海外旅行ではクレジットカードでお金を引き出す以外にも方法がある

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行ではクレジットカードでお金を引き出す以外にも方法がある』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行にお金を持参する方法

海外旅行では沢山のお金を持参すると、もしもの盗難のリスクが高まってしまうため、賢明の選択にはなりません。

そのため、必要最小限の現金を持参して残りのお金はクレジットカードのキャッシング機能を利用して現地のATMでお金を引き出す方法が良いと言われています。

 

クレジットカードでお金を引き出す場合

海外のATMを利用してクレジットカードでお金を引き出すと一時的にお金を借金することになります。これはどうなんでしょうか?

確かに沢山のお金を海外旅行に持参すると、もしもの盗難の被害に遭ってしまった時に困ってしまう事態に陥ってしまうリスクがあります。

だからと言って、お金を借金するというのはちょっと微妙な感じになります。というのも、クレジットカードでキャッシングすると、1日単位で利息も発生するため、旅行期間が長い場合だとちょっと宜しくないと思います。

そのため、海外旅行から帰国して直ぐに返済しないといけなくなります。でも、現実的に直ぐに返済するというのは出来るのでしょうか?

いつも海外旅行から帰って来るとバッタン休といった感じになってしまうと思うんですよね〜

 

お金を持参する場合

海外旅行に沢山のお金を持参する場合は、もしもの盗難の被害に遭わないように細心の注意を払うだけでなく、色々なセキュリティ対策は勿論のこと、盗られないように振る舞う必要も発生します。

とはいえ、個人で行えるセキュリティ対応にも限界がありますし、四六時中ずっと細心の注意を払うのは現実的に難しいのが実情です。

結局のところ、沢山のお金を持参したくない場合はクレジットカードの助けが必要になってしまう感じになります。

 

国際ブランドのデビットカードでお金を引き出す選択

海外旅行にお金を持って行く手段として、持参する場合とクレジットカードのキャッシング機能を利用するといった方法がありますが、これに加えて国際ブランドのデビットカードを利用する方法もあります。

 

国際ブランドのデビットカードとは?

VISAやJCBといったブランドが付いたデビットカードの場合はクレジットカードのように海外のATMからお金を引き出すことが出来ます。

さらには、お金を引き出すだけでなく、買物支払にも利用することが出来るので便利なカードになりますが弱点もあります。

弱点は銀行口座の残高の範囲内でしか利用することが出来ないため、予め、海外旅行に出かける前に必要な金額を入金しておく必要があります。

それだけでなく、クレジットカードが利用できる店舗の全てがデビットカードを利用できるという訳ではないため、利用できない場合もあります。

この事を承知の上で利用することが求められます。

 

国際ブランドのデビットカードのが魅力的

国際ブランドのデビットカードは魅力的に感じる部分もあります。それは海外のATMでお金を引き出す場合にクレジットカードのように一時的な借金をしないで、銀行口座の残高の範囲内で引き出すことが出来る点になります。

クレジットカードでお金を引き出すと1日あたりの利息も発生するため、海外旅行から帰国後すぐにお金を返済しないと大変なことになってしまいます。

でも、デビットカードであれば、お金を引き出したら即時に銀行口座から引落になるのでお金を使い過ぎる心配がありません。

 

スポンサーリンク

 

国際ブランドのプリペイドカードという方法もある

海外旅行にお金を持って行く手段として、VISAやJCBブランドのデビットカードを利用する方法もありますが、実はそれだけではありません。国際ブランドのプリペイドカードという方法もあります。

 

国際ブランドのプリペイドカード

VISAやJCBといった国際ブランド付のプリペイドカードであればデビットカードと同様に海外のATMでお金を引き出すことが出来ます。

予めチャージしておかなければ使えないのがデメリットになりますが、逆を言えば、チャージしておいた金額しか利用することが出来ないため、返ってその方が色々と便利です。

特に海外旅行では独特の開放感も合わさっているため、クレジットカードを使い過ぎてしまう場合もあります。

その点、チャージした分しか利用できない方が逆に安心感があります。

 

クレジットカードも必要

確かに国際ブランドのデビットカードやプリペイドカードでも海外のATMからお金を引き出すことが出来るのでクレジットカードを利用しなくても大丈夫ですが、それでもクレジットカードが必要になる場面があります。

それはホテルの宿泊料金の支払になります。デビットカードやプリペイドカードでも大丈夫なのですが、デポジット(保証金)を支払う場合が多いため、二重引落になってしまう場合が多いです。

この場合に困るのが残高不足になってしまう可能性が高くなります。そのため、ホテルの宿泊代金に関してはクレジットカードを利用した方が良いです。

また、もし万が一に帰りの飛行機に乗り遅れてしまった場合に航空券を購入する場合でもクレジットカードが必要になります。

海外旅行では、このようなまさかの展開が発生する場合もあるため、実際にはあまり利用しなくても持参しないといけません。

 

コメント