老後の年金生活の為の老後資金は20代から意識して準備を行う選択を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活の為の老後資金は20代から意識して計画的に準備を行う選択も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活の悩みはお金

老後の年金生活での不安といえばお金の問題があります。純粋に受け取年金だけで生活できるのか?という部分に興味や関心が向いてしまうのは気のせいでしょうか?

 

公的年金の問題

老後の年金生活での唯一の収入といえば、公的年金になりますが、私達が老後の世代になっても現在の水準で年金が貰えるのか?も大きな関心事になります。

これを前提に老後の蓄えを準備しているので、もし、この前提が崩れてしまった場合には計り知れないダメージを追う事になります。

何せ、収入が減ってしまったら、どんなに老後の蓄えが有ったとしても、枯渇してしまう可能性も高くなってしまうからです。

とはいえ、これは年金財政の問題なので、破綻しないように祈るしか方法がないのが実情です。個人レベルで対応できるのは裕福な家庭ぐらいなので一般的に難しいと思います。

 

年金だけで足りるのか?

受け取った年金だけで老後の人生をずっと生活する事が出来るのか?という問題にも直面する事になります。

これも大きな関心事なのですが、まだ私達は年金を受け取っていない世代なので、実際の年金生活を体験していない事もあり、漠然とこんな感じ?といった事しか分かりません。

この状態で年金生活に突入して、生活できるのか?というのはどうなんでしょうか?その為にシュミレーションしているという場合もありますが、本当にシュミレーションだけで大丈夫なのでしょうか?とても疑問に感じます。

シュミレーションというは確かに役立ちますが、シュミレーションして満足してしまう場合が多いです。これでは何の意味もないと考えます。

 

老後のお金は、いつ頃から準備するのが良いのか?

老後の年金生活では、受け取った年金だけで生活できるのか?というのが大きな不安でもありますが、老後の蓄えである老後資金は、いつ頃から準備を行なった方が良いのでしょうか?

 

老後のお金を意識するのは、いつ頃?

老後の年金生活を意識するのは、おそらく定年を考えるようになってからになる場合が多いのではないでしょうか?

というのも、20〜30代の場合では、老後の生活なんて、まだ先なので今は自分や家庭の事に集中すれば良いといった感じになるからです。定年を意識するのは40代あたりになるのではないでしょうか?

仮に40代になってから定年退職を意識したとして、お金の準備は万全なのでしょうか?退職金制度がある会社に勤務していれば何とかなるかも知れませんが、退職金制度がない会社の場合は、そうもいきません。

流石にちょっと遅いのではないか?と考えます。

 

家計が安泰してからでは遅い

結婚して家庭を持ち子供が生まれると家計が安定しない場合が多いのですが、もし、家計が赤字になってしまうと、黒字になるまで時間を要する事になります。

赤字を克服して安定してから老後のお金をどうするのか?を考える事になりますが、残念ながらまだ先になる事が多いです。子供の教育資金を確保しないといけないからです。

子供の教育資金を確保してから、老後の蓄えを準備するといった感じになるため、ほぼ確実に公的年金を充てにしている生活になってしまうでしょう。

これでは受け取った年金だけで生活するのが基本になってしまうので年金額が減額されてしまった場合に困る事になります。

苦しいかも知れませんが、もっと早い時期に老後目的の預貯金を準備するようにしないと駄目だと考えます。

 

スポンサーリンク

 

20代から老後のお金を準備するのが賢明の選択

結婚して家庭を持ち、子供が生まれると家計が安定しない場合もありますが、この時点で既に預貯金を減らしてしまっている事になります。預貯金は老後の蓄えでもあるので、なるべく多く準備しておきたいものです。

 

20代から老後資金の準備を

20代!? と思われる方も居るかも知れませんが、おそらく20代から老後資金の事を意識した預貯金を行なっておく必要があると考えます。

この世代では老後なんて全く意識もしないですから、自分の趣味や欲しい物にお金を投資する場合が多いです。

でも、結婚して家庭を持ち、子供が生まれると、家計が赤字になってしまう場合もあるので預貯金というのは、とても大切になります。

特に家計が赤字になると確実に老後の蓄えでもある預貯金が減る事になるので積み増しが必要になります。減るのは簡単ですが、積み増しというのは難しいので、老後目的に特化した預貯金というのが必要になります。

 

少ない金額でコツコツ

20代から老後の年金生活のための資金を準備する場合であれば、少ない金額でコツコツ貯める積立方式が最適になります。少ない金額でも年月を費やせば大きな金額になるからです。

だからといって1000円単位という金額はちょっと少ないですが、毎月1万円であれば大きな金額になります。

お金が自由に使える独身のうちに老後の事をしっかり考えて、その仕組みを作っておくのが賢明なのではないか?と考えます。

とはいえ、生活していればマイカーなどの大きな買物もしたくなるので、使わないようにする事も必要になります。

老後目的の預貯金はとても重要なので、コツコツ貯める方式で準備してみては如何でしょうか?

 

30代は老後の年金生活の老後資金ついて計画的に行動&確実に準備を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『30代は老後の年金生活の老後資金ついて計画的に行動&確実に準備を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 老後の年金生活のた...

 

コメント