老後破産にならない為にも日頃から節約意識と安定的な収入への道筋を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後破産にならない為にも日頃から節約意識と安定的な収入への道筋を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活では家計が破産する場合もある

老後生活では家計が傾いてしまったり、破綻してしまう場合もあるため、そのようにならないように努力する事も必要になります。

 

老後の年金生活はバラ色ではない

老後生活というとバラ色の人生が待っているというイメージになってしまいますが、意外とそうではありません。そんなにバラ色でもないのが実情です。

というのも、老後生活では基本的に年金頼みの生活になりますし、足らない分は預貯金を取り崩しての生活になるため、常にお金があるという訳ではありません。

預貯金を取り崩せばお金も減ってしまいますから、なるべく預貯金を減らさないような努力も必要になります。

これを老後の世代になってから始めるのは大変だと思います。

 

老後では家計が傾いてしまう場合もある

老後の生活で家計が傾いてしまう原因の1つに生活水準があります。働いている時の生活水準を老後も維持してしまうと、家計が傾いてしまう事に繋がります。

どうしても現在の水準よりも低い水準で生活すると、その分生活が大変になってしまうので、可能ならば現在の水準を維持したいでしょう。

これは誰しもそのように感じると思います。でも、老後生活では、これが命取りになる場合もあります。

働いている時は安定的な収入が確保されているので維持できていましたが、定年退職後は基本的に年金頼みの生活になるため、生活水準も年金生活に合わせる必要があります。

自分の中の意識改革も必要になると考えます。

 

老後破産になると生活が大変

老後生活でも山あり谷ありなので家計が破綻してしまう場合もあります。詐欺の被害に遭ってしまったり、働いている時の生活水準を維持してしまったりすると、家計が傾いてしまう可能性が高くなります。

 

家計が破産すると生活が困る

ただでさえ普通に家計が傾いてしまったり破産してしまうのは大変なのに、老後生活になってから、このような状況に追い込まれると、もうどうやって生活すれば良いのか?分からないといった状態になってしまいます。

このようならない為には判断力も重要になって来ます。老後の世代になると注意力や判断力も低下してしまうため、詐欺の被害に遭ってしまう場合も多くなります。

詐欺への対策も含めて、どうにかして判断力を維持できるように努力する事も必要になります。

判断力や注意力が維持できれば家計への配慮も行う事ができるため、クレジットカードの使い過ぎ不正請求にも対応できると思います。

働いている時の生活水準とは違うため、生活水準に合わせた生活を行う事が賢明になります。

 

老後ではストレスが命取り

老後生活ではストレスを溜めないように注意する事も大切です。ストレスは免疫力を低下させてしまうので老後の健康に影響を及ぼします。

不健康になってしまうと、医療機関への通院も多くなるので家計を圧迫します。なるべくなら病院等のお世話になるのは避けたいところです。

また、それだけでなく、ストレスが溜まるとイライラの原因にも繋がるため、余計に自分だけの世界に入りやすくなってしまいます。

周囲との不協和音も増えてしまう傾向になってしまうため、孤独になりやすくなってしまう原因にも繋がります。

老後の孤独は良くないので、孤独にならない生活も大切です。

 

スポンサーリンク

 

日頃から節約意識や安定的な収入への道筋を

老後の年金生活も含めて色々とお金は必要になります。それでも老後の収入は公的年金頼みになってしまうため、日頃からの取り組みも重要になってきます。

 

日頃から節約意識を持つ事も必要

老後の世代になってから老後の家計が傾いてしまったり破産してしまうと生活が大変な事になってしまうため、このような状態にならないように日頃から何か対策をしておく事も必要になります。

対策といっても考える事は1つなのですが、それを老後の世代になってから始めて行うのは良くないため、日頃からの習慣として行なっておくのが賢明の選択になります。

その他には日頃から節約意識を高めておく事も重要になります。ちょっとした工夫でも1年間という時間が経過すれば大きな効果になりますから、節約への取り組みも良いと思います。

とはいえ、節約というのは何かを犠牲にする事になる場合が多いのでストレスに感じる場合もあります。ストレスは健康の大敵なのでストレスに感じないような節約対策が求められます。

 

老後生活でも安定的な収入を

老後の年金生活での収入といえば、公的年金になりますが、この年金は私達が年金を受給できる年齢に到達しても現在と同じ水準で貰えるのか?分かりません。

こればっかりは年金財政が破綻しないように神頼みするしか方法がないと思います。さらに、受給年齢も現在よりも上昇している可能性も否定できませんから、年金が受給できるまではどうにかして生活しないといけません。

でも、老後の年齢になっても働けるのか?というと、そうでもありません。確かに働ける人も居ますが、働けない人も当然のように居ます。

働けない場合では、老後の蓄えである預貯金頼みの生活になってしまうため、年金生活の前に預貯金が枯渇してしまう可能性も否定できません。

そのため、公的年金以外の安定収入というのが重要になってきます。何かしらの道筋を考えておいた方が賢明の選択になります。

 

コメント