海外旅行に持参のお金は分散管理!意外と気づかない盲点の注意と対策

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持参のお金は分散管理!意外と気づかない盲点の注意と対策』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行にお金を持参する場合

お金や貴重品を海外旅行に持参する時に悩むのが、どのように管理すれば良いのだろうか?という部分になります。海外は国内と違って治安状況も異なりますから不安になってしまうことも多いです。

 

お金はどのように持参するのか?

海外旅行にお金を持って行く時に悩むのが何分割して持参すれば良いのか?ということになります。お金を1箇所で管理するのはリスクを伴うため、いくつかに分散した方が良いというのは理解できるのですが、いくつにすれば良いのか?で悩んでしまいます。

お金を分散すればするほど管理が大変になってしまいますし、分散が少ないと盗難の被害に遭ってしまった時に痛手も多くなってしまいます。

どの程度ならば大丈夫なのか?という明確な数が分からないため、悩みも増えてしまうことになります。

 

お金はどうやって管理するのか?

基本的に海外旅行に持参するお金は分散管理になりますが、分散する箇所は何個が正解というのはありません。

自分が管理できる範囲内で分散するのが正解になるのではないか?と考えます。管理できる個数というのは自分しか分からない部分なので実際に旅行に行く前に小旅行等で実践してみるのが賢明です。

ぶっつけ本番にならないようにした方が良いです。一度、実践してみると、色々と不都合というのが発見されてしまうため、本番での旅行時に修正することが出来ます。

修正できる部分は修正して楽しい海外旅行を満喫したいものです。

 

お金を持参する場合の盲点が海外旅行にはある

海外旅行にお金を持参した場合に限らず、どの場面でも自分では気がつかない盲点というのが存在します。この盲点を何とかしない限り、自分の大事なお金や貴重品を守ることは難しくなります。

 

空港で両替する場合の盲点

海外旅行では現地の空港でお金を両替する場合もありますが、必ずしもこの選択が良いとは限りません。

主要通貨であれば日本でお金を両替した方がお得になります。それに対して主要通貨でない場合は現地の国際空港でお金を両替した方がお得になります。

特に主要通貨でない国や地域に旅行する場合は日本国内でお金を両替すると手数料分が高くなってしまいます。

手数料の負担を限りなく小さくしたい場合は現地の国際空港で両替するように心掛けた方が賢明です。

 

空港からホテルに移動する場合の盲点

現地の国際空港でお金を両替した場合にも盲点があります。海外旅行では基本的にお金を分散管理することになりますが、両替した直後にアチコチに分散することは出来ません。

このような分散作業を行う場所としては宿泊するホテルに到着してホッと一息ついている時に行うのが最適です。

ということは、空港でお金を両替した後から宿泊するホテルに移動するまでの間はお金が1箇所に纏まってしまっているという事になります。

これは非常に危ないのではないか?と考えます。この盲点をどうにかして潰さないと自分のお金を守ることは難しいです。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行ではお金を持参する場合の盲点への対策を

海外旅行では色々な盲点がありますが、このような盲点を1つずつ確実に潰して行くことも必要になります。とはいえ、自分では気がついていない盲点をどのように潰せば良いのでしょうか?

 

自分では気がつかない盲点への対応

自分が見ている視点でいくら考えていても盲点を見つけることは出来ません。見る角度を変えてみたり、視点をアチコチにずらしてみることも必要になります。

もしくは、家族に協力してもらう事も必要になるのではないか?と考えます。自分では見つけられないのですから、家族に見つけてもらうのが最良の選択になります。

自分では完璧だと思っていても、他の人から見れば、欠陥だらけということも普通にあるため、他の人の視点に立って物事を見るということも必要になります。

そのようにして1つずつ確実に盲点を潰して行くのが良いと思います。

 

両替したお金の分散管理と対策

海外旅行ではお金を複数箇所に分散して管理することも必要になります。自分では気がつか位盲点への対策にも繋がるため、最適な方法になります。

とはいえ、両替したお金を直ぐに適当な場所に分散するという離れ業を行うのは難しいため、それなりに対策も必要になります。

確実に個室になれる場所といえばトイレになりますが、トイレでお金を分散するという方法も十分に有りなのではないか?と思います。

でも、逆に置き忘れてしまうというリスクを併せ持つため、トイレも一長一短があることになります。そうなって来ると、両替する場所を分けるということも必要になるのかも知れません。どの方法も完璧というのが存在しないため、悩みは大きくなります。

 

コメント