旅行の非常食!災害食3日分は旅行に持参&活用できる食品の備蓄を

非常食アルファ米

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『防災備蓄の非常食(災害食)3日分は旅行に持参&活用できる食品の備蓄を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

防災備蓄の非常食は備蓄するのが役割

ライフラインが寸断されてしまうような災害に備えて備蓄する非常食は基本的に備蓄するのが最大の役割になっている場合が多いです。賞味期限が来るまで食べることはないので興味や関心が薄れてしまう場合が多いです。

 

防災備蓄の非常食3日分

最低3日分の非常食を備蓄した方が良いと言われていますが、この備蓄は簡単そうに見えて意外と大変です。

特に1人あたり3日分の食事と飲料水の確保は難しいです。一人暮らしであれば簡単かも知れませんが、家族が多い場合は経済的な事情もあり、たった3日分だったとしても確保することが出来ないといった感じになります。

特に非常食というと食品の方が重要なイメージが強いですが、飲料水も確保しなければいけません。

 

備蓄する飲料水は2種類ある

もしもの災害のために備蓄する飲料水ですが2種類あるのをご存知でしょうか? 飲料水は直接飲む水と調理するための水に分かれます。

特に、お湯 又は お水 を注ぐだけでご飯が食べられる状態に戻すことが出来るアルファ米フリーズドライ食品水もどし乾燥餅といった非常食を備蓄している場合は調理用の飲料水の確保も必要になります。

防災備蓄3日分の飲料水の他に調理用飲料水を確保する必要があるのです。

 

最低3日分の非常食では足らない

各家庭で備蓄する非常食は1人あたり最低3日分必要とされています。これはあくまでも最低限必要に備蓄になります。

実際にはライフラインが寸断されてしまうような災害の場合では、ライフラインが復旧するまで5〜7日程度の時間が必要になるため、備蓄するのであれば3日程度では足らないです。

最低でも1週間分の非常食や飲料水の確保が必要になると推察されます。

 

3日分の非常食(災害食)は備蓄するだけでは勿体ない

最低3日分の非常食を備蓄するように言われていますが、非常食の場合は備蓄するのが基本的に役割になっています。それ以外の用途に活用することなく、ただひたすら有効期限が来るまで備蓄することになります。

 

備蓄するだけの非常食は勿体ない

ただ備蓄しているだけの食品というのは実に勿体ないです。備蓄しているということは、ある意味、ただ備蓄さえしていればOKという感覚になってしまうため、興味や関心すら無くなってしまった時に困ります。

関心すら無くなってしまうと期限管理すらしなくなるため、気が付いた時は既に時遅しといった感じで有効期限が見事に切れてしまっているといった場合も意外と多いです。

ただ備蓄しているというのは勿体ない備蓄の方法になります。備蓄する場合でも何か別の役割が有った方が興味や関心が薄れてしまって忘れさられてしまうといったことを防ぐことが出来ます。

 

備蓄している非常食の有効期限管理

備蓄している非常食の有効期限管理は最初の内は出来るのですが、時間が経過すると徐々に興味や関心が薄れて行くため、非常食の管理を行わなくなっていく場合が多いです。

興味や関心がある物は定期的にチェックしますけど、関心すらないのにどうして定期的にチェックできるのでしょうか? 少なくとも定期的にチェックするのであれば興味や関心が継続的に維持されている必要があります。

どのように興味や関心を継続的に維持するのか?は非常に重要になってきます。

 

備蓄するだけの非常食ではなく、定期的に使う非常食が最適

興味や関心がなくなってしまうと有効期限のチェックすら定期的に行わなくなってしまうため、定期的に食べる非常食の備蓄を行なった方が良いです。

長期保存できるのに定期的に食べるなんて勿体ないですが、このようにしないといけない場合も発生します。

特に非常食の場合は基本的に備蓄するだけの食品なので、どのような味なのか?というのを確認しないで備蓄している場合が多いです。どのような味かも分からないで備蓄しているというのもどうなのでしょうか?

いざ、本番の時に実際に食べてみたら美味しくなかったという事になったら苦痛でしかありません。

 

スポンサーリンク

 

3日分の非常食は旅行に持参して活用できる食品の備蓄を

定期的に使う非常食の備蓄であれば、旅行に持参して活用できる食品が最適です。旅行といってもレジャーやキャンプ、トレッキング等も含まれるため、それぞれの用途で利用できる非常食を備蓄するのも1つの方法になります。

 

旅行でも非常食を活用できる

非常食といえば防災備蓄に限定されてしまいますが、実は旅行でも活躍します。特に初めて訪れる国や地域に旅行する場合では現地の食事等が合わないという場合もあります。

このような場合では現地にある日本食レストランのお世話になるしか方法がありません。でも、現地の日本食レストランだからと言って必ずしも日本の味付になっているとは限りません。

現地の人が美味しく食べれる味付になっている場合が多いです。これでは、せっかくの楽しい海外旅行が台無しです。

このような場合に防災備蓄の非常食があると助かります。

 

海外旅行に持参する非常食はアルファ米がオススメ

初めて訪れる国や地域に非常食を持参するのが良いと言いますけど、具体的にはどのような非常食を海外旅行に持参すればよいのでしょうか?

非常食といっても多種多様にありますし、開封して直ぐに食べられる物から簡単に調理した上で食べることが出来るといったタイプもあります。

旅行では、宿泊しているホテルや旅館等で、お湯 又は お水 を用意することが出来るため、アルファ米やフリーズドライ食品といった非常食を持参するのが賢明です。

フリーズドライ食品の場合はご飯物の種類が少ないため、旅行に持参するのであればアルファ米が丁度良いと思います。

 

旅行の非常食!アルファ米は旅行等で味見も兼ねて試食した上で備蓄を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持参する機会のあるアルファ米は旅行等で味見も兼ねて試食した上で備蓄を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 非常食は...

コメント