海外旅行で余ったお金の使い道は英会話等の外国語学習の費用に充てる

貴重品お金

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行で余ったお金の使い道は英会話等の外国語学習の費用に充てる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参したお金が余った場合の使い道

海外旅行には旅行中に楽しむお金を持参することになりますが、このお金は必ず使い切ってしまっているのでしょうか? それともわざとお金を残すようにしているのでしょうか?

 

お金を使い切ってしまうのは良くない

海外旅行に持参したお金を旅先で全て使い切手しまうのは良くないと考えます。何故なら、海外旅行の場合は飛行機を利用するためです。

飛行機は悪天候の場合は欠航になってしまう場合がありますし、空港のシステムトラブルでも同様の可能性があります。

このような場合、帰国が遅れることになるため、帰りの飛行機に搭乗できるまで現地に滞在することになります。

両替したお金を使い切ってしまうと滞在費用が無くて困ってしまうでしょう。

 

使い切らない対策も必要

基本的には旅行に持参したお金は旅行で使い切ってしまってもOKという考え方になりますが、あえて使い切らないで残すという選択もあっても良いと思います。

お金を使い切ってしまえば十分に満足できるかも知れませんが、わざと使い切らないで余ったお金を何かの用途に利用するという選択をすることも出来ます。

この場合であれば、他の用途で使ってしまっても旅行に持参したお金なので、旅行で全て使い切ってしまったと考えれば良いのです。

このように考えることで、余ってしまったお金を他の用途で活用することも可能になります。

 

旅行で余ったお金は外国語学習に充てるのも1つの方法

海外旅行に持参したお金を再両替して自宅に保管していると、様々な誘惑にさらされてしまうので次回の旅行まで大事にとって置くというのも難しくなります。それならば、いっそのこと、外国語学習の費用に充てるのも良いと思います。

 

外国語学習

ひとえに外国語学習といっても色々あります。通信教育で勉強したり、参考書や書籍を購入して自学する方法もあれば、外国語教室で勉強するといった方法もあります。

このような外国語学習の費用は年間を通すと意外と大きな金額になってしまいます。それならば、海外旅行に持参したお金で余ってしまった金額をこのような外国語学習の費用に充てるのも良いのではないか?と考えます。

外国語を学習すれば海外旅行で役立てることが出来ますから、自分にもプラスになりますし、今までは一般的な知識しかなくて旅先の美味しい穴場グルメを食べることが出来なかったけど、現地の人と会話することにより、このような穴場スポットやグルメの情報を得ることも出来るようになります。

そのため、旅行で余ってしまったお金を自分のために投資するという方法も十分に検討の余地があると考えます。

 

外国語関連書籍の購入

どこにも外国語学習の教室に通学しない場合では色々な関連書籍を購入して自己学習することになる場合が多いです。

特に書籍の場合、基本的に定価での購入になるため、1冊あたりの金額は高かったりします。この書籍の数が増えれば増えるほど、書籍購入費用を圧迫することになるため、お小遣いにも影響を及ぼします。

それならば、旅行で余ってしまったお金を外国語学習の書籍購入に充てるのも良いと思います。自学の場合、本当は教室に通いたいけれども近くに無い場合や時間の都合上どうしても難しいという場合も含まれます。

様々な事情で自学になる場合もあるため、書籍はちゃんとした物を購入したいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行が趣味なら英会話や外国語教室の費用に

外国語学習は自己学習だけではありません。英会話教室などの塾に通う場合もあります。専門塾の場合は自学よりもお金が掛かるため、なかなか手が出せれない感じになる場合もあります。

旅行で余ってしまったお金は、このような塾の費用に充てるのも良いと思います。

 

英会話教室等の塾の費用に充てる

外国語会話といえば英会話になる場合が多いですが、趣味で勉強するのであれば英会話でなくても問題ありません。

よく旅行で訪れる国や地域の言語を勉強するのが賢明の選択になります。もし、英会話でない場合は書店で自分が勉強している言語の書籍を見つけるのも難しい場合があるため、外国語学習の塾に通学するのも1つの方法になります。

このような塾に継続して通学すれば少なくとも旅行で会話できるぐらいに上達することも可能になるため、効率的に勉強することが出来ます。

でも、効率的にだからこそ、それなりのお金も掛かってしまう事になるため、費用のやりくりも必要になります。

このような場合は旅行で余ってしまったお金を充てるのが最適です。

 

家庭教師の費用に充てる

外国語を学ぶ場合は学習塾とは限りません。仕事や通学、近くにないといった場合があるため、必ずしも学習塾という選択が出来ない場合もあります。

このような場合に重宝するのが家庭教師です。自宅の近くにある最寄駅のCafeやファーストフード等で外国語を教えてもらうという方法が良いと思います。

Cafe等で学ぶ場合は学習塾よりも費用を抑えることも可能になりますし、最寄駅でネイティブな会話を勉強することが出来るので通学が大変になってしまうという感じにはならないです。

 

コメント