老後や定年退職後の趣味として起業を!マイペースで働けるのが魅力的

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『年金が受給されるまでの期間を老後や定年退職後の趣味として起業し、マイペースで働くのも魅力的』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

定年退職をしても直ぐに年金が受け取れない

皆さんは定年退職した後も働きたいと考えているのでしょうか?仕事が趣味になっている場合では働きたいと考えている場合もあると思います。

それに対して、もう十分に働いたから定年退職後はのんびり暮らしたいと考えている場合もあります。

 

受給年齢が上昇している可能性あり

定年退職して問題になるのは、退職したからといって公的年金が受け取れないという事になります。それもその筈で受給年齢に到達していないと年金を受け取る事ができないのである。

ということは、貰える年齢に到達するまでは働かないといけなくなる計算になります。これもしんどいといった感じです。

さらに追い打ちを掛ける感じになるのが受給年齢の問題になります。私達が公的年金を受け取れる年齢になった時、現在の受給年齢よりも上昇している可能性も否定できません。

流石にこれはキツイといった感じになりますけど、誰も先の事は読めないので、もしそのようになった場合に備えておくしか方法がありません。

 

備えるにも限度がある

受給年齢が上昇していた場合に備えるといっても限度があります。口で言うのは簡単なのですが、実際に備えるとなると骨が折れます。

収入は限られているため、出費を抑制するなどの節約を施してお金を捻出するしか方法がない感じです。

もしくは、夢の宝くじに願いを掛けるといった非現実的な事も必要になってしまうのが悩みのタネになります。

 

年金が受け取れる年齢になるまで働く必要あり

会社を定年退職しても公的年金を受給できる年齢に到達していない場合が多いですから、少なくとも年金が受給できる年齢まではアルバイトなどをして生活費を稼ぐ必要に迫られる場合があります。

 

少ないお金で生活できる対策を

老後の年金生活は長いですから老後の蓄えは可能な限り多く蓄えておきたいものです。でも、色々な事情で蓄える事ができない場合もあるため、そのような場合は少ないお金で生活できる対策を行うのが賢明になります。

少ないお金で生活するにはそれなりの節約も必要になりますから、老後の世代になってから節約生活を始めるのではなく、働いている内から始めた方が良いです。

どうしてかというと、節約を習慣化させておく必要があるからです。習慣化していれば、常に改善や見直しという発想になるため、効果的に節約も可能になります。

でも、急に節約を始めても長続きしないものですから、効果は限定的になります。

 

退職金制度がない会社の場合は生活が大変

勤務している会社に退職金制度がない場合もあります。このような場合では定年退職しても退職金がないため、年金が受給できる年齢に到達するまでの生活費が不安になってしまいます。

預貯金を取り崩してしまうと、年金生活で支障をきたす場合がありますから、アルバイトなどをしてどうにか生活費を稼ぐ必要に迫られます。

とはいえ、誰でも必ずアルバイトをして働ける訳ではないため、何か別の対策も検討しておいた方が無難になると思います。

対策はいくつ有っても問題ないですから可能な限り用意しておいた方が良いです。

 

スポンサーリンク

 

働くのであれば老後起業も魅力的

勤務していた会社を定年退職しても直ぐに年金を受け取れないため、受給できる年齢に到達するまではアルバイトを検討する場合もあります。この場合に老後起業を検討してみては如何でしょうか?

 

大きく儲ける必要はない

老後起業の場合では大きく儲ける必要はないですから、赤字にならない程度で稼げる範囲の売り上げで良いのが魅力的になります。

売り上げが伸びた方が良いのですが、そうなると、働いている時と同じようになってしまう場合があるため、楽しさが無くなってしまいます。

基本的に老後の趣味として起業を行う事になるので楽しみも必要になります。楽しみが無くなってしまったら趣味ではなくなってしまうので注意が必要です。

とはいえ、どのような起業であれば自分にとって最適なのか?を考慮する必要があるため、実際には定年退職前に起業プランを準備しておく事が求められます。

夫婦や家族で協力して行えるのが良いのではないか?と考えます。

 

マイペースで働くことができる

老後起業の楽しみの1つにマイペースで働く事ができるという側面があります。何せ自分が社長兼従業員になるので自分のペースで経営する事が出来ます。

儲けるぞ〜といった感じだと、休日も少なくなってしまいますが、別に儲ける必要はないという場合であれば、気分転換に夫婦で旅行に出かけることも容易になります。

自分に合わせた働き方になるのでストレスも溜まらずに仕事も行えるといった事も可能になります。

 

運転免許返納にも対応できる可能性あり

運転免許を返納してしまうと生活も大変になってしまいますが、運転手兼従業員をアルバイト雇用することが出来れば、免許返納後の足の確保に対応できる可能性も残されています。

あくまでも可能性の問題になります。

 

コメント