旅行の非常食!防災備蓄の非常食は海外旅行に持参して役立て活用を

非常食アルファ米

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『防災備蓄として保管している非常食は海外旅行に持参して活用した方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

防災備蓄している非常食の使い道

防災備蓄として非常食を保管している場合が多いですが、各家庭で備蓄している非常食はどのように役立てていますか? 非常食は備蓄するだけの食品になるので役立つのか?という疑問も発生しますが、あまり使う機会のない食品でもあります。

 

災害時非常食はまとめ買いしないように!

もしもの大規模災害等に備えて少なくとも最低3日分の非常食を備蓄している場合が多いと思いますが、このような防災備蓄の非常食はある程度まとめ買いしている場合が多いです。

まとめ買いすると簡単なのですが、同時に消費期限を迎えた時に食べて処分するのが大変になってしまうデメリットがあります。

と同時に、食べて消費してしまった分の非常食を購入しなければならなくなるため、また次回のタイミング時も同じような繰り返しになってしまいます。

そのため、非常食を購入する場合は、少なくとも食べて消費する場合のことを十分に考慮した上で期限をずらすように購入することが求められます。

 

非常食は使う機会が少ない

非常食を使う機会がない方が良いのですが、使わなければ、いずれ消費期限を迎えることになります。たいていの場合はある程度まとめ買いをしている場合が多いため、消費期限が残り1ヶ月を切ってしまうと食べて処分するのが大変になってしまいます。

また、残り1ヶ月で食べて処分すると、買い替えも同じサイクルになってしまうため、また次の期限の時に同じ大変な思いをして食べることにも繋がってしまいます。

そのため、残り1ヶ月を切ってから食べて処分するのではなく、残り1年を切ったら、旅行に持参して食べて処分するなどの対策も必要になります。

幸いなことに海外旅行では現地の食事が合わないこともあるため、その対策として非常食があると助かります。

また、熱湯さえ用意することが出来れば温かい物も食べることが出来るため、旅行に持参して消費するのも十分に検討の余地があると思います。

 

防災備蓄の非常食は海外旅行で活用するのが賢明

海外旅行に非常食を持って行く場合もあると思います。海外の食事が合わなかった場合に備えて持参するといった対策だと思います。

それだけでなく、純粋に防災備蓄としている非常食の期限が近くなってしまったから海外旅行に持参して食べてみるといった場合もあります。

 

海外旅行では非常食を食べる機会あり

防災備蓄の非常食の有効な活用方法として海外旅行に持参して食べるという方法があります。海外旅行では現地で食べる食事が合わない場合や食あたり等で食事を摂ることが出来ないという場合があるため、旅行に非常食を持参すると活躍する機会に恵まれます。

でも、同時に、このようなケースにならなかった場合は食べる機会を失ってしまいます。このような場合もあるため、海外旅行に非常食を持参するのであれば、少なくともそれなりに美味しく食べることが出来る食品である必要があります。

食べる機会に恵まれなかった場合でも、最低でも1食分は旅行中に食べる必要があるため、簡単調理できて美味しいと思える物でないといけません。

 

旅行に持参したは良いけど食べる機会がない場合

確かに海外旅行では非常食を食べる機会に恵まれることがありますが、必ずしも毎回の旅行で非常食を食べるということにはなりません。

食事が合うのか?や食あたりになるといったケースはそんなに頻繁に発生しないため、確率としては少ないと思います。

そのため、旅行に非常食を持参する場合は食べて処分することを考慮する必要があります。食事の代わりや間食として食べたは良いけど、味がイマイチだったというのでは持参する意味がありません。

そのようにならない為にも旅行に持参する非常食は出発前に実際に食べてみることをお勧め致します。

 

スポンサーリンク

 

旅行ではアルファ米は不向きな非常食

海外旅行に非常食を持参すると食べる機会があるからといってどのような物でも良いとは限りません。お水でも美味しく食べることが出来る非常食としてアルファ米がありますが、これは海外旅行には不向きだと思います。

 

旅行にアルファ米が不向きな理由

アルファ米の種類によっても異なりますが、お湯で15〜20分お水で60分で調理できるタイプが多いです。

確かに災害時では簡単に調理できる非常食として重宝しますが、お湯で15~20分も待つ必要があるため、寒い季節の旅行では熱々のご飯が食べれないと思います。

少なくとも旅行ではそれなりの快適さも求められるため、この調理時間は微妙な感じですし、アルファ米はフリーズドライ食品と比べると重たいので、ちょっとどうかな?と考えます。

 

旅行にはフリーズドライ食品が最適

フリーズドライ食品であれば軽量かつコンパクトにも関わらず、お湯で数分、お水でも15分程度で調理することが出来るため、旅行に持参する非常食であれば文句なしの食品だと思います。

それだけでなく、フリーズドライ食品はそのままでもボリボリ食べることが出来る食品なのです。

実際に食べてみた感想としては、スナック菓子のような食感でした。おやつ感覚に食べることが出来るのでは?と思います。

少なくとも旅行では身軽さも求められるため、アルファ米を持参するよりもフリーズドライ食品の方が賢明です。

 

旅行の非常食!災害食3日分は旅行に持参&活用できる食品の備蓄を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄の非常食(災害食)3日分は旅行に持参&活用できる食品の備蓄を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 防災備蓄の非常...

コメント