老後の年金生活の悩みは運転免許返納後の生活がイメージできないこと

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活の悩みは色々あるけど運転免許返納後の生活がイメージできないこと』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活での悩み

まだ老後の年金生活を考える世代ではない場合の人でも、必ず老後の生活が待っている事になります。それなのに何も考えていないというのは良くないです。

特に東吾の生活では色々な悩みが出て来るので考える事ができる内に悩みの解決策を導いておく事も必要になります。

 

老後の生活費の悩み

老後の年金生活において一番の悩みは老後の家計になるのではないか?と考えます。収入は公的年金に頼る事になるため、受け取った年金だけで生活を行う事ができるのか?という悩みが発生します。

この悩みに対する解決策としては、どのような生活を送りたいのか?によっても変わって来るため、皆さん共通して同じという訳ではないのである。

結局のところ、自分年金の総合力で何とかするしかないのが実情といった感じになります。そうなって来ると、働いている内に、どれだけ老後の年金生活の為に預貯金を作っておくのか?という部分になって来るので、まだ老後を考える世代ではないから、後回しという姿勢も問われる事になります。

このように考えていると、あっという間に老後の生活がやって来てしまいます。

 

老後の健康の悩み

老後生活では身体への衰えも出て来る事になるため、お医者さんへの通院も多くなります。お医者さんに通院すればするほど医療費の負担も多くなります。

収入が公的年金だけの状態で医療費を負担するのは正直のところ、苦しくなりますから、健康というのがいかに大切なのか?身にしみて分かる事になります。

老後でも健康的に暮らせるように日頃から定期的な運動規則正しい生活を心がけて健康に配慮した暮らしを行う必要もあります。

特に健康の場合は老後になってから考える事ではないため、日頃の積み重ねがとても大切になります。

 

運転免許返納後の生活がイメージできない

定年退職後も毎週のようにマイカーを運転しているような場合では運転免許返納後の生活オメージが出来ないのではないでしょうか? そのぐらい生活に密着しているので考えられないといった感じ。

 

運転免許を返納した場合の生活を考えた事がない

毎週のようにマイカー運転している場合では食料品や日用品といった買物や旅行、お墓参りといった場合にもマイカーを利用する事になるため、運転が生活の一部になってしまっている場合が多いです。

この状態で運転免許を返納してしまうと、生活にポッカリ穴が空いてしまう事になるため、何を行うにも不都合が生じてしまいます。

少なくとも穴を塞ぐ事ができる何かを用意した上で運転免許を返納しないといけません。とはいえ、生活の一部になってしまっている物の代わりを務める事が出来る物はそう簡単に見つかるとは限りませんから、日頃からよく考えておく必要があります。

可能ならば運転免許を返納するまでに考えればOKではなく、定年退職前までに考えておいた方が良いです。

何故かと言うと、免許返納については何度も検討はするけど、踏ん切りが付かないため、結局は問題の先送りにしてしまう場合が多いからです。

 

運転免許返納してもマイカーを運転したくなる

運転免許返納後の一番の悩みは生活の一部になってしまっているのでどうすれば良いのか?悩んでしまう事になりますが、その他にも悩み事があります。

それは、今まで毎週のように運転していた訳なので、当然のように運転したいという欲求がストレスのように溜まって来ます。

この場合に、ある一定のラインを超えてしまったら運転したくして仕方ないという状況に追い込まれると思うので、無免許運転も考えられるのではないか?という事になります。

この運転したいという欲求への対処も同時に考えておかないと簡単には返納できないという事になります。特に運転するのが趣味という場合では尚更です。

 

スポンサーリンク

 

運転免許返納後も安心して暮らせる生活

運転免許返納後の暮らしについて、あまりイメージが出来ない感じになりますが、そのような場合でも安心して生活できる基盤を確保することも必要になります。運転しなくても良い基盤作りも検討しておいた方が賢明になります。

 

運転免許返納後の移動手段

一番は何といっても免許返納後の移動手段になります。今までは普通のようにマイカーを運転してアチコチ出かけていた訳ですから、どうやって同じような事を行うのか?というのは真っ先に考えなければいけません。

自宅の近くに家族が居るのであれば助けてもらう必要がありますし、近くに家族がいない場合では別の対策も必要になります。

別の対策といってもバスやタクシーの利用になってしまう場合が多いですから、交通費も高くなってしまいます。

特に老後の年金生活では買物に行く度にタクシーを利用する事は出来ないですから、よく考えておかないといけません。

 

自転車は危ない

運転免許返納後はマイカー運転が出来なくなりますが、その代わりに自転車を利用しようというのは辞めた方が良いと思います。

何故かと言うと、老後は身体への衰えが目立つようになるので骨も脆くなっていると考えられます。そのため、自転車で転んでしまうと大怪我の原因にも繋がる事が推測されます。

これでは健康に生活する事が出来なくなってしまうので、可能なら自転車ではなくウォーキングの方が良いのではないか?と考えます。

 

コメント