海外旅行に持参のお金は効率的に使い計画的に余らせて残す選択も必要

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持参のお金は効率的に使い計画的に余らせて残す選択も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参するお金

旅行にはそれなりにお金を持って行くことになりますが、旅行中に足らなくなってしまうというまさかの展開にならないようにしないといけないため、少し多めにお金を持参する場合が多いです。

 

旅行に持参するお金は使い切らないのが良い

お金は有限なので、たとえ旅行に持参するお金だったとしても使い切ってしまうような使い方は良くないと考えます。

少しでも残すことが出来れば次回の旅行代金に充当することも出来ますし、旅行グッズの購入や外国語学習の費用に充てることも出来ます。

これがお金を全て使い切ってしまったり、小銭だけ残ってしまうような使い方の場合だと次回の旅行や自分への投資に役立てることも出来なくなってしまうので決して良い判断とは言えません。

計画的に旅行のお金を余らせることも必要になると考えます。

 

お金を使い切ると良くない場合もある

旅行に持参したお金を使い切ってしまって困る場合もあります。どのような場合に困るのか?というと、買物や支払といった事でお金を使い過ぎてしまって足らなくなってしまう場合があります。

このような場合だとクレジットカードに頼ることになりますが、カード払いをすると、請求は2〜3ヶ月後になるため、請求先の銀行口座が生活費と同じ口座の場合は残高不足に陥ってしまう可能性が高くなります。

それに旅行後は感心が徐々に薄れてしまうため、2〜3ヶ月も経過すると忘れてしまう場合もあります。

最初は少し多めに入金しておけば良いと考えていても、時間が経過すればするほど、忘れてしまいやすいです。

 

旅行中は計画的にお金を使うことも必要

旅行にお金を持参したは良いけど、途中でお金が足らなくなってしまう場合もあります。買物や支払をし過ぎてしまったり、根本的に1日の予算の大枠を間違えてしまったりすると、このような展開に発展する場合があります。

 

旅行は羽目を外しやすい

国内や海外といった旅行では趣味として旅行を楽しむ場合と日頃の疲れやストレスを発散する目的の場合があります。

趣味として楽しむ場合であれば、計画性もあるため、旅行中にお金が足らなくなってしまうようなことは有りませんが、ストレス発散目的の場合は足りなくなってしまう場合もあります。

毎日の疲れやストレスの溜め具合によっても異なりますが、羽目を外しやすい感じになります。現地の美味しいグルメをアレコレと食べてしまうことも多くなるため、金銭感覚がちょっとズレてしまうこともあります。

旅行ではストレス発散目的だったとしても羽目を外さないように計画的にお金を使うことも必要になります。

 

旅行では計画的にお金を使う

旅行に出かける前には旅行プランを練ると思います。プランを練らないと1日の大枠の予算にも影響を及ぼすことになるため、無計画な旅行になってしまいます。

ざっくり○万円のお金を旅行中のお小遣いにすればOKといった感じだと計画的にお金を使うことが出来ません。

少なくとも1日あたり、どのぐらいのお金を使うのか?という予算の大枠を決めておかないと、旅行中にお金が足らなくなってしまう場合もあります。

旅行では随所にお金を使う場面が訪れるため、アレもコレもといった感じなるのは良くないです。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行に持参するお金は使い切らないで残す選択を

海外旅行に持参したお金は残らないように使い切るという選択もありますが、この選択は決して良いとは限りません。計画的に残す選択が良いのではないか?と考えます。

 

持参するお金は計画的に残す

海外旅行に持参するお金は大きく分けて2種類になります。国際空港で両替するお金両替しないお金の2つになります。

旅行に持参したからといって全てのお金を現地の通貨に両替する訳ではありません。最低限の日本円は残しておくことになります。

そうしないと、旅行中にお金が足らなくなってしまった場合への備えがないと困ってしまうからです。

たいていの場合は足らなくなってしまうというのは少ないと思いますが、読みを間違えたり、お金を使い過ぎると足らなくなってしまう場合があります。

 

計画的に残したお金の使い道

計画的に残すお金は最低限必要になるお金になります。つまり、両替しないで日本円として保管しておく分ということになります。

このお金は何もなければ必ず残ります。何かあると残らないで使ってしまうことになります。

何かとは? それは悪天候等で飛行機が欠航したり、帰りの飛行機に乗り遅れてしまった場合になります。

海外旅行では、このようにまさかの事態への備えも必要になるため、帰りの飛行機に搭乗できるまでの滞在費も必要になります。

使わなければ、次回の旅行の費用に充てれば良いので計画的に残しても無駄にはならないと思います。

 

コメント