旅行の非常食!旅行にはアルファ米よりもフリーズドライ食品の持参を

非常食アルファ米

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に非常食を持参する場合はアルファ米よりもフリーズドライ食品が最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参する非常食

非常食はもしもの場合に活躍する食品ですが、海外旅行でも食べる機会に恵まれる場合があります。海外旅行中に食べる機会はそんなに多くはないですが、それでも初めて訪れる国や地域の場合には活躍する非常食になる場合があります。

 

初めて訪れる国や地域の旅行では

初めて訪れる国や地域の場合は現地の食事が合わない場合があります。このような場合は日本食レストランを利用するといった対策が必要になります。

こんな時に助かるのが防災備蓄している非常食になります。初めて訪れる国や地域の旅行に行く場合は非常食を持参するのが賢明です。

非常食ならば栄養補給も行えますし、簡単調理で食べることが出来るため、海外旅行に持参するとホテルの部屋で食べることが出来ます。

 

味付や食用油が合わない場合もある

普段の日常生活では日本の食用油を摂っていますが、海外旅行で訪れる国や地域の場合、胃に負担の掛かる食用油もあります。

普段食べ慣れていない食事をすると、このように胃に負担に感じることもあるため、胃薬は必需品になると思います。胃薬を服用すれば多少は軽減させることは出来ますが、直ぐに慣れるということは出来ないため、日本食レストランを利用する 又は 非常食を食べるといった対策が必要になります。

また、味付や調味料といった物も合わない場合もあります。

 

海外旅行に持参する非常食は何が良いのか?

これは人それぞれ個人差があるため、一概には何とも言えませんが、基本的には自分が旅行中に食べてみたい非常食で良いと思います。

熱湯を用意することが出来ればアツアツで食べることが出来るといった非常食ならば旅行中でも美味しく食べることが出来るのでは?と考えます。

但し、当たり外れがあるため、旅行に持参する場合は一度食べてみることをお勧め致します。試食しないまま、旅行に持参した場合、食べてびっくりすることもあります。

 

海外旅行にアルファ米を持参する場合

非常食といえば、お湯&お水で調理して美味しく食べられるアルファ米がありますが、旅行に持参する場合は微妙に長い調理時間のお陰で寒い季節の旅行ではアツアツで食べれない場合もあります。

 

アルファ米の利点はご飯物が多い

アルファ米はフリーズドライ食品と異なり、ご飯物の種類が豊富にあります。その代わりに調理時間が微妙に長いため、食べるまでの時間が気になります。

とはいえ、色々と豊富に種類が多いため、災害時に食べてみたい物を選択することが出来るため、食べ飽きてしまうといったことが少ないのが利点になります。

但し、アルファ米には食器が付属されていない場合もあるため、旅行に持参する場合は割り箸やスプーン等を持参した方が賢明です。

因みに尾西食品のアルファ米にはスプーンが付属しているため、熱湯さえ用意することが出来れば美味しく食べることが出来ます。

 

アルファ米は調理時間が微妙に長い

アルファ米のデメリットは調理時間が微妙に長いことです。お湯で15〜20分お水では60分で調理することが出来ます。お水で調理した場合でも美味しく食べることが出来るのが救いです。

お湯で15~20分というのはご飯の種類によっても異なります。同じご飯物でも赤飯以外はお湯で15分ですが、赤飯の場合はお湯で20分必要になります。

お湯で15〜20分という微妙に長い時間なので旅行ではどうなんだろう?というのが率直な感想になります。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行にフリーズドライ食品を持参する場合

アルファ米を海外旅行に持参する場合、調理時間はお湯で15〜20分掛りますが、フリーズドライ食品の場合は数分程度のため、アルファ米と比べると圧倒的に調理時間が短いのが特徴です。

 

フリーズドライは軽量コンパクト

フリーズドライ食品は圧倒的に軽くてコンパクト&調理時間が短いと三拍子揃っている便利な非常食になるため、海外旅行に持参しても荷物に影響が出ないです。

非常に軽いため、旅行に持って行きたくなる非常食になります。それでいて、フリーズドライ食品の場合は調理しないでそのまま食べることも出来るため、スナック菓子のような食感で楽しむことも出来ます。

 

フリーズドライはご飯物が少ない

良いことずくめのフリーズドライ食品ですが、ご飯物が少ないというデメリットもあります。この食品の場合は、おかずやスープといった種類の物が圧倒的に多いです。

ご飯物も有るのですが種類が少ないため、飽きてしまう場合があります。

 

海外旅行にはフリーズドライ食品が最適

旅行では身軽さも必要になるため、非常食を海外旅行に持参するのであれば軽量&コンパクトで調理時間の短いフリーズドライ食品が最適だと思います。

 

永谷園のフリーズドライ食品のご飯が最適

海外旅行に持参するのであれば、永谷園から販売されているフリーズドライ食品のご飯が最適な感じです。

炊き込み五目、チャーハン、カレー味、ピラフ味の4種類あります。

それでいて、お湯で3分お水で5分という圧倒的で短い調理時間です。

 

旅行の非常食!防災備蓄のアルファ米はお湯の調理時間がちょっと長い
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄として保管しているアルファ米を旅行に持参して食べるには、お湯での調理時間がちょっと長いので注意』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いで...

コメント