スマホ脳トレ3DゲームアプリMekoramaでシニアの認知症対策

スマホ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の認知症対策として、スマホの脳トレ3DゲームアプリであるMekoramaを活用してみては如何?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の認知症予防

老後の認知症予防には色々な方法が紹介されていますが、どの方法が一番効果があるのか?は正直のところ分からないのが実情です。

そのような効果が期待できる物を食べたり、実践したりして試行錯誤を繰り返す感じになるのではないでしょうか?

 

認知症の予防には脳トレ

認知症の予防には脳トレが良いとされています。脳を使うことによって脳をを活性化させることが出来るからだと思います。だからと言って、ただ脳を使ったとしても活性化させることは出来ないでしょう。悩んだり考えたりすることで脳を使って脳の機能を高める必要があります。

一般的には書き取りや計算、パズルを行なって思考・判断・記憶を高めると良いトレーニングになると言われています。

物を書くには脳に記憶している情報を引き出す必要がありますし、計算やパズルは物事を考えたり判断したりするでしょう。このような脳のトレーニングを日常的に行なって認知症を予防できれば良いと思います。

 

脳トレにはアプリが良い

日常生活の必需品であるスマートフォンには色々な魅力的なアプリが豊富です。その魅力的なアプリの1つに脳トレもあります。

スマートフォンであれば、いつでも携帯していると思いますので、暇な時間にでもアプリで脳トレすることが出来ます。

但し、スマートフォンで脳トレする場合、若い方であればスマートフォンの小さな画面でも問題ないのですが、高齢者の場合はスマートフォンよりもタブレット端末の方が良いのでは?と考えます。画面サイズが大きい方がパズル等を行うには見やすいと思います。

 

オススメのアプリは3DパズルのMekorama

認知症予防に効果が期待できる脳トレのアプリとしてパズルだけでなくアクション要素も加味したアプリがあります。Mekorama というロボットを操作してゴールを目指すゲームなのですが、簡単にはゴールできない難しさ。

色々な角度から確認してみたり、拡大やパーツを移動してゴールを目指すゲームです。一見すると簡単なイメージなのですが、実際にやってみると難易度が上がる度に難しくなって来るため、脳トレにはちょうど良いと思います。

子供から高齢者まで遊べるゲームといった感じです。

 

Mekoramaの良いところ

① ジオラマ風の3Dパズル&アクションゲームなので表示がロボットが可愛い。

② オフラインで遊ぶことが出来るため、機内の暇つぶしでも利用できる。

③ パズルをクリアする度に難易度が上がるため、考えるようになる。

④ 日本語の説明はないため、パズルを見て判断する必要がある(判断力をトレーニングすることが出来る)

⑤ 全てのパズルをクリアしたら、自分でパズルを作ることも出来る。

⑥ ゲームなので楽しめる。

 

Mekoramaの操作は?

日本語の操作説明はないので慣れるまで触って覚える感じになる。お年寄りの方に教える場合は、操作方法や各パーツがどのように動くのか?を説明してあげた方が良いと思います。

この説明がないと、このゲームは面白いよ!といっても難しく感じてしまうでしょう。少しでもハードルを下げてあげる配慮も必要だと思います。

 

Mekoramaが脳トレに良いのか?

基本的に3Dパズル&アクションゲームなので、指でタッチ(タッチペンも含む)して操作することになります。状況によっては画面を拡大したり回転させたりしないとゴールさせることが出来ないため頭だけでなく指も使います。

各面をクリアすると難易度が上がりますから、場合によっては何回やってもクリアすることが出来ないことも有るでしょう! クリアするためにはどうすれば良いのか?も考えるようになりますから、脳のトレーニングにはもって来いだと思います。

 

スポンサーリンク

 

難しくて諦めた場合でも楽しめる

このMekoramaにはパズルで遊ぶ機能と自分でパズルを作る機能を併せ持っています。基本的には頑張って最後のパズルまでクリアして欲しいのですが、途中で難しくてクリアできないといった感じで壁にぶち当たってしまうこともあるのでは?

同じ面をずっと状況が続くと挫折して他のアプリに乗り換えるといった感じになるのでは?そのような場合には自分でパズルを作ることも出来るので別の楽しみを行うことが出来ます。

ゲームに飽きてしまった場合の対策も同時に行えるのが良いと思います。

 

オリジナルのパズル作成

自分でパズルを作るにしても操作方法が難しかったりすると、これまた諦めてしまう場合があると思います。でもこのアプリは各パーツをタップして置いて行くイメージで作っていくため、難しいという要素はありません。

実際に作るのであれば、設計図(絵)が有った方が良いと思います。どんなイメージのパズルを作るのか?という絵が有った方がイメージしやすいです。

可能ならば、タッチペンが有った方が良いのでは?と思います。

 

旅行のスマホ活用!3DパズルMekoramaは機内モードで遊べる
皆さん こんにちは! 今回の記事は『スマホの機内モードで遊べるゲームの3DパズルMekoramaを使って退屈な空の旅を少しでも快適に過ごす』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いで...

コメント