老後の年金生活への備えは年金収入だけで暮らせる対策が重要になる

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活への備えは年金収入だけで暮らせる対策が重要になる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活への取り組み

老後の年金生活に向けて何か取り組んでいますか?実際には老後を考えた年齢に到達しないと具体的な行動には起こさないのではないか?と考えます。特にまだ老後なんてずっと先の場合ならば尚更です。

 

健康対策

老後に限った事ではないのですが健康への取り組みも必要になります。老後になっても健康的に暮らす事が出来れば、医療機関に通院する回数も減るので老後医療費の負担を軽減する事に繋がります。

特に老後の世代になると、身体的にも衰えが目立つようになるので、なるべく健康的に生活したいものです。

そうなって来ると、日頃からの対策が重要になって来ます。一番良いのは規則正しい生活を行う事だと思います。

でも、働いている場合では現実的に厳しい場合の方が多いため、なるべく規則正しい生活になるように心がけて努力する姿勢が求められます。

 

老後生活費への対策

老後の生活への取り組みで重要になるのは健康対策だけではありません。老後生活費についても避けて通れない問題になります。

実際の問題として、公的年金だけで本当に生活できるのか?というのが一番気になる部分になります。この一番気になる部分に対して何かしらの答えを見つける必要があります。

1ヶ月あたり、いくらのお金があれば生活できるのか?が分からないと算出するのが難しいです。でも、現在の生活水準で考えてしまうと難しいです。

あくまでも自分が老後になった場合の生活水準で算出しないとダメだと思います。

 

年金収入だけで生活できる対策が明暗を分ける

これからの老後を考える上で避けて通れないのが年金対策になります。事実上、公的年金が唯一の収入になってしまうので、この唯一の収入だけで何とか生活する必要が求められます。

 

現実的には厳しい

現実的に公的年金だけで生活するのは厳しいと思います。現在の水準で年金が受け取れるという保証はありませんし、受給年齢が上昇している可能性も否定できません。

このような状況でも収入は公的年金だけという現実になってしまいますから、やっぱり年金だけで生活する 又は 公的年金に加えて預貯金等も取り崩しながら生活するの2択になってしまいます。

でも、預貯金を取り崩すお金があれば良いですけど、お金は有限なので、いつかは枯渇してしまいます。預貯金を取り崩しながら生活する場合では、どうやってお金が枯渇しないようにするのか?という対策も必要になります。

枯渇=老後破綻に直結しますから、長く生きれば生きるほど、現実的には対応できるのか?厳しいのではないか?と考えます。

 

厳しくても対応する必要あり

現実的に対応できるのが厳しくてもどうにかする必要があります。何もしなければ老後破綻も現実的な問題になってしまいます。

老後の年金生活になって家計が破綻してしまうと大変になりますから、老後の家計への対策が重要になってきます。

特に老後は身体への衰えもありますから、医療機関への通院も多くなります。さらには運転免許返納後になると公共交通機関を利用して病院等に行く必要もあるため、交通費も掛かります。

このような問題が発生するのが分かっているため、何かしらの対策が求められます。

 

スポンサーリンク

 

少ないお金で暮らせる対策を

老後に限らず、少ないお金で生活出来れば素晴らしいのですが、どの程度のお金であれば少ないのか?ちょっと曖昧な感じになります。

それでも特に老後の年金生活においては少ないお金で生活しないといけない場合もあるので何かしらの対策も検討しておいた方が良いです。

 

一部の食料品は自給自足

現実的に有効な手段としては自宅菜園で野菜の自給自足 又は 一部の野菜の自給自足が必要になるのではないか?と考えます。

いわゆる家庭菜園になるのですが、厳密に言えば自宅菜園といった方が正解になります。家庭菜園の場合では畑を借りて野菜などの作物を育てる事になりますが、畑を借りる事になるので、それなりの維持管理も必要になります。

借りた畑は自宅から徒歩10分以内という距離ならば良いのですが、必ずしもそのように立地の良い場所にあるとは限りません。

年齢を重ねれば重ねるほど、重たい物を持って移動するのは大変なので、可能な限り近い場所で家庭菜園を行なった方が良いです。

そうなると、自宅の庭やベランダ菜園という選択が妥当になります。

 

少ないお金で暮らすにはどうすれば良いのか?

現実的に老後の年金生活を考えた場合、収入は限られているので必要最小限の出費で生活する事が求められます。

公共料金や食料品、日用品、医療費は必須になるので、これはどうする事も出来ません、それ以外の費用をどうにかして少なくする必要があります。

そうなると、現実的には節約生活という選択になってしまいます。残念ながら節約生活の場合は何かを犠牲にする事になるため、ストレスに感じる場合の方が多いですから、緩やかな節約じゃないと老後には厳しいのではないか?と考えます。

ただでさえ、高齢者になると加齢による免疫力が低下しているので、これにストレスが加わるのは避けたいところです。

 

コメント