30代は老後の年金生活の老後資金ついて計画的に行動&確実に準備を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『30代は老後の年金生活の老後資金ついて計画的に行動&確実に準備を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活のための資金準備の検討

老後の年金生活では第二の人生になるため、お金もそれなりに掛かります。この第二の人生を生活する資金として老後の蓄えを準備する必要があります。

 

20代は自分の為にお金を使ってしまう

老後資金は20代の頃から資金準備を行なった方が良いのですが、残念ながら20代の場合は基本的に老後を考えない場合が多いです。

何故なら、まだ20代なのに、どうしてそんな先の事を考えないといけないのか?といった感じになりやすいのが実情です。

それに先の事は誰も分からないので、今からアレコレ考えても仕方ないと思っている節があります。確かにこれは言える事なのですが、頭の角にでも良いから常に入れておいた方が良いと思うのは気のせいでしょうか?

という理由もあり、働いて得た給料は自分の為に使ってしまう傾向が高いです。確かに預貯金も行いますが、それはマイカーを購入する資金に充てたりしてしまうので老後目的にお金を貯めるという事はしないです。

 

30代でも老後を意識しない

20代では老後の為の生活資金について考える事は少なかったのですが、30代ではどうなのか?というと、意識はするけれども、実際にはまだ30代だからといった感じで問題の先送りといった展開になりやすいです。

家庭を持つと、家計の維持が最優先になるため、家計が安定するまでは流石に老後資金の事までは頭が回らないといった感じになります。

それに夢のマイホームといった超高額な買物も行いたいという願望も強くなりますから、例え老後の為の資金を準備していたとしても、頭金をして右から左へと使ってしまう傾向になります。

これでは、何の為に老後の預貯金をしていたのか?となりますが、どうしても欲しい物が発生すると、後で補充すれば問題ないといった感じで何かの目的で貯めていた預貯金は使ってしまう場合が多いです。

 

老後資金は30代から確実に貯める行動を

老後の蓄えである預貯金は確実に30代から準備する行動を行わないと問題の先送りというパターンで大した準備しないまま、50代に突入してしまう可能性が高くなります。

 

30代前半に行動を起こす必要あり

老後資金の準備といっても、どのような準備が必要なのでしょうか?ただ単に預貯金するだけなのでは?と思ってしまいます。

基本的には預貯金なのですが、ただの預貯金ではありません。老後目的に特化した預貯金に加えて資産運用になります。

資産運用を行うには、ある程度まとまった資金が必要になるため、とりあえず老後目的の預貯金で貯めて、それを元手に資産運用を行う事になります。

そのため、30代では確実に老後目的に特化した預貯金を行わないと資産運用が行えなくなってしまいます。

 

少ない金額でコツコツ貯めるには年月が必要

老後の年金生活の為の老後資金は大きな金額になるので、右から左へと簡単に移動できるお金ではありません。

そのため、若い内からコツコツ貯めていく方法が最適になります。塵も積もれば山となるといった感じで少ない金額でも年月を費やす事によって大きな金額になります。

いつから行えば良いのか?というと、それはズバリ就職した時点になります。でも、皆さん、この時点では老後なんて全く気にもしていない時代ですから、スタートが遅れているという事になります。

そうなって来ると確実に30代から老後資金をコツコツ貯めて行く必要があるのです。それなのにまだ30代だからとか理由を付けて問題の先送りをしてしまうと、後で困る事になるため、自業自得にならないようにした方が賢明になります。

 

スポンサーリンク

 

老後生活の為の老後資金は確実性が求められる

老後資金は確実に準備しておく必要があります。老後生活の唯一の収入は公的年金になりますが、これだけで生活する事が出来るのか?というのは正直のところ分かりません。プラスαとなる資金が必要になります。

 

老後の蓄えは目的意識をしっかり持つ

本来であれば、若い内から預貯金していた金額を老後資金に充てるのが最適なのですが、若い内の場合は自分の欲しい物や何か行いたい事にお金を費やしてしまう傾向があるのでスタートが遅れてしまいます。

さらには、預貯金をしても利息が微々たる金額なので、預貯金しても仕方がないといった感じになりやすいのも事実です。

そのように考えてしまうと預貯金の必要性が無くなってしまうので悲観的な考えにならないように自分自身で目的を持つ事が重要になります。

何の為に預貯金するのか?という明確な目的を持たないと継続するのは難しいです。

 

計画倒れにならない計画が必要

老後目的の資金を準備するぞ!と考えても残念ながら、頭の中でアレコレ策を練っても頭の中だけで終わってしまいます。

具体的にどのように資金作りを行うのか?といった具体性が無いと空論で終わってしまうからです。

空論にならないようにするにはどうすれば良いのか?というと、綿密な資金計画を立てて、その計画に沿って資金準備を行うという実効性が求められます。

実行力の伴う計画でないと確実性に疑問符が付いてしまいます。このような計画では残念ながら効果的に老後資金の準備には至らない場合が多いです。

 

コメント