これから老後の年金生活を迎えるにあたって準備しておきたい資産運用

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『これから老後の年金生活を迎えるにあたって準備しておきたい資産運用』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活はどのように暮らしたいのか?

老後の年金生活はどのように暮らしたいと考えているのでしょうか?充実した1日を過ごせれば良いといった場合もありますし、趣味を満喫した暮らしを行いたいという場合もあると思います。

 

夢中になれる趣味があるのか?

老後は確かに時間がたっぷりありますけど、この時間を有意義に過ごせるのか?は全く別物になります。

というのも時間を有効に過ごすには趣味などの充実した目的がないと難しいので果たして自分は本当にそのような趣味があるのか?という部分に直面します。

趣味と呼べる物なのか?それとも興味や関心がある程度なのか?といった場合では大きく異なる事になりますから、何か1つでも夢中になれる趣味を見つけておくことが求められます。

夢中になれる趣味があると時間を忘れてしまうぐらいに没頭できるのでストレスも発生しない状態が続く事になります。

 

一緒に趣味を楽しめる仲間を見つける

老後の趣味の場合に限っていえば、趣味に没頭できる事になるため、或る意味、自分だけの世界に入り込んでしまう事になります。

この状態というのは、とても複雑な感じになります。何故なら、引き篭もり生活になりやすいので、外に出歩かないといった感じになりやすいです。

老後の生活で引き篭もりになってしまうと定期的な運動が行われなくなってしまうので免疫力がさらに低下する原因にもなります。

ただでさえ加齢によって身体が衰えているのに、自らさらに拍車を掛ける行為を行なってしまう事になります。

そのため、一緒に楽しめる趣味の仲間を見つけた方が良いです。そうする事で出歩く回数も増えますし、孤独化を防ぐ事にも繋がるため、有意義な老後の年金生活を過ごす事ができると思います。

 

老後の暮らしはお金が掛かる

老後の生活を有意義に過ごす場合でもお金は掛かるものです。趣味を満喫するには健康である事が求められますから、健康維持のための費用が発生します。

 

意外とお金が掛かるのは医療費

老後の生活費でお金の掛かる費用としては医療費が挙げられます。老後の世代になると加齢による免疫力の低下がありますし、身体のアチコチにも衰えが目立つようになります。

冬のシーズンであれば風邪やインフルエンザといった病気にも掛かりやすくなりますし、日常生活といった場合ではちょっと転んだ場合でも怪我をしてしまう可能性も高くなります。

特に老後では骨も脆くなるので、転んだとしても骨折してしまう場合も多くなります。このような感じで何かと医療費の負担が多くなるのが老後の年金生活になるので、医療費についても考慮しないといけません。

老後目的の預貯金も必要になりますが、老後の医療費をターゲットにした預貯金も有った方が良いと考えます。

 

想定外のお金は介護関連費

老後の医療費もお金が掛かりますが、それよりも大きな負担になるのが老後の介護費になります。大切な家族が認知症になってしまうと介護をしないといけなくなります。

家族だけで介護できれば良いのですが、なかなかそれも難しい場合もあります。そのような場合では介護を引き受けてくれるサービスを利用しないといけません。

でも、年金生活でこのようなサービスを利用するのは相当な負担が発生する事になるため、もしもの介護のための費用も準備しておいた方が賢明になります。

また、自分も認知症になってしまう場合もあるので、そのような場合は家族の為にある程度のお金を準備しておくという事も必要になります。

 

スポンサーリンク

 

しっかり資産運用して老後資金の充実を

老後の年金生活では医療費や介護関連費といったお金も必要になりますが、このお金を公的年金から工面する事はできません。自分年金といった預貯金から捻出する事になります。これでは預貯金が枯渇する可能性が高くなってしまいます。

 

資産運用は大切

老後の医療費や介護関連費を工面するのに預貯金を充ててしまうと、公的年金だけで生活する羽目になってしまいます。

人によっても個人差がありますが、必ずしも受け取った年金だけで生活できるとは限らないのが実情になりますから、年金を補完する役割を担う預貯金は必要になります。

少しでも長く預貯金が枯渇しないように努力する事が求められる事になるという事です。このようなするにはどうすれば良いのか?という事になりますが、ズバリ資産運用になります。

どのように資産運用を行うのか?によっても老後の生活が変わって来るのではないか?と思います。

 

資産運用は老後になる迄に基盤の確立を

老後のお金が資産運用した方が良いという事は理解できますが、だからと言って、老後の生活になってから資産運用を開始するのは遅過ぎます。

少なくとも、働いている内に確立させておかないと老後生活には間に合わないのではないか?と考えます。

老後を意識する年齢に達するまでは時間が掛かるので、もっと若い年齢の内にしっかりとした老後意識を持ち、それに合わせて準備や検討を行う事も大切です。

まだ老後の年齢には早いからとか言っていると、いつになっても対策が後回しになってしまうので早めに準備を開始した方が良いです。

 

コメント