老後に挑戦したい事を定年退職の1年前迄に決めて退職前に挑戦開始を

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後に挑戦したい事を定年退職の1年前迄に決めて退職前に挑戦の開始を行うのが良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

定年退職後に何をするのか?決めるのは良くない

勤務している会社を定年退職したとして、次に何をやるか?決めてきますか? 定年退職しても公的年金を受給できる年齢に到達しないと年金が貰えませんから、それまでの間は働いても問題ありません。

 

退職後に考えるのは時間が勿体ない

次に何かをやることを決めないで定年退職を迎えてしまうと、困った事が発生します。それは何か?というと、何にしようかな?といった感じに、なかなか次にやる事が決めれないという状況に追い込まれてしまう場合があります。

自分では漠然とした考えでアレコレ考えますが、どれも踏ん切りがつかないという状況になってしまい甲乙つけられないといった感じ。

このような事をやっていると、あっという間に翌年になってしまうため、定年退職後の1年間を有意義に過ごす事が出来なくなってしまいます。

これでは流石に時間が勿体ないですから定年を迎える前までにやりたい事を決めておいた方が良いです。

 

やりたい事が定まらない

一番困るのは何か新しい挑戦を始めるといった場合に、本当にこれで良いのか?というのを決めていない場合が多いです。

もし、このような状態で定年を迎えてしまった場合は確実に定年後1年間はアレコレ考えている内に終わってしまう結果になってしまいます。

というのも、定年後は、今までアチコチ旅行にも行けなかったから夫婦で旅行してから考えるのも良いかも知れないといった感じで問題の先送りを行ってしまう場合が多いです。

夫婦で旅行に行くのであれば、決めるべき事を決めてから、旅行を楽しむといった感じにしないと悪循環の繰り返しになってしまいます。

 

老後に挑戦したい事は定年退職前に決める

定年退職後に何か新しい挑戦を行いたいと考えている場合や、どのように過ごしたい等は働いている内にいくつか候補を決めておいた方が良いです。そうしないとあっという間に定年を考える年齢になってしまいます。

 

定年退職前に老後にやる事を決める

定年まで残り1年を切ってしまってから定年後の新しい挑戦を検討するのは遅過ぎます。残り1年を切った時期は本来ならば、新しい挑戦を行うための準備期間に充てるべきです。

定年後すぐに新しい事に入るのは難しいですから、それなりに準備も必要になります。準備期間なしに始める事もできますが、この場合では綿密な計画では無くなってしまうため、もしかすると途中で挫折してしまうのではないか?と考えます。

そうならない為にも新しい挑戦は定年を迎える2年前までに決めるのが賢明です。定年後の第二の人生は長いですから、充実した生活が行えるように綿密な計画を立てておく事が求められます。

先ずは自分が一番やりたい事は何なのか?と決めて、余裕があったら代替プランも準備しておくのが良いと思います。

 

可能ならば継続できる複数種類の準備を

どうして新しい挑戦は複数あった方が良いのか?というと、必ずしも自分が定年後になったらやってみたい事が実現できるのか?というとそうでもないからです。

費用面の事もありますし、継続してずっと続けられるのか?という部分もあります。一度でも難しいな〜と感じてしまったら、余程の事がない限り、そのまま継続して行うといった感じにはならないと思います。

人は誰しも壁にぶつかると挫折に追い込まれやすいですから、もし挫折に陥ってしまった場合に備えて、代替プランを準備しておくのが良いと思います。

というのも、代替プランというのは直ぐに思いつく事が出来ないため、ある程度のプランは用意しておいた方が賢明です。

 

スポンサーリンク

 

定年退職の1年前には新しい挑戦の開始を

老後の新しい挑戦は定年退職の1年前に開始した方が良いです。本来ならば定年退職後に始めるべきことですが、会社を退職したら直ぐに違う事を始めるというのは意外と難しいものです。

 

定年退職1年前に開始する理由

定年退職前にいくつか定年後に何か新しい挑戦をやる事を決めておいた場合、自分が決めた事が本当に継続して続ける事が出来るのか?という問題が発生します。

定年の1年前に開始すれば、もし、挫折してしまった場合に、次の挑戦に切り替えることが出来るようになります。

定年退職後に新しい挑戦を始めて挫折を味わってしまうと、次の挑戦への切り替えが上手く行かないので不都合が発生します。

そのため、自分が決めた挑戦が継続して行えるのか?と見極める目的で1年前に開始するのが賢明の選択になります。

 

新しい挑戦は複数用意するのが賢明

働いている内に温めておいた定年退職後の新しい挑戦へのプランが1つだけの場合だと、万が一挫折に至った場合に対応する事が出来なくなります。

これを防ぐには新しい挑戦は最低でも2〜3個のプランを用意しておくのが最適です。退職の1年前に開始したプランが挫折してしまった場合でも残りのプランがあれば退職後に直ぐにチャレンジする事が出来ます。

定年退職後は第二の人生なので、この人生は長いですから、充実した生活ができるように綿密な計画を立てる事も必要になります。

何もしないで生活するのは勿体ないので、自分や家族がずっと楽しめて充実できる事を見つけるのが良いです。

 

コメント