決済を利用する時は古いスマホも貴重品

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行で鉄道バスや買物等でスマホ決済を利用する場合はスマホも貴重品!』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

スマホは日常生活の決済にも利用する

Felica搭載スマホの場合は鉄道バスにも乗車できて、買物にも利用することが出来る便利なガジェットになりますが、何故だか分かりませんが貴重品といった感じではなく、あくまでもスマホといった感じになります。

 

鉄道やバスを利用する時はスマホで乗車

鉄道やバスといった交通機関を利用する場合はSuicaやPasmoといった交通系ICカードを利用する場合が多いですが、Felica搭載スマホを利用して乗車する場合もあると思います。

このような場合ではスマホがお財布代わりに利用することが出来るため、スマホも貴重品として取り扱った方が良いのではないか?と考えます。

とはいえ、スマホの場合は貴重品といった感じではなく、便利なガジェットといった感じになるため、お財布としては考えていないのではないか?と思います。

あくまでも財布とスマホは別物という感じで取り扱っている場合が多い気がします。

 

他の電子マネーも利用する

スマホ決済を利用する場合は交通系電子マネーの用途だけでなく、日常生活の買物等で利用できるnanacoやwaon、楽天EDYといった電子マネーも利用していると思います。

また、Apple pay等を利用してクレジットカード決済も行えるため、まさに現金を持ち歩かないで済む便利なお財布スマホといった感じになります。

それなのにどうして貴重品といった感じにならないのでしょうか?とても不思議な感じになります。

 

旅行でスマホ決済する場合は貴重品として取り扱いを

旅行という場面において、貴重品というと、お金やクレジットカード、交通系ICカードといった物が貴重品として認識されますが、旅行ではスマホ決済する場合もあります。スマホは貴重品なのではないでしょうか?

 

旅行での貴重品

海外旅行での貴重品は、パスポート、お金(日本円、現地通過)、クレジットカードといったグッズが該当すると思います。

でも、海外旅行でも日常生活で愛用している便利なスマホを持参する場合が多いです。人によっても異なりますが、iPhone等の高級スマホを海外旅行に持参する場合も多いため、本体価格が高いスマホも貴重品と考えた方が良いのではないか?と考えます。

その他にも高級な腕時計をしている場合も同様になると考えます。

 

スマホ決済を行う場合は古いスマホも貴重品

iPhone等の本体価格が高いスマホを海外旅行に持参する場合では貴重品になると考えますが、本体価格が安い場合や中古スマホでも場合によっては貴重品になる場合があります。

その場合とは、スマホ決済だと思います。Felica搭載スマホの場合は電子マネーやApple pay等を利用することでクレジットカード決済も行えるため、普段の日常生活でスマホ決済を利用している場合は十分に貴重品になります。

それなのに自分のスマホは本体価格も安くて2〜3年前の機種だから大丈夫といった感じで勝手に思い込んでしまっていると痛い目に遭ってしまう可能性も否定できません。

特に旅行では日常生活とは異なる環境になるため、気の緩みや油断や隙といった事も平気で発生するので注意も必要になります。

 

スポンサーリンク

 

旅行中にスマホを利用する場合に注意する事

旅行ではスマホを利用する機会も多いですが、観光や街歩きといった場面でスマホを使う場合は注意も必要になります。特に歩きスマホは用心した方が良いです。

 

歩きスマホは要注意

歩きスマホを行うと注意力が疎かになってしまうため、他人にぶつかってしまったり、バッグの中に手を突っ込まれて盗難の被害に遭ってしまう可能性が高くなります。

自分はスマホの画面に集中している状態なので自分の視界から周囲を確認することが出来ません。このような状態で信号待ちしている場合は簡単に後ろの人に狙われてしまいます。

国内旅行では大丈夫でも、海外旅行となると話は別です。海外旅行で訪れた国や地域は必ずしも日本国内と同様 又は それ以上の治安状況とは限りません。

歩きスマホを行なっている時点で、専門家から目を付けられてしまう可能性もあります。そのようなリスクになる事は可能な限り排除した方が良いです。

 

海外旅行でスマホを手に持っている時も注意

海外旅行では歩きスマホも平気で行なってしまう場合が多いですが、停まっている状態でもしっかり持っていない場合も多いです。

画面の方に集中している状態の場合は確かに手で持ってはいますが、この状態は持っているだけといった感じの場合が多いです。

このような状況の場合は専門家に狙われてしまうと簡単に盗られてしまう可能性が高いです。そのため、海外旅行では簡単に盗られない対策も必要になります。

具体的にはそのようあ仕草を行わないのが一番最適な方法になりますが、四六時中そんなことは出来ませんから、自分なりに工夫や習慣化するしか方法はないのではないか?と思います。

 

コメント