老後の年金生活で定期的な運動を行う場合は水分の摂取には気を付ける

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活で定期的な運動を行う場合は水分の摂取には気を付けた方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活では早寝早起きになる

働いている内は早寝早起きといった感じではなく、遅寝早起きになっている場合の方が多いと思います。でも定年退職後になると、不思議と早寝早起きという生活スタイルに変わって来ます。

 

老後になると早寝早起きの生活になる

定年退職後になると今までが嘘のように早寝早起きの生活スタイルに変わっていきます。というのも、今までは残業等で帰宅が遅くなっていたこともあり、必然的に就寝時間が晚くなっていたのも影響していたと思います。

会社を定年退職すると、仕事がないですから夜の時間も有意義に過ごせるようになります。その結果、今まで出来なかった早寝早起きも出来るようになります。

でも、あまり早く起きないように心がける事も必要になります。

 

早寝早起きで困ること

早く寝れば当然の如く、早く目が覚めてしまうのが悩みでもあります。このような習慣になってしまうと、段々と早く起きる時間が早まってしまう可能性が高くなります。

その結果、睡眠時間が徐々に削られてしまい、働いている時とそんなに大して変わらないといった感じの睡眠時間になってしまう場合もあります。

これでは何の為に仕事を退職したのか?分かりませんから、少なくとも21時に就寝したら、しっかり7〜8時間寝る習慣を徹底する事が求められます。

とはいえ、BS放送といったサービスを利用している場合では朝の4時頃に見たい番組がやっている場合が多いので、それを見る為に早起きするといった習慣になってしまう場合も多くなります。

このような場合では、この時間帯に起床するのではなく、録画して昼間に見るといった生活に改める必要があります。

 

老後は朝食前に運動をする場合も多い

早寝早起きをしている場合では朝食前に運動を行う場合もあります。朝の内であれば気温も低いので運動しやすい環境の場合もありますが、それは夏場だけです。冬のシーズンでは気温も低いので起床後の運動は控えた方が良いです。

 

起床後に運動する場合の注意事項

蒸し暑い夏場の場合であれば、朝食前に運動するのも良いと思います。特に蒸し暑い夏場の場合では朝の内の時間帯が比較的に涼しい場合が多いため、定期的な運動を行うには丁度良い時間帯になります。

とはいえ、涼しい時間帯だからといって、夜が明けない暗い内から運動するのは危ないのでやらないようにしないといけません。

というのも早朝といった場合では、あまり車も通っていない時間帯でもあるため、スピードを出して運転しているドライバーも多いです。

早朝の時間帯に事故に遭ってしまう場合もあるため、日が出て明るくなってから運動に出かけるようにしないといけません。

 

あまり早い時間の運動は控える

スピードを出しているドライバーも居て事故に遭ってしまう可能性も否定できませんが、それ以外にも注意しないといけない事があります。

自分ではあまり気が付かないかも知れませんが、自宅を出発する時にドアの開け閉めをいつも通りに行なってしまっている場合も有ると思います。

もし、そのような事を行なっている場合は近所迷惑を行なっている可能性が高くなります。特に朝の時間帯は小さな音でも響くので近所に対して迷惑を掛けているかも知れません。

玄関のドアの開け閉めは十分に注意した方が良いです。そのため、皆さんが起きている時間帯に出かけた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

起床後の運動は水分補給に気をつける

老後になるとあまり水分補給をしなくなるうようで、水分補給には気を付けた方が良いです。コーヒーを1日3杯以上飲んでいるから問題ないとか思い込んでいると良くないです。

 

コーヒーは水分補給に繋がらない

必ず1日3杯以上のコーヒーの飲む週間になっている場合では、お茶などの水分補給をしなくなる感じになりやすいです。

特に老後の生活では加齢による影響もあるようで、水分補給して下さいという指令が鈍くなる感じになります。

脳からの指令が鈍くなっているので自分ではコーヒーを毎日3杯飲んでいるから水分補給をしなくても大丈夫といった感じで勝手な解釈を行なってしまう事になります。

でも、コーヒーというのは利尿作用を高める効果があるので、コーヒーを飲んだからといって水分補給には繋がらないのです。

この事を理解しておかないと蒸し暑い夏のシーズンでは熱中症のリスクを自ら高めてしまう可能性も否定できません。

 

起床後に水分を摂取しないで運動は行わない

一晩寝ると寝ている内に汗を掻いているので起床後は水分が不足している状態になります。この状態で朝の定期的な運動に出かけると健康によくないです。しっかり水分補給してから出かけるようにしないといけません。

自分では何も飲まなくても大丈夫だろう?という勝手な解釈を行なってしまう場合も多いため、こまめに水分補給する習慣にしておく事が求められます。

特に老後の生活では、自分の考え方が全て正しいといった感じになりやすいため、周囲の意見に対して、あまり耳を傾けないといった感じになりやすいです。

自身の健康は自分だけで管理する事は出来ませんから、家族の意見に対して耳を傾けるようにした方が賢明です。

 

老後の年金生活では生活水準を妥協できる範囲まで落とす暮らしも必要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『老後の年金生活では生活水準を妥協できる範囲まで落とす暮らしも必要』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 老後の年金生活では...

 

コメント