老後の年金生活では老後資金や健康も大切だが充実した暮らしも必要

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活では老後資金や健康も大切ですが充実した暮らしで有意義に過ごす事も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活は家計が心配

老後の年金生活で不安に感じる事といえば、公的年金と老後の蓄えが真っ先に思い付くのではないでしょうか? どpちらも生活する上で必要不可欠なお金になりますから不安や悩みも多くなります。

 

公的年金だけでは不安

公的年金だけで生活できるのか?というのは誰もが考えたり悩んでしまう重要事項になります。

実際にはどれだけ悩んでも解決できないので、悩むだけで終わってしまうのですが、少しでも不安を解決したいのであれば、現在の年金受給額で実際に暮らせるだけの生活力を磨くしか方法がない感じです。

ここで言う生活力とは何なのか?というと、現在の年金水準で丸1ヶ月実際に生活できるようにする仕組みを確立させておくという事になります。

生活には最低限必要な食料品や日用品、公共料金等の必須な費用があるため、これらの費用を年金だけで賄えるように体制を整えておくしか方法が無さそうに感じます。

とはいえ、実際にはこれが非常に難しいですから、少しでも体制を整えておけるように努力も欠かせません。

 

老後の蓄えは預貯金だけで大丈夫?

老後の不安の源は公的年金になりますが、年金だけで生活できない場合は、老後の蓄えを取り崩して生活する事になります。

この場合では主に預貯金を取り崩す事になりますが、預貯金の場合は利息が微々たる金額なので、取り崩しても利息分で補う事ができません。取り崩せば確実に預貯金のお金が減って行く事になります。

これでは老後の年金生活が不安になってしまうので預貯金だけで大丈夫なのだろうか?といった感じになります。

恐らく、預貯金だけでは難しいと考えます。利息が期待できない以上、必要に応じて資産運用もしないと、少しでも長く老後の蓄えを維持する事は難しいのが実情です。

余程お金が余っている人でないと預貯金だけで対策は出来ません。

 

老後の生活では健康的な暮らしも必要

老後の暮らしでは家計を維持できるように生活するのも大切になりますが、それと同じぐらい大切なのが健康になります。老後では身体的な衰えも目立つようになるので転んでしまっただけでも大怪我に繋がります。

 

健康が一番

自分では健康そのものだから特に対策なんて必要ないと考えていても、加齢による衰えもあるため、大丈夫とか問題ないとか思い込んでしまうのは良くありません。

特に注意しなければいけないのが免疫力の低下による風邪やインフルエンザ等のウィルスになります。風邪を長引いてこじらしてしまうと肺炎にも繋がりますし、インフルエンザも重症化しないためにもワクチン接種が必要になります。

毎日を健康的に過ごすには、食生活も関係ありますし、それなりの努力も必要になります。定期的な運動も行って足腰を弱らないようにする事も欠かせません。

老後も健康で生活できるようにバランスの良い生活が行えるように注意した方が良いです。

 

不健康だと通院しがちになる

不健康な生活を行っていると、免疫力の低下も影響して、簡単に病気になりやすい状態になってしまいます。

病気になれば医療機関のお世話になるため、医療費も負担も大きくなってしまいます。医療費も公的年金で賄わないといけないため、生活費に影響を及ぼしてしまう事になります。

そのため、なるべく健康的に生活する事が求められるため、規則正しい生活や定期的な運動、栄養バランスの良い食事も必要になります。

 

スポンサーリンク

 

充実した老後の暮らしで有意義な老後生活を

老後の生活では健康も大切ですが、その健康を維持する上で必要な有意義な暮らしも欠かせません。毎日が充実できるような暮らしでないと何を行うにもやる気が出なくなってしまいます。

 

夢中になれる趣味を準備

老後の暮らしを満喫するには趣味だけでは足りません。夢中になれる趣味が必要になります。普通の趣味と夢中になれる趣味では同じように見えて全然異なります。

一番の大きな違いは趣味に費やす時間になります。普通の趣味では、短時間になる場合が多いですが、夢中になれる趣味の場合では長い時間を充実した気分で過ごす事が出来ます。

暇で退屈だな〜と感じている時に行えば、充実した時間を過ごす事ができるので有意義な時間を満喫することができます。

有意義な時間を満喫する事が出来れば日頃の疲れやストレスの発散にも繋がります。

 

定期的な運動も兼ねて外出も必要

老後の生活を充実させるには夢中になれる趣味も必要になりますが、それだけでは物足りないと思います。

夢中になれる趣味で、ほぼ丸一日終わってしまうというのであれば問題ないかも知れませんが、実はこのような場合でもダメです。その趣味が自宅で行うような場合だと、外出しなくなるので、出歩くのがおっくうになってしまいます。

定期的に外出しないと運動も行わなくなってしまうので生活習慣病のリスクも高くなってしまいます。

夢中になれる趣味がある場合でも定期的な運動は欠かせないため、趣味と運動を両立できるように注意も必要になります。

 

コメント