老後の年金生活では健康への配慮も必要!定期的な運動を行い健康維持

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活では健康への配慮も必要!定期的な運動を行い健康維持を行なって健康的に生活』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後生活は第二の人生でもある

第二の人生はどのように過ごすのか?決めている人もいれば、まだ何も考えてもいない場合もあると思います。第二の人生も長い時間になるので有意義に生活できるように何かに取り組む事も必要になります。

 

定年退職後は第二の人生の始まり

定年退職後は第二の人生になるので、リタイヤという認識ではなく、第二の人生を満喫できるように過ごす事も大切です。

もう自分は十分に頑張ったのだから、これからは自由に過ごすという場合も良いかも知れませんが、自分一人の世界に入ってしまうのは良くないです。

夫婦で仲良く第二の人生を過ごせる共通の趣味取り組み行って満喫する事も必要だと思います。老後別居や離婚にならないように心がける事も大切です。

働いている時は家事をやっていなかったけれども定年後は家事をやって奥様孝行するといった事も良いと思います。

 

時間な有効に活用を

定年退職をしてしまうと、仕事から解放されるので有意義な時間を過ごせる反面、今まで通勤や仕事していた時間の使い道が分からないといった展開にも繋がってしまいます。

暇過ぎて何もやる事がないから、とりあえずテレビを見て過ごすといった感じになる場合もあります。2〜3日程度はこれでも良いですが、これが毎日のように継続してしまうと、自宅から外出する機会も食料品や日用品といった買い物に限定されてしまいます。

自宅で過ごす時間も長くなれば外出するのもおっくうになりやすいので定期的に外出する事も心がけておく必要があります。

退屈で仕方ない場合でも30分程度の散歩で良いので健康維持に繋がる運動を行う事も欠かせません。何か夢中になれる事を見つけて有意義な時間を過ごした方が良いです。

 

老後は医療費の負担が増えるので健康は重要

老後の世代になると身体への衰えも目立つようになるため、免疫力も低下する事も影響して医療機関への通院も増える事になります。通院すれば医療費の負担も増えるので健康は大切です。

 

老後は免疫力も低下する

若い世代では冬場やストレスが過度に溜まっていない限り、免疫力が低下するといった感じにはならないのですが、老後の世代になると1段階ぐらい免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、ちょっとした風邪でも重症化に繋がってしまうので疎かにする事は出来ません。

特に冬の季節では風邪だけでなく、インフルエンザも流行するので予防や対策も必要になります。必要に応じて予防接種もをすれば良いというのではなく、インフルエンザの予防接種は毎年のように行なった方が良いと思います。

と同時に、規則正しい生活を行えるように努力する事も忘れずにお願いします。

 

バランスの良い食事も大事

栄養バランスについては老後の世代に限った話ではありません。これは誰しも関係のある事になりますが、栄養バランスが悪いと生活習慣病などのリスクも高くなるため、健康的な生活にも影響を及ぼします。

食べ物の好き嫌いといった事は子供だけでなく、老後の世代になっても増えてしまうのが実情です。どうしても食べても美味しく感じられないといった感じになってしまうと、それを食べる事によってストレスに感じてしまうのが原因の1つにもなっています。

でも、老後の世代での好き嫌いは栄養バランスを直撃する事になるため、なるべくバランスの良い食事に繋がるように配慮しないといけません。

ストレスへの配慮も必要ですが、栄養バランスも考慮して食べ物の好き嫌いは克服できるようにした方が良いです。

 

スポンサーリンク

 

老後の健康維持には定期的な運動も欠かせない

老後の年金生活というと、生活資金の方に興味や関心がいってしまいますが、それに匹敵するぐらいに大事なのが老後の健康になります。健康的でないと医療費も増える原因にも繋がってしまいます。

 

定期的な運動で足腰を鍛える

老後の暮らしを健康的に過ごすには定期的な運動も必要になります。毎日でなくても定期的に運動を継続することで足腰の強化に繋がります。

特に老後では足腰の衰えも目立つようになるため、ちょっと転んでしまっただけでも大きな怪我に繋がってしまう可能性も高くなります。

そのため、足腰の強化も兼ねて雨天を除いて毎日のように継続できる運動を行うのが賢明になります。外出すれば気分転換にも繋がるので良いと思います。

それだけでなく、外出すれば人とも触れ合う機会も増えますから孤独の防止にも繋がります。

 

毎日の日課として継続できる物が良い

老後の健康維持に欠かせないのが定期的な運動になります。健康的であれば、何かと医療費の負担が増える老後の年金生活でもお医者さんのお世話になってしまう回数も減らす事ができます。

医療機関に通院する回数が減る事が出来れば老後の家計にも役立ちますから健康も疎かにすることは出来ません。

とはいえ、定期的な運動というのはどのような事が良いでしょうか?これは可能ならな毎日30分程度の運動が行えるのであれば何でも良いと思います。

ウォーキングならば5600歩程度の歩数で良いので雨天を除いて継続も容易です。

 

コメント