海外旅行でお金を引き出すならVISAやJCBデビットカードが良い

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行でお金を引き出すならVISAやJCBデビットカードが良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行で沢山のお金を持参するのは危ない

お金を海外旅行に持参する場合は色々な方法で持って行くことになりますが、沢山のお金を持参するとリスクを伴います。そのため、なるべくなら必要最小限の所持金に済ませたいといった感じになります。

 

海外旅行にお金を持参する場合

海外旅行にはお金などの貴重品を持参することになりますが、このお金はどのぐらい持って行けば良いのか?悩む場合が多いです。

それに加えて、どのようなグッズにお金を収納すれば最適なのか?というのも分かりづらいのも事実です。

というのも海外旅行向けの財布もありますし、似たような名称で貴重品用のセキュリティポーチという商品もあります。

さらには気の利いたポケットが多いサコッシュやお財布機能が装備されたパスポートポーチなる物まで存在します。

 

リスクを伴う

沢山のお金を海外旅行に持参するのはとてもリスクを伴います。だからと言って持参するお金を少なくすると、本当に足りるのだろうか?という部分が気になってしまいます。

ホテルの宿泊料金はクレジットカードを利用すれば良いのですが、それ以外のお金はどうなんだろう?といった感じになってしまいます。

それに、沢山のお金を持参すると、もしもの盗難の被害に遭った場合にお金を盗られてしまうリスクを伴うため、そうならないような対策も必要になります。

色々なセキュリティ対応グッズを揃えて対策を行ったりする感じになります。

 

クレジットカードのキャッシングも一長一短

海外旅行にお金を持って行く時に悩むのがどのくらいの金額を持参すれば良いのか?という部分になります。多くのお金を持参すればリスクも高くなるので避けたいところです。そんな時に便利なのがクレジットカードのキャシング機能になります。

 

所持金は最小限にする事が出来る

クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合のメリットは、海外旅行に沢山のお金を持参しなくても済むことになります。

どうしても沢山のお金を持参すると、もしもの盗難の被害に遭った時に困ってしまうため、なるべくなら現金はあまり所持したくありません。

そのような場合はクレジットカードのキャッシング機能を利用して海外のATMから必要な分のお金を引き出すことで対応したいでしょう。

この方法ならば、必要最小限のお金を持参すれば良いので貴重品の管理も比較的に軽減されます。

 

キャッシングは一時的な借金

海外のATMを利用してクレジットカードでキャッシングすると一時的に借金をすることになります。

お金を引き出すことになるので当然の事なのですが、1日あたりの利息も発生することになります。

旅行期間が短い場合であれば帰国後直ぐにお金を返済すれば良いですけど、旅行期間が長い場合はそうもいきません。特に帰国後すぐに返済できるのか?という部分が重要になって来ます。

キャッシングを利用する場合はお金を返済する場合のことも十分に考慮して利用するのが賢明です。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行のお金はVISAやJCBデビットカードが良い

海外旅行に持参するお金の持って行き方としてクレジットカードのキャッシング機能を利用する方法もありますが、国際ブランド付のデビットカードでも良いのではないでしょうか?

 

口座の残高の範囲内でしか利用できない

VISAやJCBといった国際ブランド付きのデビットカードの場合は銀行口座に入金されている残高の範囲内での利用に限定されるため、必要以上に買物や支払できないというメリットがあります。

クレジットカードの場合だと、請求が2〜3ヶ月後になるため、どうしてもアレコレ購入できてしまいますが、デビットカードであれば残高の範囲内でしか利用できないので買物等では重宝します。

とはいえ、クレジットカードではないため、カード払いが出来る全ての加盟店で利用できるとは限らないので注意が必要になります。

海外旅行でデビットカードを利用する場合は、その点を頭の隅にでも入れておく必要があります。

 

借金にはならない

VISAやJCBブランドのデビットカードを利用して海外のATMでお金を引き出した場合はクレジットカードと違って一時的な借金にはなりません。

そのため、海外旅行から帰国して直ぐにお金を返済する必要もないため、この用途で利用するのであれば国際ブランドのデビットカードの方が最適なのではないか?と考えます。

但し、国際ブランドのデビットカードを買物やホテルの宿泊料金の支払に利用する場合は注意が必要になります。

特にホテルの宿泊の場合はデポジット(保証金)を支払う場合が多いため、一時的に2重引落になる場合が多いです。

そのため、銀行口座の残高が少ないと残高不足になる可能性が高くなるため、ホテルの宿泊についてはクレジットカードでの支払が最適だと思います。

 

コメント