働いている内に株主優待を得る仕組み作りをして老後生活に役立てを

老後生活

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『働いている内に株主優待銘柄に投資して株主優待と配当金を得る仕組みを作っておき、老後生活に役立てるのも良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の生活費を切り詰め過ぎると楽しくない

老後の年金暮らしは色々とお金が掛かりますが、お金が掛かるからといって生活費を切り詰めたりすると、何かを我慢や犠牲にする事になるのでストレスの原因にも繋がります。

 

生活費を切り詰めないで楽しく生活する事も必要

老後の生活は身体の衰えも目立つようになることもあり、色々とお金が掛かるようになるため、老後の蓄えとして預貯金していた資金を取り崩すこともあります。

今までと同じように生活するには公的年金だけでは足らない場合もあるので、老後の蓄えとして貯めていた預貯金から少しずつ補填する感じになります。

例え少しずつ預貯金から補填した場合でも、いつかは底をついてしまう事になるため、底をつかないように生活する事も必要になります。

この時に生活費を切り詰め過ぎてしまうと逆にストレスが溜まってしまうので注意も必要になります。老後の世代になってストレスを大きく感じてしまうのは健康的にも良くないです。

節約生活を行うのであれば、働いている内から始めて習慣化しておくのが最適です。

 

老後の蓄えは預貯金以外も準備を

老後の生活資金として公的年金の他に預貯金が該当しますが、預貯金の場合は元本保証がある場合が多いですから、利息も微々たる金額になってしまいます。

それに対して元本保証のない金融投資商品もあります。元本保証がないと価値がゼロになってしまうリスクも発生する場合があるので手を出したくないのですが、預貯金の利息は当てにならないので、検討も必要になります。

具体的にその金融投資商品が良いのか?は自己責任で判断する事になります。何が良いのか?は自分なりに十分に検討してみないと判断できない部分でもありますから、家族と相談して決めるのが最適になります。

少なくとも預貯金以外の方法も準備しておいた方が良いのではないか?と考えます。

 

楽しみも兼ねて株主優待の検討を

老後はお金が掛かることもあり、つい生活費を切り詰めてしまう傾向になってしまう場合がありますが、そのような事をすると楽しみが犠牲になってしまうので、結果的に自分に跳ね返って来る事になります。

 

楽しみのある老後生活を

生活費を切り詰めれば切り詰めるほど、何かを犠牲我慢する事になるのでストレスも溜まってしまう悪循環になってしまいます。

かといって、老後生活費も限られているため、そんなに贅沢をすることは出来ません。そうなって来ると、働いている内に楽しめる仕組みを施しておく事も必要になって来るでしょう。

具体的には株主優待もその内の1つになるのではないでしょうか?

 

株主優待銘柄を保有して老後に役立てる

株主優待銘柄を老後の世代になってから購入するのは得策ではありません。何故なら、株式投資は投資商品なので老後の世代から始めるのは大きなリスクを伴うからです。

趣味の領域で始めるのも有りですが、勉強するにはタイミングが悪すぎます。少なくとも株式投資の勉強を始めるには働いている内が最適になるので、定職がある内に行っておくのが賢明になります。

働いている内にいくつか株主優待銘柄を保有しておき、老後の楽しみとして株主優待品株式配当金を得る生活も十分に楽しいのではないか?と考えます。

 

スポンサーリンク

 

株主優待銘柄を保有して老後生活に役立てる仕組み作りを

老後生活の楽しみの1つとして株主優待もありますが、株主優待の場合は株式投資なので株式に嵌ってしまうリスクも併せ持ちます。株式投資はリスクを伴うので趣味の領域で行うのが得策になります。

 

働いている内に株主優待を趣味で行うのが最適

株式投資の場合だと、基本的に配当金売却益で大きく増やすという感じになりますが、株式投資の初心者や素人では残念ながらそのように大きく増やすことは難しいです。

とはいえ、何かのいたずらで成功する場合もありますが、基本的には投資商品はそんなに甘くはないです。

株式投資を行うのであれば、あくまでも趣味の領域に留めておく事が求められます。趣味で株式投資を行って勉強するのが最適になります。

何故なら、株式投資は元本保証がないですから、自己責任で大きく価値を減らしてしまう場合もあるからです。

でも、趣味の領域ならば被害を最小限に食い止める事が出来ます。

 

生活に直結する株主優待銘柄の保有を

老後生活は何かとお金が掛かりますから、少なくとも生活に関連する優待品を貰うのが賢明の選択になるのではないか?と考えます。

生活に関連する商品となると、食料品日用品になりますが、これらの商品は生活していれば確実に必要になる場合が多いです。

そのような生活必需品を定期的に株主優待として受け取る事が出来れば老後生活にも役立てることが出来て、株式配当金まで貰えるので2つの楽しみを同時に受け取れてラッキーな気分になります。

その為には、働いている内に仕込んでおく事も必要になるため、趣味の領域で株式投資を行っておいた方が良いと思います。

 

コメント