老後の年金生活では耳の健康も悪くなる為イヤホン等は使わない選択を

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活では耳の健康状態も衰える為イヤホンやヘッドホンは使わない生活の心がけを』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活では耳の健康状態が衰える

老後の暮らしで気を付けた方が良いのは耳の聴こえになります。耳の聴こえが悪くなると相手との会話にも話に付いていけないといった感じになりやすいので耳の健康にも配慮した生活というのは大切だと実感する事になります。

 

老後の世代になると耳の聴こえが悪くなる

老後になると耳の聴こえも徐々に悪くなる場合が多いですが、その進行速度は早める事もできますし、逆に遅くする事も可能になります。

これは毎日の生活が大きく影響しているので、毎日のように耳の健康状態に配慮した生活を行っていれば、可能な限り進行を遅くする事に繋がると解釈する事が出来ます。

毎日のように利用している悪影響を及ぼす物といえば、イヤホンヘッドホンになります。この利用を控えるなどの生活を心がける事も必要だと考えます。

利用する場合は可能な限り最小限の小さな音量で聴くようにする事が求められます。これでは使っても意味がないですから、結局のところ、利用しない方が良いと思います。

 

補聴器も必要

老後の年金生活にもなると、耳の健康状態も悪くなるので相手との会話といった場合でも、この人は何を言っているのだろうか? や テレビの音量が小さくて全く聴こえないといった感じになりやすいです。

このような場合に有ると便利なのが補聴器になります。補聴器の場合では小さな音量えでも大きく聴こえるようになるので相手との会話も行いやすくなるメリットがある反面、デメリットも発生します。

そのデメリットは何なのか?というと、いかにも私は補聴器を利用していますと分かってしまう事になります。

これは流石にちょっと嫌だな〜と感じる場合が多いです。購入するのであれば、表から見えづらい物を選択したいものです。

 

耳の聴こえが悪くなると弊害も発生する

老後の世代になると、身体にも衰えが目立つようになりますが、その内の1つが耳の聴こえも悪くなる事になります。耳の聴こえに関していえば生活に密接に関わって来るため、最優先に考えないといけない問題でもあります。

 

何を喋っているのか?分からない

耳の聴こえが悪くなって困る事は家族を含めて、相手が何を会話しているのか? さっぱり分からない事です。

自分では聴き取れないので、話を聴いているように合わせる仕草を行なったり、どうせ聴いても分からないので無関心になりやすい傾向が高くなります。

このような場合だと、確実に自分だけの世界に入り込んでしまう事に繋がるため、孤独化が進行してしまう事になります。

老後はどうしても孤独になりやすい傾向が高いので、孤独にならないように自分から努力する事も大切です。

でも、残念ながら、年齢を重ねれば重ねるほど、頭の中の柔軟性も衰えるので自分の考えが正しい!といった感じになりやすいです。このようにならないようにする事も大切です。

 

テレビは大音量になりがち

老後の生活では耳の聴こえが衰える事もあり、テレビの音量は大音量になりがちになります。家族から注意されてしまう事も多くなるのが実情になのではないでしょうか?

自分では小さい音量に感じるので、自分にとって最適な音量を設定する感じになりますが、それは家族が普段視聴している音量ではないため、そのように注意されてしまう事になります。

でも、それでは自分は全く楽しめない事になるので、ストレスも溜まってしまう事になります。老後のストレスは健康にも悪影響を与えるので注意が必要です。

だからといって、指摘されてしまうぐらいの大音量というのも良くないです。そのため、必要に応じて補聴器を購入する事が求められます。

とはいえ、補聴器は抵抗を感じる場合も多いですから、自分に合った物を見つけるまでが大変かも知れません。

 

スポンサーリンク

 

イヤホンやヘッドホンを使わない老後の年金生活を

老後の世代になると耳の聴こえの状態も悪くなりますが、趣味等でイヤホンやヘッドホンを使う機会もあります。このような状態では確実に大音量になっている場合が多いです。

 

老後の生活でもヘッドホンを利用する

老後の生活でも趣味が音楽や動画視聴といった場合ではイヤホンやヘッドホンを利用する場合があります。

特にYoutubeなどの動画閲覧サイトを毎日のように視聴している場合では、パソコンにヘッドホンを接続して利用する人もいます。

ヘッドホンを利用して動画を視聴するのは別に構わないのですが、音漏れが発生している事に自分では気が付いていない事がよくあります。

周囲の人に聞こえるぐらいに大音量になっている事も珍しくありません。自分では聴こえないから、どんどん音量を上げてしまう事になります。

こういう事を繰り返していたら、どんどん耳の聴こえも悪くなるので、老後の生活ではイヤホンやヘッドホンの利用は控えた方が良いと考えます。

 

毎日の老後生活ではヘッドホンを使わない生活を

毎日のように動画視聴やポータブル・ミュージック・プレーヤー等を利用している生活になっている場合ではイヤホンやヘッドホンを使っている場合もあります。

特に老後の趣味として外国語学習を行っている場合ではウォークマンなどの音楽再生プレーヤーを利用している場合もあるのでは?と考えます。

イヤホやヘッドホンを利用すると、確かに自分にとって最適な音量を維持する事が出来ますが、同時に自分の最適な音量に設定してしまうので、大音量になってしまう場合が多いという弊害も発生します。

老後の生活では、これは良くないので、利用しない選択を心がけた方が賢明です。それこそ、補聴器を利用して小さな音量で聴くようにする選択を行なった方が良いと思います。

 

老後の年金生活で定期的な運動を行う場合は水分の摂取には気を付ける
皆さん こんにちは! 今回の記事は『老後の年金生活で定期的な運動を行う場合は水分の摂取には気を付けた方が良い』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 老後の年金...

 

コメント