老後生活の趣味や食費プラスαも兼ねて定年退職後は家庭菜園の検討を

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後生活の趣味や食費プラスαも兼ねて定年退職後は家庭菜園の検討してみては如何?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

定年退職後は家庭菜園の準備を

定年退職後から第二の人生が始まりますが、どのようにして過ごすのか?決めている人もいれば何も考えていない場合もあります。もし、何も考えていないのであれば家庭菜園を検討してみては如何でしょうか?

 

定年退職後は家庭菜園の検討を

定年退職後に何か行うという事を決めているのであれば、特に何も考える必要はないのですが、何も計画していないのであれば家庭菜園をお勧めしたいと思います。

どうして家庭菜園を検討した方が良いのか?というと、地球温暖化の影響もあり、野菜等の作物が天候の影響を受けて不作になってしまう場合もあります。

そうなると野菜等の作物の価格が上昇して生活費を直撃する事になるため、年金生活が苦しくなってしまいます。

少しでも食費に掛けるお金を節約できるように家庭菜園を整備しておくのも良いのではないか?と考えます。

 

定年退職後であれば勉強もできる

急に家庭菜園を行なったとしても自分がイメージしていた通りに収穫する事は出来ないと思います。今まで野菜作り等の経験がない場合は経験不足になるので仕方のない事です。

でも、定年退職後であれば、時間もたっぷり有りますから試行錯誤する事も出来ます。野菜作りの経験を貯めて野菜作りの勉強するのも良いと思います。

 

家庭菜園は趣味と実益を兼ねる

家庭菜園を行えば趣味実益を兼ねる事ができるので継続しやすいというメリットがあります。趣味も兼ねることが出来る取り組みであれば挫折しそうになってしまった場合でも楽しみながら行えるため、思い直す事が出来ます。

野菜等の作物を収穫する事が出来れば、野菜等の価格が上昇してしまった場合に限定されてしまいますが、食費の節約にも繋げられるメリットがあります。

とはいえ、家庭菜園を維持するには、それなりの費用も発生するのも事実なので負担に感じる場合もあります。

でも、趣味と実益を兼ねるのであれば多少の投資も良いのではないでしょうか?

 

家庭菜園は老後生活の食費の貢献に繋がる

老後生活で食料品の価格が上昇すると生活に影響を受けてしまいます。特に食費の割合が上昇してしまうので生活費も多く出費する事に繋がってしまいます。どうにかして食料品の上昇を抑え込みたいものです。

 

家庭菜園を整備する事で食費に貢献できる

定年退職後に畑を借りて家庭菜園を整備することで食費のプラスαに繋がります。生活していれば食費も必要になりますけど、物価の変動に影響を受けやすいので月によっては大きく食費が出費する場合もあります。

でも、家庭菜園で野菜作りをしていれば野菜の価格が上昇してしまった場合でも多少は影響を受けてしまいますが、それでも通常プラスα程度に抑えることも可能になります。

とはいえ、そのように食費に貢献するようになるには手広く野菜作りをしないといけないかも知れませんが、少しは食費の足しに繋がると思います。

 

維持費も掛かるが趣味の領域なので問題ない

家庭菜園を整備したと仮定して、維持費が発生する事になります。自宅の敷地内に作る事が出来れば畑を借りる必要はありませんが、マンションやアパートに住んでいる場合では畑を借りる必要があります。

肥料や道具といった物も必要になるため、それなりの費用も掛かる事になります。でも、老後の趣味として行うのであれば多少の費用も特に問題はないのではないか?と考えます。

でも、実際には想定外の費用も発生するのでこれだけではないのですが、あくまでも趣味として楽しく行う事が出来れば充実な老後生活が出来ると思います。

 

スポンサーリンク

 

家庭菜園は自宅のベランダでも出来る

畑を借りてまで野菜作りをするのは負担に感じると考えている場合もあると思います。そのように感じている場合では自宅のベランダでプランター菜園も良いのではないか?と考えます。

 

ベランダ菜園で勉強するのも良い

畑を借りてまで野菜作りはちょっと・・・と考えている場合もあると思います。畑を借りると畑を維持する必要があるため、負担に感じてしまう場合もあるからです。

それならば自宅のベランダでプランターを並べて野菜作りをするのも良いと思います。自宅のベランダならば借りた畑に行く必要もないですし、収穫する場合も自宅で完結することが出来ます。

それに野菜作りの勉強をするにはプランター栽培が丁度良いですから、理に適っています。

 

水耕栽培も魅力的

ベランダ菜園であれば、水耕栽培という方法もあります。プランター栽培だと土を使いますから虫が湧いたりする場合や収穫する時に土の処理が大変になりますけど、水耕栽培であれば基本的に土は使いませんから、野菜を収穫した後の処理も楽だと思います。

但し、水耕栽培の場合は、根に新鮮な酸素を供給しないといけませんから、エアーポンプなどの装置が必要になります。エアーポンプは24時間稼働しなければいけないため、電気代が発生します。

また、エアーポンプの音も意外と大きいですから、うるさかったりします。水耕栽培も良さそうに見えますけど、一長一短があります。

水耕栽培を検討される場合は、総合的な事も含めて検討した方が賢明です。

 

コメント