資産運用の勉強も必要!老後の年金生活の資金が枯渇しない取り組み

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活の資金が枯渇しない取り組みには資産運用の勉強も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活の前に壁が立ち塞がる

定年退職しても直ぐに公的年金を受け取る事ができないため、基本的には退職金等で暮らす事になります。でも退職金がない場合では預貯金を取り崩す事になるため、本番の年金生活の前に老後資金が減ってしまう事になります。

 

定年退職しても年金は貰えない

会社を定年退職しても年金は貰えないので、年金が貰える年齢に到達するまでの生活では基本的に退職金で生活する事になります。

退職金が少ない場合や退職金制度がない場合では老後の蓄えである預貯金を取り崩す事になるため、本番の年金生活に影響を及ぼします。

そのため、定年退職後も職探しを行なって少しでも預貯金を減らさない努力も必要になります。とはいえ、今まで十分に働いたのだから、のんびり暮らしたいという場合もあるので、このような場合では何か別の対策が必要になります。

 

年金を貰う前に預貯金を取り崩す

退職金制度がない会社に勤務していた場合では本番の年金生活の前に老後の蓄えである預貯金を取り崩してしまう事になります。

これでは老後の年金生活が厳しくなってしまうので、安定的な収入を得る努力が求められます。とはいえ、安定収入といっても、また働く必要があるという事でもあるので大変です。

それに自分では働きたいと考えていても確実に働ける保証はありません。老後の職探しは有能な人から職に就けるような感じなので、もしかすると、自分は選考で落とされてしまうかも知れません。

このような場合では、職探しの他に何か対策が必要になります。2段構えの戦略で老後の年金生活を迎えたいものです。

 

定年退職後から年金が受給できるまでの期間

定年後から年金が受け取れるまでの期間をどのように過ごすのか?によって本番の年金生活も変わって来ます。安定的な収入を得る事が出来れば、公的年金プラスαの生活も可能になるでしょう。

 

老後の蓄えである預貯金が減る

定年後も働く事が出来なかった場合では確実に老後の生活資金の一部である預貯金が減る事に繋がります。

下手をすれば年金が受け取れるまでの期間内に半分以下になってしまう場合もあります。どうしてこのようになるのか?というと、生活水準が影響します。

働いている時の生活水準のままの状態で定年後も過ごしているので出費も多くなり、預貯金を減らしてしまう事に繋がってしまうのです。

やっぱり定年後は、ワンランク生活水準をダウンする英断も必要になります。それが出来ない場合では厳しい現実も体験する事になると思います。

 

預貯金を減らさない取り組みが必要

定年後も働いて安定収入を得るのも必要ですが、それだけではダメな場合もあります。アルバイトといった場合では生活費を賄える分の収入に繋がらない場合もあるため、このような場合では預貯金を減らす事になります。

老後資金が枯渇しないようにする取り組みも必要になります。お金は有限なので、いつかは枯渇してしまう事になります。

枯渇してしまうと生活が大変な事になってしまうため、どうにかして防ぐ努力が必要になります。働いて収入を得る事も必要になる場合もありますが、資産運用も重要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

資産運用の勉強を行い老後資金が枯渇しない対策を

老後の生活資金が枯渇しない対策といってもどのような事ができるのでしょうか?定年後に慌てて行なっても対して効果は得られないと思いますし、最悪の場合は逆に減らしてしまう可能性も否定できません。

 

老後生活のための資産運用は必要

老後生活のための資産運用は定年退職後から始めるのではなく、働いている内に行うべき事になります。

既に安定した収入がある内に老後生活のための資金作りを始めて、それを少しでも多く増やせるように努力する事が必要になるのです。

定年後になって急に資産運用を始めても安定収入が無いですから、それは老後資金を確実に減らしてしまうので良くない選択になります。

働いている時は色々な面で忙しい事もあり、老後の事なんて考えてはいても実際に行動に起こすという事は少ないので、ちゃんと良く考えておいた方が良いです。

 

資産運用は難しいので勉強や経験も必要

働いている内に資産運用を行えば良いという事でもありません。資産運用といっても色々な方法があるため、自分にとってどの資産運用が適しているのか?を見極める必要があります。

ただ闇雲に手当たり次第、手を付けてしまうと、肝心要の預貯金が減ってしまう事に繋がります。それに手をつければ良いのではなく、経験や勉強も必要になります。

何の知識もなく、専門家に任せておけば問題ないという考え方の場合では、お金が減ってしまう事になると思います。

資産運用は専門家に任せるのではなく、自分も積極的に関わる事が求められます。自分のお金は自分で守るという意識も必要です。

 

コメント