老後の年金生活に必要なお金は貯めるだけではダメ!資産運用も検討を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活に必要なお金は貯めるだけでは心もとないので資産運用も検討を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活の不安はズバリお金である

老後の年金生活では何かと不安があります。その不安の代表格といえるのは生活するために必要なお金になります。何せ収入は公的年金に限られてしまう場合が多いですから生活できるのか?は重要な問題になります。

 

老後の年金生活ではお金が不安

老後の不安の中で一番気になるのは何と言ってもお金になります。公的年金が唯一の収入になるため、この受け取った年金だけで生活できるのか?が重要になって来ます。

実際には自分の生活水準も大きく影響を及ぼす事になるので、先ずは自分が老後の世代になった時にどのような生活を過ごしたいのか?を明確に設定する必要があります。

ココが定まらないと基準となる対策が行えないのでいくら、老後のお金を貯めても有効な対策が行えなくなります。

少しでも不安を取り除いておきたい場合は生活水準も考慮した方が賢明です。

 

老後は家計も気になる

老後の生活資金はとても気になるところですが、家計も気にしないといけません。老後の年金生活になって家計が傾いてしまったり、破綻してしまう場合もあるため、この対策も重要になってきます。

このようになってしまうのは今まで家計が苦しくなってしまった経験がない場合に発生し易いです。

働いている場合では収入が安定していたので何とか乗り越える事が出来たかも知れませんが、年金生活では今般的に、働いている時に比べて収入が少ないですから今までと同じように生活をしていれば、徐々に家計も苦しくなってしまいます。

老後の年金生活になってから節約に励むのは非常に大変なので、家計も疎かにしてはいけません。

 

老後の生活資金は貯めるだけではダメ

老後の年金生活に役立つ老後の蓄えは、ただ預貯金していればOKという感じではいけません。基本的に預貯金しても増えませんから、増える努力もしないといけないという事になります。

 

お金を預貯金しても利息は微々たる金額

老後の年金生活を支えるのは公的年金になりますが、これだけでは生活できるとは限りません。毎日の食生活を支える食料品や日用品の買物、病気になってしまった場合の医療費、毎日の生活に欠かせない公共料金、家族の介護費といった感じで老後はお金が掛かります。

例を挙げたら切りがないくらいにお金が掛かる世の中なので、そのお金を老後の年金だけで賄うのは厳しいです。

このような場合に役立つのが老後の蓄えである預貯金になります。だからと言って、お金をせっせと預貯金していれば問題ないと考えている場合は要注意です。

お金は基本的に有限なので、いつかは枯渇してしまいます。お金を貯めていても利息分しか増えませんから、引き出せば少なくなってしまいます。

 

老後のお金は預貯金だけでは厳しい

老後の年金生活では何かとお金が掛かるようになっているので、老後の蓄えが預貯金だけの場合は生活が厳しくなってしまう可能性があります。

基本的には公的年金で生活する事になりますが、自分の生活水準では、とても受け取った年金だけで生活するのは出来ないという場合もあります。

このような場合では預貯金を取り崩して生活資金に充てる事になります。これをずっと継続していれば、当然の事ながら、いつかは枯渇してしまうという事になります。

これをどうにかして少しでも長く老後の蓄えが維持できるようにするのか?が求められます。

 

スポンサーリンク

 

老後の生活資金は貯めて資産運用を

老後の蓄えである老後資金を少しでも長く維持・運用を行うには預貯金だけでは厳しいのが実情です。このような場合では資産運用も必要になります。といっても、急に資産運用なんて出来ませんから働いている内に対策を行なっておくのが賢明です。

 

老後のお金を貯めてもお金は増えない

老後の年金生活の目的でお金をせっせと預貯金した場合でもお金は増えません。減る場合もあります。

どうして?と思うかも知れませんが、生活していれば何かと欲しい物や買いたい物が発生するので、せっかく貯めていても、その原資になってしまう可能性が高いからです。

特に夢のマイホームやマイカーといった高額な商品を購入する場合では頭金として老後の蓄えを充ててしまう場合が多いです。

これでは老後に十分なお金を残す事が出来ないという事になります。別勘定のお金という扱いをしておかないと厳しいと考えます。

 

老後のお金は資産運用で増やす取り組み

別勘定によるお金の管理も必要になります。特に老後の蓄えでもある老後資金の一部を株式投資や投資信託で賄う事を考えている場合は尚更です。

日常生活と同じ勘定で投資を行うと、失敗した場合に家計も一緒に沈没してしまう事になるからです。これを避ける為には別勘定によるお金の管理が必要になります。

その上で、株式投資や投資信託を行う必要があります。もっとも最初の内は、勉強を行う程度での運用が望ましいです。

最初から手広く投資を行なってしまうと、どっぷり、のめり込んでしまう展開になる可能性も否定できないため、本業が疎かになってしまいます。

このような資産運用の取り組みを行う事も必要になります。

 

コメント