老後の年金生活はお金が掛かる!自分年金の総合力で暮らせる対策を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活はお金が掛かる!自分年金の総合力で暮らせる対策を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活への対策は何を行えば良いのか?

老後の年金生活への対策は色々ありますが、その中でも第1に考えないといけないのは老後の生活費になると考えます。これがないと生活が出来なくなるので日頃からの対策が重要になってきます。

 

老後の生活費への対策

老後の生活費といっても基本的には公的年金に頼る事になります。老後の年金生活では唯一の収入が公的年金になるので基本的には収入を維持することができます。

とはいえ、実際に公的年金だけで生活できるのか?というと、生活水準によっても異なります。今まで優雅な生活を行なっている場合では、その水準を維持したいと考えてしまう場合が多いため、徐々に生活に影響を及ぼす事になります。

生活水準をダウンさせても問題ないと考えている場合では、それだけで老後生活費の対策に繋がるため、それにプラスαを行うことで、より一層の対策に繋げることが出来ます。

老後の年金生活は第2の人生でもあるため、長い年月を過ごす事になりますから、充実した生活が行えるように努力も必要になります。

 

家計が傾かないようにするのが第一

老後生活費への対策といっても実際には何が出来るのでしょうか?基本的には家計を傾かないようにするのが一番になるのではないか?と考えます。

家計が傾いてしまうと生活に支障が出るので、どうにかして傾かないように努力する事になります。といっても、ただ漠然に努力する訳にもいきませんから、テーマを決めて対応策を考える事になります。

最初に考えるのは、公的年金だけで生活できるのか?という部分になります。これが難しいのであれば、公的年金を補完する役割を担う自分年金の充実を図る事の一点に尽きるのではないか?と思います。

 

公的年金を補完する役割を担う自分年金を充実

自分年金とはいったい何なのか?というと、預貯金や株式、投資信託、貯蓄性の高い保険といった金融商品を実際に保有して老後の生活費に充てるお金になります。

 

公的年金だけでは生活が苦しい

公的年金だけで生活できるのか?というと、これは正直のところ、分かりません。生活水準も影響しますし、それだけでなく、その時の状況によっても大きく変動してしまいます。

現在の状況では老後の年金生活は安泰でも、実際に自分達が年金を受け取る事になった場合では少なくとも状況が異なると思います。

現在の水準で年金が受け取れるのか?又は受給年齢が上昇しているのか?という事も大きく影響します。

それだけでなく、自分が健康的な生活を行う事が出来ているのか?によっても変わってきます。何故なら、高齢者になると身体的な衰えも出て来るのでお医者さんのお世話になる可能性が高くなるため、医療費や介護費といった考慮しておかなければならない費用が影響して来るからです。

 

自分年金を充実させる

自分年金といっても色々な種類がありますが、具体的には預貯金をベースにするのが賢明の選択になります。株式や投資信託といった投資商品の場合ではお金を大きく増やす事が出来る反面、逆に大きく減らしてしまう場合もあるからです。

お金を大きく減らしてしまうと、老後の生活資金が減ってしまう事になるため、賢明の選択とは言えません。

そのため、基本的には預貯金をベースにして預貯金を補完する目的で株式投資や投資信託、貯蓄性の高い保険商品を保有するのが良いのではないか?と考えます。

但し、貯蓄性の高い金融商品の場合は利息も低いので、その辺りも考慮しないといけません。利息だけで生活できる

 

スポンサーリンク

 

老後生活の対策は自分年金の総合力

老後の年金生活は全ての自分のお金(自分年金)の総合力で生活する事になります。日頃からの積み重ねでの暮らしになりますから、毎日ただ生活するのではなくて老後の事も考慮した生活を行う事が求められます。

 

自分年金の総合力で生活

年金生活は全てのお金の総合力で生活する事になりますが、生活水準によっても準備できるお金に差が生じてしまいます。

これは仕方のない事なのですが、それをどうにかする対策も必要になります。生活水準の差はどうにも埋める事が出来ません。

それならば全ての総合力で何とかすれば良いのです。準備できるお金はどうにもならないですが、お金以外の事ならば、十分に対策は行えます。

特に老後では医療費や介護費の支出が増えるので、この対策を充実させるのが良いと思います。具体的には健康第一規則正しい生活が基本になります。

これに加えて、認知症にならない対策がが必要になります。

 

少ないお金で生活できる取り組み

いくら自分年金を充実させたからといって、それで安心という訳ではありません。どんなにお金が有ったとしても、お金は有限なので、いつかは枯渇してしまう事になります。

特に老後の年金生活では収入が公的年金に限られてしまうため、生活費する費用に充てる事になります。とても預貯金できるお金ではないのが実情です。

そのため、少ないお金でも生活できる取り組みが必要になってきます。具体的には節約になるのですが、節約の場合では何かを犠牲にする事になるため、時として良くない効果も発生します。

老後の生活になってから節約を行うのではなく、日頃からの習慣として節約を取り入れた生活を行うのが賢明になります。

 

コメント