運転免許返納後の老後の年金生活は食料品や日用品の買物が悩みになる

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『運転免許返納後の老後の年金生活は移動手段が限られてしまうため、食料品や日用品の買物が悩みになる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

運転免許返納後の老後生活は色々と考える事が多い

筆者は、まだ老後の年金暮らしを考える世代でないのですが、それでも老後生活の事が気になります。一番気になるのは運転免許を返納した後はどのように生活すれば良いのか?という部分になります。

 

運転免許返納後の生活

マイカーを運転する事が出来れば、買物お出かけといった感じで色々と生活も便利になりますが、これが或る日突然、この生活が出来なくなるという事になります。

これって流石に苦痛に感じるのではないか?と思います。苦痛に感じるという事は同時にストレスも発生している事になるため、悪循環に陥ってしまうのではないか?と考えます。

そのため、若い世代だったとしても老後生活の事を真剣に考えておく必要になります。今は人ごとのように考えている場合も多いですが、いざ!自分に降り掛かって来た場合に右往左往してしまうのは自分になります。

この時に的確な判断が行えるように、どんなに興味や関心がなくてもぐらいは考えておいた方が良いでしょう。

 

交通費もシュミレーションした方が良い

老後の生活資金のシュミレーションについて検索する場合も多いですが、老後の生活資金という漠然的なお金でアレコレ悩むのであれば、運転免許返納後の移動手段についてもシュミレーションした方が良いと思います。

流石にこればっかりは簡単そうに見えて実は意外と難しいですから、交通費の事も疎かにすることは出来ません。

バスの運賃は意外と高いですから、色々なパターンで1ヶ月あたりどれぐらいの金額になるのか?把握&準備しておく必要もあります。

もっと視野を広げて想定外の費用が発生しないように対策を講じた方が良いです。

 

運転免許返納後の移動手段が限定されるので不便

日常的に徒歩でアチコチ移動している場合を除いて、マイカーを利用できなくなってしまった場合ではストレスも溜まってしまいます。今までは普通にできた事が出来ないという状態になってしまうため、ストレスも発生する事になります。

 

移動も限られる

運転免許を返納してしまうと、もう自家用車を自分で運転できなくなってしまうため、色々と不便になります。

今までは普通に、ちょっとしたお出かけといった場合でもマイカーで移動していましたが、それが出来なくなってしまうので不便に感じます。

実際に移動するとなると、徒歩 又は 路線バスといった選択肢になってしまうので、お出かけするのもおっくうになりやすいです。

 

公共交通機関を利用

人口の多い都市や地域に住んでいる場合であれば、路線バス網も充実しているため、バスの運行本数も多くて便利に利用することが出来ますが、過疎地域では1時間に1本バスが走ってくれれば良い方なので決して便利とは言い難いです。

仮に1時間に1本しか走っていない場合では、バスを利用して買物に出かけると往復するだけで軽く2時間以上掛かってしまう事になります。

このような場合では運転免許を返納してしまうと生活に影響が出てしまいます。何か別の対策も考えておく必要があるのではないか?と考えます。

 

家族などの手助けが必要

運転免許を返納したら、基本的には自家用車を自分で運転する事ができないため、子供や家族に協力してもらい、お出かけや買物に連れて行ってもらう事になります。

とはいえ、必ずしも子供達が自宅付近に住んでいるとも限らないので、このような場合では困ってしまう事になります。

公共交通機関である路線バスやタクシーを利用する方法もありますが、運賃が高いですし、タクシーの場合は頻繁に利用すると生活費を圧迫する事になります。

なるべくなら、タクシーは利用しないで路線バスを使いたいものです。

 

スポンサーリンク

 

運転免許返納後は食料品や日用品の買物時が悩む

老後の年金生活では運転免許返納後の移動手段や買物も大いに悩む事になります。徒歩で行ける距離に買物できるスーパーなどの店舗があるとは限りませんから、食料品や日用品の買物をどうするのか?悩む事になります。

 

近くにスーパー等が無い場合もある

自宅の近くに食料品や日用品を購入できる店舗がある場合ならば、徒歩で買物に行く事も出来ますが、歩いて重たい荷物を持ち運べる距離に店舗がない場合は大変です。

公共交通機関である路線バスを利用することが出来れば良いのですが、必ずしもバス停が近くにあるとは限らないですし、バスの本数も少ない場合もあると思います。

このような場合では流石に運転免許を返納してしまうと毎日の老後生活に多大な影響を受けてしまうため、なるべくならば返納したくないでしょう。

それでも運転中の事故等も考慮すると、運転免許返納の仕方ないといった感じになります。そうなると、日常生活に支障が出ないようにネット通販食材のお届けサービスも検討した方が良さそうです。

 

近くに買物できる場所が有る場合でも荷物の問題が発生

自宅から歩いて行ける距離に食料品等の買物ができる店舗がある場合でも荷物の問題が発生します。

これはどういう事なのか?というと、高齢者になると重たい荷物を持って運ぶのも容易ではありません。

例え、自宅が近くで歩いて行ける距離だったとしても、若い世代とは異なり体力の消耗も早くなります。そのため、重たい荷物は持ち歩かないのが賢明の選択だと思います。

そうなると、まとめ買いが出来なくなってしまいますから頻繁に足を運ぶ事になります。これもどうかな?と考えます。

天気が良ければそれでも構いませんが、食材が底をついて来た時に限って天候が悪くなるものです。天候の事も考慮する必要もあるため、運転免許返納後は色々と考えてしまう事になります。

 

コメント