海外旅行に持参のお金は分散管理!財布を持たないでお金を持ち歩く

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持参のお金は分散管理!財布を持たないでお金を持ち歩く』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行にお金を持参する場合

海外旅行にお金を持って行く時にお世話になるグッズといえば、お財布になりますが、海外という特別な場所になるとセキュリティ性能を求める必要も発生します。どのようにお金を持参するのが最適なのでしょうか?

 

財布を持参する

スキミングに対応して金属チェーンを装備している海外旅行に特化した財布やセキュリティポーチといったお財布に準じる機能を持つミニバッグを海外旅行に持参して、お金の管理を行う方法もあります。

どちらの場合でもセキュリティ性能が高いのでとても魅力的なグッズになりますが、どちらの場合も完璧というグッズは存在しないため、自分なりに工夫して持参することになります。

また、パスポートを収納できるケースにもお財布機能が装備されている物もあるため、海外旅行用の財布といっても色々な種類が有ることになります。

どのグッズが最適なのか?は実際に使ってみて判断することになる場合が多いのが実情だと思います。

 

クレジットカードのキャッシングを利用

海外旅行にお金を持参する時に悩むのが、どのぐらいのお金を持って行けば良いのか?そのお金はどのように管理すれば良いのか?という部分になります。

所持金が多いと、もしもの盗難の被害に遭った場合に困ってしまう状況に陥ってしまうので、あまり多い金額を持参するのには抵抗を感じます。

このような場合に重宝するのがクレジットカードのキャッシング機能になります。お金は最低限必要な金額だけ持参すれば良いのでリスクも最小限にすることが出来ます。

とはいえ、基本的にキャッシングは借金になるため、海外旅行から帰国したら、直ぐにお金を返済しないといけません。

 

海外旅行に財布を持たない選択も有り

海外旅行にはセキュリティ性能が高いグッズをお財布として利用する場合が多いですが、必ずしも財布や財布に準じるグッズを利用するとは限りません。人によっては財布を持参しないという場合もあります。

 

財布を持たない選択

海外旅行でお財布を利用する場合に困るのが、財布の中にお金があまり入っていない場合でも、会計等でお財布を取り出すと、財布を見せびらかしてしまう事になります。

国内であれば別に気にすることでも無いですが、海外となると話は別です。たとえお金が全く入っていない場合でもお財布を見せびらかす事によってリスクも伴います。

そのため、海外旅行にはお財布は持たないという選択になる場合もあります。お財布さえ持たなければ、衣類やズボンのポケットから取り出すという選択になってしまうので、この方が場合によっては良いかも知れません。

でも、この方法だったとしてもそれなりに注意は必要になると思います。

 

衣類のファスナーポケットを財布代わりに

お財布を持たない場合では、サブバッグをお財布代わりに利用する 又は ウィンドブレーカー等のジャケット衣類のファスナーポケットを財布代わりに利用するという方法になると思います。

どちらの場合でも会計でお財布を見せびらかすという事にはならないため、魅力的に感じます。

それに、両替した全てのお金を1箇所で管理する訳ではないため、それなりにリスクを分散することも出来るので良さそうに感じます。

でも、蒸し暑い夏場の季節では薄着になる場合の方が多いので、この方法は難しい感じです。上着ジャケットを着ても問題ない季節じゃないとダメかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行ではお金を分散管理

お金や貴重品を海外旅行に持参する場合に注意したいのが、もしもの盗難対策になります。細心の注意を払っていたとしても色々な事情で盗難の被害に遭ってしまう場合があります。

 

分散管理した方が良い

お金をアチコチに分散して管理した方が良い理由は、ズバリもしもの盗難対策になります。分散しておけば、盗難の被害に遭った場合に被害を最小限に食い止めることが可能になるからです。

但し、あくまでも最小限に食い止めるのが可能というレベルになります。これはどうしてなのか?というと、分散しても簡単に盗られてしまうような場所で管理していると、全部盗られてしまう可能性もあるからです。

お金を分散したからといって安全でもないのです。お金を分散したら、どうやって管理するのか?どうやったら守れるのか?というのを何とかしないと大事なお金を守れません。

そのため、お金を分散管理するのであれば、自分が管理できる数はいくつなのか?分散したお金は何処で管理するのか?というのを決めないといけません。

 

分散管理の盲点もある

貴重品等のお金を分散管理する場合の盲点は分散しても盗難の被害を最小限に食い止めることが出来ない可能性があるということになります。

誰しも、海外旅行ではお金を分散すると思いますが、残念ながら専門家に狙われてしまったら、どんなに対策を施しても太刀打ち出来ません。

専門家は瞬時に判断する能力に長けていますから、パッと見た時に隙がないようにしておくしか方法がない感じです。

海外では、どの場面でも隙を見せてしまうのは良くないという事になります。なかなか難しいですが、頑張るしかないのが実情です。

 

コメント