老後の年金生活は認知症への予防や対策も必要!読書や新聞を読む習慣

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活は認知症への予防や対策も必要になるため、読書や新聞を読む習慣で防ぐ努力を行う』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活は認知症も考慮する必要あり

老後生活では、一番厄介な問題に目を背けてはいけません。何が厄介なのか?というと、自分自身の健康になります。特に認知症になってしまった場合も考慮しないといけません。

 

認知症は誰でも可能性がある

一番厄介なのが誰でも認知症になる可能性があるという事に尽きます。どんなに健康的な人でも可能性はゼロではないため、私は健康だから対策なんて必要ないといった感じになってしまうと危ないです。

老後の生活では健康も非常に大切なので定期的な運動も必要になりますが、脳も同じように定期的な運動が必要になります。

脳に良い刺激を与えて活性化させる取り組みを行う事で有効な認知症への対策にも繋がるため、考慮した方が賢明です。

自分なりの方法で工夫や努力も良いと思います。

 

可能ならば認知症にはなりたくない

人は誰でも認知症になってしまうリスクを持っていますが、認知症になると自分が自分でないといった感じになるので、大切な家族でさえも顔を見ても誰だか分からなくなってしまう恐ろしい病気になります。

可能ならば認知症にならないようにしたいと自分では考えますが、こればっかりは、或る日突然のように自分に降りかかって来るため、どうする事も出来ないのが実情になります。

自分が行える事といえば、対策を行う事ぐらいですから、認知症になりたくない場合は日頃からの対策も重要になります。

ちょっとした隙間時間だったとしてもストレスを感じる事なく行える脳トレも良いかも知れません。

 

認知症への予防や対策は何が良いのか?

老後の認知症への予防を考えた時に悩むのが具体的にどのような方法であれば確実に認知症への対策が行えるのか?という部分になります。これが分かれば苦労はしないのですが現実的にはそんなに甘い話ではありません。

 

脳トレを行う習慣

日頃からの習慣として脳をトレーニングする事も必要になります。脳に適切な刺激を与え続けないと、どんどん脳が衰えてしまう事に繋がってしまうため、結果的に認知症へのリスクを高めてしまう事に繋がってしまいます。

認知症になって困るのは自分ではなく、認知症になった人をお世話する家族になります。家族の為にも日頃から脳トレなどの対策を行なって、認知症にならないように努力することも必要になります。

だからといって、その対策はストレスを感じてしまう事は良くないです。というのも、ストレスを感じてしまうと直ぐに発散でもしない限り、どんどん蓄積されていく事になるため、健康にも良くないです。

特に老後のストレスは注意しないといけません。働いていた時と同様にストレスに注意して楽しい老後生活を満喫する事も大切になります。

 

脳を鍛える事も必要

漢字ドリルの場合は楽しいのか?分かりませんが、クロスワードナンプレといったクイズ形式のゲームになるため、脳を鍛えるには丁度良いアイテムになります。

ただ脳を鍛えれば問題ないといった感じになってしまうとストレスの原因にも繋がってしまうため、良い選択とは言えません。

行うのであれば楽しみながら夢中になれる物が良いです。少なくとも夢中になっている時間は自分が充実していると感じている証拠ですから、夢中になれるという側面も考慮した方が良いです。

 

スポンサーリンク

 

老後の認知症への対策として読書や新聞を読む生活

老後の年金生活では認知症への対策も必要になります。その対策として新聞や読書を楽しむ習慣で対応してみては如何でしょうか? 新聞は毎日情報が変わるため、飽きの来ない雑誌になります。

 

新聞ならば情報が多く飽きがこない

新聞を契約していれば毎日のように朝刊と夕刊を自宅のポストまで届けてくれるため、わざわざコンビニまで買いに出かける必要がありません。

それでいて、毎日の様々なニュースを網羅しているため、読んでいて飽きが来ないというメリットがあります。

読んでいて飽きが来る感じだとその時点でストレスも発生する事になりますから、その点においては新聞は優秀だと考えます。

新聞の文字はとても小さいですから老眼鏡を掛けていても対応できない場合もあります。必要に応じて拡大鏡も準備した方が良いというデメリットも併せ持ちます。

とはいえ、読み書きは認知症への対策にも繋がるため、ストレスを感じる事なく過ごせる日課があると脳トレにも繋がります。

 

読書の趣味で対策

新聞と同様に認知症への対策に繋がるのが読書になります。日頃から読書する習慣を維持することが出来れば、常に脳に良い刺激を与えている事になるため、脳の活性化に繋がります。

脳が活性化していれば、認知症のリスクを軽減させる事が出来るため、趣味で行う読書も有効な対策になります。

但し、読書の場合だと一度読んでしまったら、同じ本を読むとつならなくなってしまう場合が多いので期間を空けたり、新しい本を借りるなどの対策も必要になるのが悩みどころでもあります。

悩んだりストレスに感じたりすると、認知症へのリスクも高まってしまうため、上手く工夫して趣味の読書を満喫することも大切になります。

 

認知症には読み書きも必要

新聞や読書で読むだけでなく、実際に書く事も必要になります。書く事で今まで脳に蓄積された膨大な情報を取り出す事に繋がるため、脳をトレーニングする事が出来ます。

漢字ドリルやナンプレ、クロスワードも脳トレには有効だと考えます。

 

コメント