巧妙な手口の詐欺が多いので老後の年金生活では老後資金詐欺に注意を

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『巧妙な手口の詐欺が多いので老後の年金生活では老後資金詐欺に注意を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活にはお金の心配もある

老後の暮らしは第二の人生でもありますが、この第二の人生を有意義に過ごすには、それ相応のお金が必要になります。老後の生活費はどのぐらいあれば良いのでしょうか?

 

老後生活費が十分なのか?

老後の年金生活では基本的には受け取った年金で生活することになりますが、受け取った年金だけでは足らない場合もあります。

このような場合では老後の蓄えとして貯めていた預貯金が頼みの綱になりますが、十分な預貯金がないと、老後の長い生活が大変になってしまいます。

だからといって、どのぐらいの金額があれば良いのか?というのも分からないのが実情です。分かっているのは限りなく多くの金額を準備しておくといった感じになります。

 

年金だけで暮らせるのか?

老後の年金生活では受け取った年金だけで生活する事ができるのか?という問題も気になります。

私達が年金を受け取る年齢に到達した場合に、現在の水準で年金を受け取ることができるのか?というのもありますし、受給年齢が上昇していないだろうか?という問題もあります。

どちらの場合でも変動している場合は、老後の蓄えを減らしてしまう事になるので心配や不安も多くなってしまいます。

 

巧妙な手口の詐欺が多いのも悩みのタネ

老後の年金生活では詐欺や商法の被害に遭ってしまう可能性も高くなります。高齢者を専門にしている詐欺集団も多いので、個人レベルでは対応できない場合もあります。

 

親族や公務員を騙った詐欺

自分の老後資金は本来ならば自分や伴侶が老後の年金生活で利用するために貯めた大事なお金になります。

この大事なお金を狙って子供や孫といった親族や警察官などの公務員、銀行員等を騙って電話を掛けてきて、お金を振り込ませる詐欺の被害が多いです。

手口として、こちらに考える余裕を与えずに話しまくるので本人に確認することも出来ない状態に陥ってしまいます。

このように追い込まれてしまうと、本当なんだな?といった感じで振り込みの行動を行なってしまう場合が多いです。

こちらに考える余裕を与えない会話の仕方は怪しいですから普段から子供や孫とは電話で良いので連絡をとっておくのが賢明です。

特に孫は年齢が高くなればなるほど、寄り付かなくなるので状況が全くわかりません。

 

色々な商法があるので対応できない

老後資金を狙った詐欺も多いのですが、もう1つ注意しないといけない事があります。それは高額な商品を買わせる商法や契約になります。

最初のうちは、とても安い価格で商品をキャンペーン価格と称して販売しておき、2週間といった単位で高額な商品を説明販売する感じの商法があります。

ショップにお客さんに集まってもらい、そこで自身の体験談を織り交ぜながら説明するので共感を呼んでしまうのです。本当に体験しているのか?は説明者本人のみぞ知る領域です。

怪しいとは思っていても既に共感している状態なので、桁違いの商品だったとしても購入してしまうのです。

これはもう、共感しないように日頃から努力するしか方法がない感じになります。

 

スマホの契約も注意

高齢者を狙ったスマホの契約もあります。本来ならばスマホだけで良いのに、何だかんだ理由をつけて、タブレット端末買わせる手口もあります。

しかも、最新型のタブレット端末ではないのにバッチリ定価販売設定手数料を請求する始末。

自分ではしっかりしているから大丈夫だろうと考えている場合は余計に、引っ掛かりやすいです。

 

スポンサーリンク

 

老後資金詐欺からお金を守るには自分だけでは難しい

自分の老後資金を詐欺や色々な商法から守るには残念ながら自分だけでは対応する事ができません。巧妙な手口もその内の1つになりますが、それ以外にも色々あります。これを一人で対応するのは困難です。

 

老後資金詐欺がらお金をも守るのも大変

自分や家族の老後資金を詐欺や色々な商法の魔の手から守り抜くというのは難しいです。しかもこれを一人で行うのは尚更です。

色々な対策は施してみるけど、どれをとっても中途半端な対応策になってしまうのが実情なのでその隙を突くパターンで色々な詐欺が次から次へと出現している状況になります。

もうこれは残念ながら個人というレベルではどうする事も出来ないので、詐欺や商法の被害に遭わないように神頼みするしか方法がないのが実情になります。

唯一、可能なのは知らない電話に出ないという方法になりますが、だからと言って、電話に出ないとこの家はいつも留守なんだな!と思われてしまうでしょう。

 

結局のところ自己努力か家族の助けが必要

個人ではどうしようもないのが詐欺や商法への対策になるのが実情なので、これは家族の協力が必要不可欠になります。

親の老後資金が詐欺などの被害に遭って盗られてしまうと、結局のところ、子供が負担することになるので、生活も大変になってしまいます。

そのようにならないようにするには、積極的に関わって両親と一緒に老後資金を防衛するしかありません。

頻繁に両親の状況を確認するために電話したり、実際に出向く事も大切です。

 

コメント