定年退職後から年金が貰える迄は老後の蓄えの生活資金を得る努力を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『定年退職後から年金が貰える迄の期間は少しでも多く生活費を稼いだ方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

定年退職したら何をするのか決めている?

まだ老後の世代になっていない場合でも、会社を定年退職したら他県に移住したり、新しいチャレンジ等を漠然と考えていたりする場合もあると思います。

 

趣味を満喫

定年後は時間がタップリあるので趣味を満喫したいと考えている場合もあるでしょう。何かに夢中になれる趣味がある場合は大変素晴らしい時間を過ごす事が出来ると思います。

それに対して、夢中になれる趣味がない場合は要注意かも知れません。仕事を退職すると通勤や仕事をしていた時間帯がそっくり退屈な時間になってしまうため、時間配分が分からなくなってしまう場合があります。

趣味などに没頭する事が出来れば、暇で退屈に感じる事も少なくなるのでストレスも溜まらず健康的に過ごすことが出来ます。

暇すぎて仕方ないといった感じにならないように注意も必要です。

 

新しい事に挑戦

定年退職後に趣味を満喫するのも良いですけど、せっかくなので新しい事にチャンレンジした方が良さそうに感じます。

働いていた場合は趣味を満喫するだけの時間が取れかった場合が多いですから、有意義な時間がタップリある定年退職後は丁度良いです。

とはいえ、新しい事に挑戦するには予め何が良いのか?十分に検討や試してみる事も必要になるため、働いている時にそれなりの準備も必要になります。

一番良いパターンは定年退職した翌日からスパッと始められる趣味等が良いと思います。最初の1週間はのんびり寛いでも良いですけど、その生活に慣れてしまうとそれが当たり前になってしまうので、新しい挑戦はおっくうになりやすいです。

 

定年退職後も老後生活費を少しでも多く稼いだ方が良い

定年退職後に新しい挑戦を始めたいと考えている場合もあると思います。このチャレンジにはお金が発生するのか?も気になる部分でもあります。もし、費用が発生するのであれば何処から捻出するのか?も考慮しておいた方が良いです。

 

年金生活は長い

老後の年金生活は第2の人生でもあるので長い時間を過ごす事になります。この第2の人生をどのように過ごすのか?によって老後生活が変わって来る事になります。

新しい事にチャレンジするのも良いのですが、たいていの場合、その新しい挑戦にはそれなりの費用が発生します。

その費用はどこから捻出するのでしょうか?退職金が貰えれば良いですけど、退職金が貰えない会社もあります。

それなりにお金が掛かる場合は、やっぱり定年退職後も年金生活を維持できるようにプラスαの資金を得る努力も必要になります。

とはいえ、今まで十分に働いた感がありますから、働く以外の方法で頑張るのも良いと思います。

 

老後の蓄えを枯渇しない努力も必要

公的年金だけで生活する事が出来れば良いのですが、生活水準によっては受け取った年金だけでは足らない場合もあります。

このような場合では老後の蓄えも兼ねる預貯金を取り崩して生活する事になります。この場合、いつかは預貯金が枯渇してしまう可能性も高くなります。

枯渇しないように資産運用や必要に応じてお金を得る努力も必要になります。定年退職後に資産運用を始めるのはリスクを伴うのであまり良い選択ではないです。

資産運用は働いている内に行なっておいた方が良いと思います。特に老後の世代になると判断力も低下するので詐欺の被害に遭ってしまう可能性も高くなります。

そうなると、定年退職後も働いて少しでもお金を得る努力をした方が賢明だと思います。

 

スポンサーリンク

 

定年後も働くと、お金の掛かる趣味にも対応できる

働いている時に何かしらの趣味を行なっていた場合に該当するのですが、定年退職後もその趣味を継続しようと考えている場合が多いです。それなりの費用も発生していると考えます。

 

定年退職後も趣味は継続する

定年退職後すると基本的にはもう働かなくて良いので通勤や仕事していた時間帯がそっくり暇になってしまいます。

人によっても異なりますが単純計算で8時間以上は暇な時間になってしまいます。この時間をどのように過ごすのか?によっても今後の老後生活が変わってきます。

有意義に過ごす事が出来れば良いのですが、毎日テレビ三昧といった感じだと健康的にも良くないですし、退屈な日々になってしまいます。

そのため、何かしらの趣味を行なって生活する事になりますが、必ずしもお金が掛からない趣味とは限らないので、それなりの費用も発生します。

趣味に掛かる費用程度はアルバイトをするのも良いと思います。

 

趣味はお金が掛かる

定年退職後は何かのサークル活動する場合もあります。このような場合ではグループで旅行に行く事もありますし、材料等を購入する場合もあります。

また、旅行が趣味の場合ではそれなりの費用が発生するので老後資金から捻出する事になるので、これまた頭が痛いといった感じになります。

そういった面を考慮すると、定年退職後の2〜3年は働いて趣味を満喫するのも良いのではないか?と考えます。

公的年金の受給後も趣味を継続する場合への備えや老後生活資金のプラスαにも繋がると思います。

 

定年後も働きたい

定年退職すると急に8時間以上が暇な時間になってしまうので何をやったら良いのか?分からないといった感じになります。

特に仕事が趣味という場合では、仕事をしないとストレスが発生してしまうので健康的にも良くないです。

 

コメント