自分年金は老後の年金生活に必要な老後の蓄えなので増やす努力も必要

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『自分年金は老後の年金生活に必要な老後の蓄えなので増やす努力も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の蓄えである預貯金は増やす努力を

老後の年金生活の資金でもある預貯金の場合は利息が雀の涙程度なのに必要性を感じられなくなってしまう場合が多いですが、老後生活には欠かせない資金になります。

 

預貯金は減ってしまう

預貯金を行なっていても預貯金は減ってしまいます。お金の性格上、ある目的の為に貯めているお金という位置付けになるため、大きな物を購入したい目的が発生すると、何も躊躇することなく使ってしまう場合が多いです。

何せ、一番手っ取り早くお金を右から左に移動できる唯一の資金になるので、預貯金は何かの購入代金に充てられてしまう場合が多くなります。

これではいくら預貯金していても老後のお金が貯まらないという事になってしまうので、老後目的に特化した預貯金を行う必要性も迫られます。

 

定年退職後から年金が貰えるまでにお金が減る

会社を定年退職をしても直ぐに公的年金を受け取る事ができないため、老後の年金生活の為に貯めておいた老後資金を使う事になります。

このお金は本来ならば、年金生活を補完する為に貯めていたお金になります。これを使ってしまう事になるので、最悪の場合、年金生活が始まる前に枯渇する可能性も否定できません。

このようなまさか?の展開にならないように定年後もお金を得るような取り組みも必要になります。

年金が受給できるまでは再就職やバイトするなどの対策も必要になってしまうのが実情です。

 

預貯金だけではお金が増えないのが実情

老後の生活資金は主に公的年金がベースになりまsが、それだけでは足らない場合もあります。このような場合に有ると重宝するのが預貯金になります。でも、預貯金の場合は貯めていてもお金が増えないので実情なので、色々と考えてしまうお金でもあります。

 

預貯金は安全性は高いが利息が雀の涙

安全性の高い金融商品といえば預貯金になりますが、唯一の欠点は安全性が高いゆえに利息が微々たる金額になってしまうことです。これではお金が増えません。

これでは、預貯金したって意味がないじゃん!と思うようになってしまうのが頭の痛い問題でもあります。

残念ながら、利息が微々たる金額だったとしても預貯金は必要になるため、ある程度のお金は貯めておく必要があります。

特に老後の年金生活においては預貯金が頼みの綱になるので、なるべく増やせるように努力しないといけません。

 

貯蓄性の高い保険商品も魅力的

預貯金の場合は安全性の高いお金なので利息は微々たる金額になってしまうのが悩みのタネになります。

利息が少ないとお金は増やせないですから、お金が増えないのに預貯金する必要はあるのか?という根幹部分に疑問が生じてしまいます。

これを補う金融商品として貯蓄性の高い保険商品があります。郵便局であれば養老保険が該当しますが、期間も長く、老後の生活資金を貯める目的には性格的に丁度良い金融商品になります。

それに預貯金よりも利息は多いですから、保険商品を保有していても問題ないと思います。但し、満期までお金を解約できないので、途中解約すると逆にお金の無駄遣いになります。

 

スポンサーリンク

 

全ての金融資産の総合力である自分年金

自分年金という言葉を聞くと、公的年金のような性格のお金なんだな?と勘違いする場合もあります。これはあくまでも自助努力によって貯めるお金の総合力を指す言葉なので公的年金と同じではなく、補完する役割を担うお金になります。

 

自分年金を増やすのは簡単そうで簡単ではない

自分年金は全ての金融資産の総合力になるため、増やすのは簡単だろう?と考えてしまう場合が多いですが、そんなに簡単な事ではありません。

特に預貯金をベースにする事になる自分年金では、利息の問題もありますけど、それ以上に預貯金の性格の違いもあります。

たいていの場合は、生活資金は普通預金で運用する事になるので、普通預金にお金があればあるほど、そのお金は含めないようにしないといけません。

公共料金の支払や食料品、日用品といった生活必需品のための資金になるので、確実に手元に残らないお金になります。

普通預金ではなく老後目的に特化した定期預貯金を増やさないといけません。

 

自分年金は公的年金を補完する役目を担う

自分年金は公的年金のような役割を担う者ではありません。あくまでも自分の金融資産の総合力に過ぎないため、これだけで老後の長い人生を過ごす生活資金に充てる事が出来ません。

あくまでも公的年金を補完する役割を担う目的で私達はせっせと自分年金を増やす必要性に迫られます。

これはどうしてなのか?というと、公的年金だけで生活が行えるのか?分からないためです。その人の生活水準によってはとても受け取った年金だけで生活できない場合があります。

このような場合では預貯金からお金を取り崩して補完する必要があるため、お金が少しずつ減って行く事になります。

この老後のお金は有限なので、いつか?は枯渇してしまう事になります。

 

コメント